Loading...

Going OUT OUT !
シボーン・オニールのパーティータイム


コロナ禍で世界が変化する中、Sweet Pea(スイート ピー)のデザイナー、シボーン・オニールが住むイギリスでは長期のロックダウンが終了し、まさに新たな“ポストコロナワールド”に突入しています。「多少の不安はあるけれど、もう待ちきれない!おしゃれして街に繰り出したい!」と胸を弾ませるシボーン。そんな彼女が、自身の制作活動について今思うことや、最近の出来事を語ってくれました。
ようこそ、シボーン・オニールのポジティブワールドへ!



ロックダウン中の気づき


大切なのは皆との繋がりだった


ロックダウン中、家でテレビを見ていた。何か和めるものを探してお気に入りのコメディアン、Micky Flanagan(ミッキー・フラナガン)にチャンネルを合わせる。彼のお決まりのフレーズは“going out out(パーティータイムだ、さあ気合い入れて出かけよう!)”。お出掛けなんて、当然できないのに!
自由に外出できないことが、実際のところ私にとってどんな意味があるんだろう?と考え始めた時、家に籠もっている自分自身に違和感を覚えた。そして、気付いたの。私は我が家を「家」っていうよりはむしろ、更衣室やホテルみたいに使っているんだって。「出掛ける」ことは、たかが一つの行為に過ぎない。されど、その行為こそが私を刺激し、従事させ、元気にさせ続けてくれる。
   


私にとってロックダウンで一番辛かった部分は、友人達や家族に会えなかったこと。デザイナーとしての私は、周りに流されず心の赴くまま、自分のリズムに合わせて働いてきた。でも、そうするためには「真逆」が必要だと気付いたの。つまり、一緒にいてくれる仲間達、エキサイティングなこと、そして私を取り囲む世界の中で、互いに行き来し合うこと。私は根っからの社交家だから、イベントやショーに出かけたり、友人とお茶したり、ギャラリーを訪問したりできなかったことが本当に悲しかった。
一つ明言できるとすれば、私がクリエイティブである為には、これらの刺激が必要だったということ。インスピレーションはいつも私の周りから引き出される。公園を散策し、野草を眺め、季節の変化を愛でる。目の前にある自然が大いに助けになり、インスピレーションになるの。
   
   

心躍る4つの出来事


シボーンのパーティータイム


今、すべてがオープンになったイギリスで、私は新しい自由を存分に謳歌し、コロナ禍でなくした沢山のことを今まで以上に愛しみ、より一層楽しんでいる。パーティーに出かけるのはもちろんのこと、お誘いがかかれば全てに喜んでYES!と答えて来た。
そんな私が、最近したことは?


______ The Victoria and Albert Museum

ヴィクトリア・アンド・アルバート博物館

ロンドンで一番好きなミュージアム、V&Aに行ける日がとうとうやって来た。なんとワクワクしたことか。
会員証はあるものの有効期限切れで、その重厚で華麗なドアの向こう側を、危うく一瞥すら出来なかったところ!なんとか通過して、お気に入りの「ガラスの部屋」を目指した。
私のガラス愛はゆるぎなく永遠。学生時代、吹きガラスに挑戦した時は、か弱すぎて充分吹き付けられなかった思い出も。その後Pâte de verre(パート・ド・ヴェール ※ガラス工芸の一種)を知り、のめり込んで、卒業展のためにガラス製のジュエリーを作るまでに。
吹きガラスのアートはとてつもないハードワーク。ヴィクトリア・アンド・アルバート博物館に置かれているいくつかのお手本は、息をのむほどに美しく尊い!その色、模様、肌合い、そして透明さと構造が加わって、もうすべてが魔法。 https://www.vam.ac.uk/


______ The Cocktail Hour

カクテルアワー

私の日常にカクテルタイムが戻って来た、ばんざ~い!夜のお楽しみはこれから始めるっきゃない。心地良い宵のそよ風、私の手にはカクテルメニュー。仕事ずくめの長い一日を終え、「さあディナーへ」っていう時の解放感。バーに腰かけ、ちょっと甘いカクテルをオーダーする至福の時。今まで大好きで当たり前に繰り返していたことが、これ程大切だったなんて、コロナ前は思ってもいなかった。



最高のカクテルは、シュワっとはじけてデリケートな色。でも何が可笑しいかって、この甘美なカクテルの中に一体何が入っているのかなんて、実は知る由もないってこと! 


______ The Nightclub

ナイトクラブ

招待状?うん、持ってる。ゲストリスト?チェックした。念入りにチェック、またチェック。大好きなナイトクラブに向かう準備万端、さあ待ちに待ったパーティータイム!ロンドンのウェストエンドにある、かの有名なナイトクラブ、Wag Club(ワグクラブ)で催された古い友人Christos Tolera(クリストス・トレラ @christostolera_studio)の60歳の誕生日。この伝説のクラブには、もうかれこれ40年もの間通い続けている私!昔そうだったように、今でもとびきり楽しいクラブであることに変わりなく、みんなドレスアップして夜を徹して踊り明かしちゃう。40、50年代調のスーツ姿の男性達のかたわら、シフォンやサテンやスパンコールで着飾る女性達。ドレスアップして出かける人達がまだいてくれるなんて、もう嬉しすぎる!



