H.P.FRANCE BIJOUX



MUST-HAVES
2019-2020


H.P.FRANCE BIJOUXが誕生した2002年頃を思い返すと、ファッションとファインジュエリーの境界線はどんどんボーダレスになり、楽しみながら本物の素材を身につける選択肢は格段に増えたと感じます。
2019年のMUST-HAVESを編集するにあたり、H.P.FRANCE BIJOUXの取り扱い順でブランドをご紹介しています。
冒頭のSweet Peaの紹介にあるように、多様な選択肢をクリエイターたちから与えてもらったことが、私たちBIJOUXのスタイルになっていると考えています。ピアスは両耳で同じものをつけるべき、フォーマルは真珠であるべき、華やかなアクセサリーは、パーティー仕様であるべき・・。それまでのジュエリーの常識や前提をクリエイションによって美しく軽やかに越え、選択の自由や楽しさを教えてくれました。
2019年の”MUST-HAVES”のこれらの作品が選ばれた方にとっての永遠の定番になりますように。



Hoop Pierce
―SWEET PEA


Sweet Peaのジュエリー象徴するアイテムであるフープピアス。アシンメトリーに自由にピアスを選び、身につける、そんな選択の自由と楽しさをファインジュエリーで提案した第一人者でもある。決まりきった形や、スタイルにとらわれず、選ぶことでパーソナルに、そして自分らしさに出会うこと。エレガントで洗練された世界に同居する、パンキッシュで開放的なデザイナー、シボーン・オニールの思想が象徴されているよう。

Pierce 138,000円



Touch Ring
―LIA DI GREGORIO



規範とされている考え方を逆転させることによって、好奇心や興味を刺激する。そんなコンセプトから生み出された「TOUCH RING」は身に着ける人の所作や角度によって様々な表情が生まれる。

パールが指に触れて、片時も離れない、その官能性と親密性がデザインの特徴となっている。

このTOUCHのコレクションから派生したデザインひとつひとつにフォルムに沿ったコンセプトがあり、時空の広がりとスキンシップ、愛などのテーマが謳われている。

Ring 左から
340,000円
268,000円
420,000円



1991
―JACQUELINE RABUN



ジャックリーヌ・ラヴァンが自身のクリエイションをローンチした1991年から創り続けているスターリングシルバーのブレスレット。装飾的な要素をあえて省かれたミニマリズムが特徴。
チェーン一つひとつ、彼女の手で形づくられ、打ち付けたられたその質感や重量感は、深いデザインへの考察と生まれながらに持ち合わせたスピリチュアル的な感性が合わせられた美しさと力強さを感じる作品。

Bracelet 260,000円



Lucky Necklace
―CAROLINA BUCCI



キャロリーナ・ブッチの代表作である「ラッキー・ブレスレット」から派生したネックレス。
幼少期に夏の海辺で友人とフレンドシップの意味をこめて交換し合ったミサンガからインスピレーションを受けている。シンプルに胸元で結んでネックレスに、そして腕に幾重にも巻きつけて少しゴージャスなブレスレットとしても楽しめる。願い事をかなえるように、それぞれのカラーにラッキーチャームがセットされている。

Necklace 各333,000円



Double
―REDLINE



“あなたの人生をより一層輝かせる” “生きるよろこび”
という2つの願いを叶えるチェーンと糸のコンビネーションのDOUBLEはREDLINEの定番として多くの女性の腕元を彩っている。

Bracelet 上から
92,000円
164,000円



Signature Necklace
―ANNINA VOGEL



19世紀のヴィクトリアチェーンとチャームを使い、ネックレスにひとつのストーリーやテーマを表現するシグネチャーネックレス。このネックレスは愛にまつわるメッセージをコンセプトに、アニーナ自身が大切にコレクトしてきた様々なハートチャームをセットしている。アメジストは真実の愛、回転させるとLOL(=Lots of Love,Lots of Lucky)というメッセージが浮き上がるフリッカーチャーム・・。
100年以上の時を越えて、新しいコンセプトを纏い生み出される世界にひとつしかないネックレス。

Necklace 435,000円
Ring 左149,000円 右282,000円



Astrology
―BROOKE GREGSON



インドの古いコインからインスピレーションを受け、月面のようなテクスチャーを14カラットゴールドのプレートに施し、12星座をダイヤモンドセッティングしている。地質学や天文学への興味が深いブルック・グレッグソンが天空へ思いを馳せ、自分だけの宇宙をジュエリーで表現しているよう。プレートの裏側に星座の名前をエングレービングし、お守りのように持ち主その人に寄り添う。

Necklace 左260,000円 右370,000円



Emoticore
―ALISON LOU



アリソン・ルーのファーストコレクションでもあり、代表作でもあるこのデザインは、スマートフォンで日常的に使われている顔文字をアイコンにしている。喜怒哀楽に寄り添い、自分の名前やサインのように日々使う顔文字をジュエリーで身につけることにより、自分の分身のようなお守りになる。そんな現代的なポップな感性と新しい感覚のお守りが今を生きている女性たちに支持されている。

