Loading...
drama H.P.FRANCE

TOWAJE


日常にパールを


6月の誕生石パール。
気持ちを静め、ポジティブにしてくれるパワーが宿っているとされる、パールの魅力を存分に引き出すジュエリーをご紹介。


【TOWAJE(トワジェ)】

“TOWAJE”は「永遠(TOWA)」と「JEWELRY(JE)」から生まれました。

“TOWAJE” originates from character of the
“TOWA”=「eternity」and “JE”=「Jewelry」
2015年よりブランド設立。当初は天然石のオーダージュエリーやアクセサリーを製作。
同時期に伊勢の真珠養殖場の方との出会いから無調色バロックのアコヤパールの存在を知り、当時はまだほとんど流通されていない「無調色アコヤパール」の美しさに魅了されたところから、TOWAJEのパールジュエリーは始まりました。

手掛けるジュエリーの多くには、入手が困難な無調色のバロックパールやケシパールを無穴のルースから一つ一つ選び抜いて使われています。
一般的なパールは調色加工により色味が均一化されているのですが、無調色の真珠は真珠本来の色と輝きを放つことが特徴です。
 また、形状も非常に個性的。
対称軸をもたない、いびつな形の真珠を総称してのバロックパールと、ケシパールは天然無核真珠。どちらも完全な球体のものとは異なる趣きがそれぞれ人気を集めています。
貝の体内に偶然入り込んだ砂などの異物を真珠質が包み込んでできた、人の手が全く加えられていないケシパール。核を入れて養殖するものとは違い、副産物的にしかできないためパール全体の0.5~2%と言われ、希少性が高く、高価なものとされています。
そのため、似たサイズや形状のケシパールを集め、配置し、ひとつのジュエリーに仕上げること自体も、天然石を用いたものとは異なる繊細な感覚が必要です。
これらのパールは、真珠層が厚く退色することもほとんどないため、カジュアルジュエリーとして取り入れやすく、シーンを選ばず身につけることができます。

一般的に水やアルコールに弱いとされているパールですが、調色されていないバロックパールやケシパールは、水やアルコールにも強く、特別な日だけではなくデイリーにもパールを楽しむことが出来るのも魅力の1つです。

とても希少な「本真珠が持つ本来の良さ」を生かした、シンプルなデザインを心掛けているTOWAJEのジュエリーで、パールの優しい輝きを日常に。

Pierce/Earring






代表取扱店舗

drama H.P.FRANCE

新宿店
伊勢丹新宿店
横浜店