「人の記憶から忘れられてしまった何かを見つけた時、私たちはまるで新しいものを発見したようにわくわくした気持ちになるのです。」そう語るのは、アスティエ・ド・ヴィラットのクリエイターであるブノワ・アスティエ・ド・ヴィラットとイヴァン・ペリコリ。パリで唯一の陶器メーカーとして1996年に創業しました。陶器には、パリ郊外で採掘された土を使います。パリ市内の工房で何度も練り、職人たちの手によりひとつひとつ形作られた後、窯で焼き上げていきます。近代的な生産工程とは真逆をいく、それはまるで19世紀の工房のような時間のかけ方が、全ての器に土を捏ねた手のぬくもりを残しているのです。そして、香りの世界旅行をテーマとしたキャンドルとインセンス、香水などの香料製品からは、陶器の作品群とはまた異なる彼らの世界を垣間見ることができます。彼ら自身が楽しみながら創作することを心掛け、今日もパリのアトリエから世界中へと作品を届けています。H.P.DECOでは20数年来このアスティエ・ド・ヴィラットの品々をお取扱いしています。「家族や大切な人と囲む食卓やお茶を手に語る時間を豊かに過ごす」というメッセージを込めて。
 
 
 

CERAMICS





photo:Sophie delaporte

純白の釉薬を纏った器は、アスティエ ・ド・ヴィラットの代名詞とも呼べるでしょう。パリ唯一の陶器工房で18世紀パリの手工芸を継承すると同時に、エスタンパージュと呼ばれる技法を現代のテイストで蘇らせ、伝統とモダニズムを融合させています。古い器や忘れ去られたオブジェからインスピレーションを受けて、職人が残す「跡」を大切にした器は、土色が柔らかく透け、丁寧な手仕事でしか生み出すことができない、凛とした存在感を放っています。
 
 
 

SCENTED CANDLES




photo:Stephen Kent Johnson

香りは記憶と結びつきやすいものです。イヴァンとブノワは、彼らの思い出の町や焦がれ続けている未踏の地の名を冠したパフュームキャンドルを2008年より展開しています。キャンドルは植物性ワックスを使用し、トスカーナ地方のガラス職人による気泡入りの手吹きガラス容器へと収められています。火を灯した時に幻想的な光がガラスに反射します。ASTIER de VILLATTEのパフュームキャンドルは記憶と想像力を刺激しながら暮らしを鮮やかに彩り、香りの旅路へと誘い出してくれるでしょう。

 
 
 

INCENSE




photo:Stephen Kent Johnson

世界の都市や場所の名を冠したASTIER de VILLATTEのインセンスは、「香りの世界旅行」をテーマに作られたオリジナリティ溢れる贅沢なコレクション。美しく洗練された佇まいのボックスには125本のインセンスが納められています。インセンスは、1000年の歴史を持つ日本の淡路島で生地を長時間に渡り圧縮・加工し、その中に香りを浸透させるために2週間寝かせるといった大変手間のかかった方法によって作られています。世界旅行へと誘うASTIER de VILLATTEの美しい香りのコレクションをどうぞお楽しみください。
 
 
 

EAU DE COLOGNE




photo:Sophie delaporte

絶対的な喜び、長寿の秘薬、魔法使いのパフューム。このオー・デ・コロンは、二人の著名調香師フランソワーズ・キャロンとクリストフ・レイノーによって作られました。彼らが厳密に尊重したのは、中世にドイツのケルンを起源に生み出された<アクア・アドミラビリス>で精製しました。アルコール濃度が低い配合は、活気を蘇らせるような爽快な風を感じます。シトラスのノートを基調に、しつこい残り香はなく、ただアロマティックなしるしを残します。朝から夜まで身につけても飽きさせることはない唯一無二のオー・デ・コロンです。
 
 
 

LAMPS





アスティエ・ド・ヴィラットの陶器をシェードにしたペンダントライトです。柔らかい光が穏やかな時間を演出してくれます。光のオブジェとしてお楽しみ下さい。