私はと言えば夜通し踊り続け、昔のパーティーアニマル達を見つけては大興奮!だってそのうちの何人かは、もう随分長いこと見かけていなかったんですもの。一同に会し共にした、最高の時間!
 
______ The Art Private View

アートプライベート ビュー

親愛なる友人の一人、昔のお隣さんのプライベート ビューへ。プライベート ビューって何だっけ?と忘れてしまいそうなくらい久しぶり!!!彼の名前はRichard Sharples(リチャード・シャープㇽス)。彼とお隣同士だった頃はいつも、お互いのクリエイティブな試みやプロジェクトを助け合ったものだ。
あの頃の私はカレッジを卒業したてで、彼はアートのキャリアをスタートさせたところ。お互い依頼されていた仕事は多種多彩。レジンが固まる間に、彼が私の彫刻を固定する装置を作って助けてくれたこともあったし、BBCの教育番組の為に彼が私の足の上に絵を描いた時には、私は一週間もの間じっと立ちっぱなしで彼を助けた。またある時は、シアターの聖地、ロンドンのウェストエンドのミュージカルJoseph and the Amazing Technicolour Dreamcoat(ヨセフ・アンド・ザ・アメージング・テクニカラー・ドリームコート)の為に衣装のパターン製作を依頼され、その衣装を飾り付けるのが私の役目だった。
なんとバラエティーに富んだ、色とりどりのプロジェクトにチャレンジしていたことか。まさに二人の頭脳は一人の頭脳に勝るべし。
    
彼の最新作は電気メッキを使用したもので、その卓越した技術に心奪われた。化学現象は私の頭でも理解できるけれど、その結果、出来あがりはどれも理解を越えた素晴らしさだった。化学とアートのコンビネーションは、私に古代のアルケミストを連想させた。インターネットのおかげで、物が立体的だったりリアルだったりすることすら忘れかけてしまっている昨今、数々の実物の彫刻を実際この目で見る醍醐味を味わった。二人で様々なクリエーションについて語り合い、思い出話に花を咲かせた素敵な一夜。  https://www.richardsharples.co.uk/
    

My Creative Activities


創作活動


私がすること全てが、私のデザインの為のアイデア収集とインスピレーションの一部になる。クリエイティブとしては、あるものから一つだけを引き離すことは出来ない。公園の散策や友人とのティータイムが、アイデアやコンセプトの引きがねになったりする。配色、形、地面の石ころ、全てが合わさって私にインスピレーションを差し出してくれる。制限も境界線も何もない、どれもが同じように重要で、すべてが私の思考の中にカスケードのように連なって流れ落ち、素敵なジュエリーへクリエイトされる。
   


私がスタジオに戻った時、例えばそれが、ワークベンチでメタルに取り組んでいる時であろうと、ワイヤーを曲げたり、カースティングの為にゴールドを形成している時、もしくはビーズや石のアーカイブを眺めている時であろうと、私の中にインプットされた記憶や行動がアイデアを閃かせ、エキサイティングな新しいカラーコンビネーションが生み出されるの。
   
   
   

The Future


未来


“Less is more!(= 少ないほうが豊かである!)”。つまり、余計なものは無い方が良いということ。派手に見せたくない、目立ちたくない、それが今の私の気分。トレンドはセンチメンタルでスペシャルなものへと流れて行くでしょう。だからジュエリートレンドにおいて、ギフトアイテムは重要な役割を担うことになるでしょうね。コロナ禍から脱出しながら今私が感じているのは、そんな重要な役割を果たしてくれるのがジュエリーだということ。人々は今、着飾りたい願望がある一方、ケバケバ派手に見せるのは嫌。ジュエリーが一個人にもたらすお守りのような不思議なパワーが、これほど重要視された時代って今まであったかしら?経済、政治情勢が混乱している今、ベストな投資はゴールドジュエリー。ゴールドが持つヒーリングパワー、癒しの心理的価値のみならず、それ自体の物質的価値を保持し続けるでしょうから。

ロンドンのプリムローズ・ヒルにあるSweet Pea本店にて。

   
   

Message To My Fans


ファンの皆様へ


コロナ禍の大変な時にも、変わらぬサポートを続けて下さった皆様に感謝しています。皆様からのフィードバックはいつも嬉しく拝聴し、いただいたメッセージにはほろりとしたり、ほっこりしたり。Sweet Peaジュエリーは、永遠の宝もの。皆様に幸福をもたらしてくれることが、私にはこの上ない喜びです。



ブランドプロフィール

Sweet Pea | スイート ピー


クリエイティブディレクターを手掛けるのはシボーン・オニール。ジュエリーデザイナーとしてラグジュアリーブランドとのコラボレーションも手掛けた経験を持つ。2002年ロンドン、プリムローズヒルにブティックをオープン。ゴールドの美しさが際立つチェーンに、繊細かつ彫刻的にカットされた貴石や半貴石をリズミカルに組み合わせることで、デイリーユースなファッション性の高いジュエリーを生み出している。カラーテーマごとに描かれる夢のようなストーリーはドラマチック。

取扱店舗
H.P.FRANCE BIJOUX 丸の内店新宿店表参道店大阪店梅田店
goldie H.P.FRANCE 有楽町店
オンラインショップ


▶︎Sweet Peaの2022年秋冬コレクションはこちら