BIJOUX‐TOKYO 2019
” FLY ME TO THE MOON ”




「ジュエリーと桜」をテーマにし、2012年から毎年3月に行っているBIJOUX-TOKYOは早くも今年で8回目を迎える。
2011年3月、東日本大震災に見舞われ、日本中がこの災害に大きな悲しみと混乱を受けた。そして東京の節電、、自粛された夜桜のライトアップ。。こんな時自分に何ができるのだろうか。私たちBIJOUXは何をすべきなのだろうか。と、暗くなった街にぼんやりと立つ桜の木を見て考え思った。

そんな時、ヨーロッパのクリエイターたちから届いた私たちへの愛のある応援メッセージと、美しく温かいクリエイションに奮い立ち、毛布や水、生きるために必要なものではなくとも、その先にある豊かさと明日への活力を創り届けられることを理解した。続けるのだ、私たちのやり方で。使命を感じた時でもあった。

変わらない東京、そして毎年の美しい桜の風景を、クリエイション豊かなジュエリーの魅力でライトアップしてゆこう。BIJOUX-TOKYOは震災の翌年、2012年の3月から始まった。



今年のテーマは
“FLY ME TO THE MOON”。私を月へ連れて行って。




1964年にフランク・シナトラがカバーし大ヒットしたスタンダードジャズのナンバーでもあり、そしてこのBIJOUX-TOKYOで初めてローンチするクリエイター、NOOR FARESのコレクション名でもある。
各クリエーターからは、このテーマを表現した素敵なコレクションが届いている。





NOOR FARES





Pierce 各¥260,000(+TAX)(店舗限定)



まるでギリシア神話の翼のような美しい彫刻を施したこちらのコレクションは、ローズクォーツ、アガット、ターコイズと様々なマテリアルとカラーで翼を一つ一つ手彫りしたもの。まさに彼女の代表作であり、ファーストコレクションでもある。
そしてシナトラが歌う“FLY ME TO THE MOON”が大ヒットした1964年のアメリカは、アポロ宇宙計画の真只中で、初めて月面着陸したアポロ11号の機内にもこのジャズレコードは積み込まれ、初めて月に行った曲とも言われる。
月への旅が、人が翼を手に空を飛ぶような果てしない夢ではなくなった瞬間でもあった。テクノロジーや飽くなき探求、人は可能性を越えてゆく。困難を振り払って。




SWEET PEA





左から
Long Fringe Pierce ¥82,000(+TAX)
Pierce ¥62,000(+TAX)
Big Hoop Pierce ¥105,000(+TAX)
Fringe Necklace ¥123,000
Necklace ¥98,000(+TAX)
(オンラインは3/22(金)より展開予定)



ロンドンのクリエイター、Sweet Peaより届いたコレクション。
夜空に白く浮き上がる桜をホワイトサファイアでイメージし、そして繊細な三日月のゴールドプレートをセットしたスイートなジュエリー。春風に吹き飛ばされる桜の花びらの様子や、どこか60年代の時代設定を感じさせるヴィンテージ感漂う軽やかなデザインに仕上げてくれた。




ほか、RedlineやLOQUET LONDON、ANNINA VOGUELからも“FLY ME TO THE MOON”をテーマにしたコレクションが並ぶ。


REDLINE





Bracelet 各¥120,000(+TAX)
(オンラインは3/22(金)より展開予定)





LOQUET LONDON





Pierce ¥81,000(+TAX)~(店舗限定)
Bangle¥336,000(+TAX)~(店舗限定)





ANNINA VOGUEL





左から
Necklace¥149,000(+TAX)
Necklace¥103,000(+TAX)
Necklace¥125,000(+TAX)
上から
Pierce¥57,000(+TAX)
Pierce¥79,000(+TAX)
(Halo H.P.FRANCE BIJOUX日比谷 のみで展開)





クリエイターたちと一緒にお届けするBIJOUX-TOKYO 2019は、3月15日(金)より、恒例となった丸の内ウインドウギャラリーの見事な桜のインスタレーションと共にご紹介する。

そして、、
私たちH.P.FRANCE BIJOUXにとって2012年からのこの“BIJOUX-TOKYO”が、全国のお客様と共に過ごすお花見となっている。


H.P.FRANCE BIJOUXディレクター
國吉祐子