Loading...


花を飾ろう!



玄関、リビング、ダイニング、ベッドルーム…毎日過ごす場所に一輪の花と、個性豊かなフラワーベースを。

手吹きガラスのとろみのある質感やゆらめき、気泡など一つ一つ異なる表情を持つモノや、

様々な色を纏ったモノ、そのまま置くだけでもアートのような佇まいのモノ。

ひとつ置くだけでもよし、複数並べてみるのもよし。

H.P.DECOがセレクトするフラワーベースに、季節のお花を生けてお楽しみください。





 
 

 
 

Tsé &Tsé associéesの四月の花器




H.P.DECOがセレクトするフラワーベースで、まず欠かせないのがフランスのブランド、Tsé &Tsé associées(ツェツェ・アソシエ)のデビュー作にして代表作、「四月の花器」。21本の試験管が20個の留め金でつながれており、全体を自由に動かすことができる非常にユニークで独創的な花器です。お花の生け方にルールは無く、自由に生けることで想像力・発想力が刺激されます。花の種類やバランスによっても全くイメージが変わるので、様々な生け方をお楽しみいただけます。
当時のフランスには花を“少しだけ挿す・飾る”という文化がなく、普段からよく使っていた生花の剣山のどこに花を挿すか自分で決められる利点にインスパイアされたそう。長く伸ばしたり、くしゃくしゃに寄せたり、一番端の試験管を抜き取り、もう一方の端の試験管に留め金をつなげて輪にして使っても良い。もう一つ繋げて思い切り長くして使う、なんていう使い方もできる。デザイナーが意図した通り、誰が、どう生けても素敵なアレンジができあがる。そんな気楽さと自由さが魅力的な唯一無二の花器です。
 

 
 

ASTIER de VILLATTEの白い陶器のフラワーベース



 
フランスのライフスタイルブランド、アスティエ・ド・ヴィラットの代名詞、純白の釉薬を纏った陶器のフラワーベース。古い器や忘れ去られたオブジェからインスピレーションを受けて、職人が残す「跡」を大切にしたフラワーベースは、土色が柔らかく透け、丁寧な手仕事でしか生み出すことができない、凛とした存在感を放っています。
 

 
 

La Soufflerieのハンドブロウンガラスのフラワーベース



 
パリに工房を構える手吹きグラス・ブランドのLa Soufflerie(ラ・スフルリー)のフラワーベース。工房では、熟練の職人によって集中的にひとつひとつ丁寧に作品が生み出されています。感性の赴くままに吹き上げられたガラスは、それぞれ異なった熱の歪みや、気泡の風合い、ぽってりとしたシルエットなど、一つとして同じ形のものはできません。植物本来の自然な美しさを引き立て、季節に合った花を活けてお楽しみいただけます。
シンプルかつ機能的なラ・スフルリーのフラワーベースは、植物本来の自然な美しさを引き立て、季節に合った花を活けてお楽しみいただけます。
 

 
 

カラーガラスのフラワーベース



 
お部屋に鮮やかな彩りを添えてくれる、カラーガラスのフラワーベース。花とフラワーベースの色を合わせて同系色のグラデーションを作ってコーディネートしたり、フラワーベースと反対色の花を生けて存在感を際立たせたりと、空間のアクセントに一役買ってくれます。
窓辺に置けば、光が透けて、色づいた影を落としドラマティックな演出をしてくれます。
 

 
 

グラスをフラワーベースにしてみる



 
花を生けるのは、何もフラワーベースにこだわる必要はありません。グラスやマグカップ、ジャムの空き瓶、トマトソースの缶など、家にあるものでも良いのです。フラワーベースではない、異なるアイテムを入れることで、リズム感が生まれます。