BAUMM
人や物を想う気持ちから生まれるリサイクル・パラグライダー・プロダクト


2019年8月、アルゼンチン発バッグブランド BAUMM(バウム)のデザイナー、ルーカス・デシモネが初来日した。

BAUMMは2005年、街頭広告や高速道路の看板に使用されるPVC素材を再利用してバッグを作ったことからスタートしました。当時からリサイクル素材を材料にした、オリジナルのモノづくりに惹かれましたが、PVCの品質には限界を感じていました。そんなある日、偶然パイロットの友人から、パラグライダーの生地は走行時間が300時間を過ぎると廃棄処分されるという話を聞きました。その友人から貰った生地で早速サンプルをつくり始めたのですが、素材の質が非常に高く、パラグライダーのパイロット達に連絡して使用済みの生地を調達しました。それが彼らの収入になり、僕たちは新しいモノを作るというサイクルが出来上がるのです。今世の中には、高級なものが沢山ある反面、経済に優しい再利用に適したものも溢れていて、その可能性に魅力を感じました。モノづくりには、独創的でクリエイティブな発想が必要で、クリエイションをすること自体がある種のゲームのように面白く、とても豊かな活動だと感じています。


僕はこのような社会的意図を持ってモノづくりに励む数ブランドのクリエイター達と共に、学校の跡地を改装したアトリエで活動しています。ここはリサイクルを目的とした廃材など、物を自由に共有できるだけでなく、アイデアやビジネスの交流場。僕に届いたビジネスオファーを状況によっては他のメンバーに紹介する場合もあります。コロンビアから出稼ぎに来た従業員の一人に仕事を与えたら、とても一生懸命働いてくれています。経済危機が悪化し続けるアルゼンチンは、失業率もずっと高いままですが、そのような状況でもお互いがFamilia(家族)やAmigos(友達)を大切にするという意識の中で協力し合っています。







今回初来日して思うのは、もしかしたら日本の人々は、非常に深いところでアルゼンチンと似ている点があるのではないかということ。表面では恥ずかしがり屋ですが、ある一線を越えると非常に深い友情を築くことができることが分かり、この上ない高揚感に包まれています。日本に来て新しいビジネスをスタートすること自体とても大きな挑戦ですが、何よりもBAUMMの商品とその背景まで非常によく理解してくれるアッシュ・ペー・フランスの特別なお客様との出会いに感謝したい。これからどんな風に力を合わせて日本で展開していけるのか、楽しみでなりません。
BAUMM イベント情報
WORLD GOOD MARKET
■日時:10月16日(水)15:00~21日(月)18:00
■場所:阪急うめだ本店・祝祭広場 9F
イベント詳細はこちら

松坂屋名古屋店 期間限定ショップ
■日時:10月23日(水)~29日(火)10:00〜19:30 ※最終日は18時閉場
■場所:北館5階 イベントスペース
イベント詳細はこちら