Necklace 左250,000円 右160,000円



Loquet Necklace
ーLOQUET LONDON



ヴィクトリア時代から伝わる、大切な人との思い出を閉じ込め、その記憶を確かめるように身につけられていたロケットネックレスを、現代の感性で捉え生み出された。
クリアなクォーツのフェイスと14カラットゴールドのフレーム。それぞれの持ち主が自分のストーリーで選ぶチャームやバースストーンによって、無数のロケットストーリーが紡がれる。大切なものは人とシェアして楽しむ。そんなハッピーな女性像や多様性が今の時代に折り重なっている。


Set Necklace
左169,500円~ 右343,500円~



Dots
―SIA TAILOR



デザイナーであるシア・テイラーは、自然の風景の中に構成される要素-葉や花びら、雨粒、種子からインスピレーションを受け、それらを18カラットゴールドのパーツとしてシンボリックに表現している。
普段は忘れられてしまうような小さな世界に温かな思いを馳せ、小さなパーツひとつひとつを手仕事で制作している。DOTSは雨粒をイメージした彼女のファーストコレクション。空から落ちてくる雨のリズムが胸元で音楽を奏でているよう。

Necklace 左150,000 右188,000円



Tu Es Partout
―LITO


ジュエリーのラッキーアイコンでもあり、古くから魔除けやお守りのモチーフとされてきた「目」。ロシアの職人の手でひとつひとつ描かれ、エナメル一層ずつ時間をかけて仕上げられた芸術的なテクニックで創られる。
―あなたの目を見開いて、世界を見て。そして、美しいものを発見し、豊かな人生を生きる。-
というメッセージが込められている。

Necklace 192,000円



Belcher Necklace
―FOUNDRAE


“KARMA” “DREAM” “STRENGTH” “PASSION”・・など魂や、人が心の根源の中に持つ言葉をシンボル化し、お守りや自分の分身のように力をもらえるようなジュエリーとして提案されている。
18カラットゴールドのメダルにモチーフを刻みY字のペンダントとして、身につけたときにメダルが心臓に近い場所にくるように美しいシルエットでデザインされている。本物かつ普遍的、そしてその人の自伝書であるようなパーソナルなジュエリー。

Necklace 左42,000円
Set Necklace 右1,048,000円



Classic Signet Ring
―JESSICA BIALES



大学の卒業記念リングとされるカレッジリングや、その昔、貴族男性が署名代わりに使っていた紋章入りのシグネットリングなどからインスピレーションを受け、男性が身につけているスタンダードな指輪をエナメルのボーダー柄で表現することで独特の軽やかさとモード感を表現。男性にも女性にも愛用できる新たなスタンダードとして提案している。レインボーカラーは、「幸運」や「多様性」を意味し、NYで生まれ育ったデザイナー、ジェシカの現代的な思考や感性を同時に身につけることができる。

Ring 360,000円



Fly Me To The Moon
―NOOR FARES



時間や、空間から開放され、自分の想像の世界へと飛び立とう。羽を広げて自由に羽ばたく・・。
そんなメッセージが込められた作品は、有名なジャズのナンバーから名づけられた、古代ギリシアの彫刻を思わせるエキゾチックなデザインが特徴。ピアス一型だけのコレクションは、18カラットゴールドの豊かなバリエーションと、クォーツやアゲート、ホーンなどの多様な素材を彫刻された羽のモチーフで様々な翼のピアスに仕上げられている。
女性たちが自由に生き、多様な選択を楽しむことがコンセプトになっている。

Pierces 上260,000円 下260,000円



Cristal Disc
―POLLY WALES


18カラットの溶かしたゴールドに直接ジェムストーンを入れ、ひとつひとつ形成するCast-Not Settingというポリーが独自に考案した製法でつくられている。全ては自然の成り行きと高い技術によって創りだされるワン・オブ・ア・カインドの作品。「我々が作るのは、”追憶するジュエリー”。昔旅をしたことを、生活していた日々を感じさせるもの。」と語り、自分の生きた分身でもありえるジュエリーを、彼女のLAのスタジオで創り出している。

Necklace 左800,000円 右290,000円



Omg!
―RAPHAELE CANOT


歌う・喋る・笑う。女性らしさと色っぽさのシンボルでもある唇をモチーフにしたラファエル・キャノのファーストコレクションでもあり、代表作。フランス出身のデザイナーならではのエスプリと、ロンドン在住のフェミニンなパンキッシュさなどがムード。カルティエやデ・ビアスなどの有名メゾンでのキャリアからダイヤモンドの品質とセッティング技術が高いことも特徴。

Ring 240,000円