Loading...


H.P.FRANCEのショップマネージャーが選ぶ
アウターはこれ!

冬の訪れがあっという間にやってきた2021年の秋冬シーズン。
H.P.FRANCEの多種多様な各SHOPには、おすすめのアウターも豊富にそろっています。
この特集では、SHOPの顔でもあるショップマネージャーがおすすめするアウターをご紹介いたします。




今年のライチのアウターはこれ!
今回ご紹介するアウターのおすすめポイント!
今の時期はもちろんのこと、春アウターとしても活躍すること間違いなしの生地となっているので長いシーズンご利用頂けます。
見た目もインパクトのあるバイカラーコートですが、実は撥水機能を施してあるため雨の日でも安心して着てもらえます。フード部分には大ぶりな襟がついており、ボタンでまるっと取り外し可能のため、スッキリとしたスタンドカラーのコートとしても着用できます。
裏地は起毛感のある素材を使っており、見た目以上に防寒に優れ、肩まわりも余裕のあるオーバーシルエットのためニットなど厚手のものも中に着込めますよ。

コーディネートポイントは大人カジュアル!
アウターはインパクトのある色合いですが、中に合わせたニットは落ち着いたグレーのグラデーションにさり気なくエッジの効いたデザイン、スカートはセンターにスリットが入ったようなデザインですが、意外にも脚が露わにならないよう計算されていることで安心して履いて頂けます。
スカートで差し色を使い、シューズはブラックで締めることにより大人な印象を演出したコーディネートとなっております。
ライチ新宿店では少し変わったデザインの商品を揃えております!
シンプルだけどよく見ると変わっている、やりすぎ感のないデザインでオンオフ共に活躍すること間違いなし!な商品ばかりです。
コーディネート提案が得意なスタッフと楽しみながら新たな自分を見つけて頂けるお店です。

店長:NAKAMURA

今年のCANNABIS LADIESのアウターはこれ!
今回ご紹介するアウターのおすすめポイント!

ロンドンのブランドjakkeは「動物保護」をモットーにエコファーを採用したポップなアイテムを提案しています。今シーズンCANNABISの一押しはイギリスで活躍されているアーティスト,Kit Agarとのコラボレーションアイテムのこちらの一着です。フェミニンさと優美さを感じる上品な印象のファーブルゾンをメインに、蛍光イエローでアクセントを加えてみました。重くなりがちな冬のファッションもニュートラルなカラーで軽やかに明るく仕上げて頂くのがおすすめです!

CANNABIS LADIESはFASHIONにクローズアップし、ボーダレスになりつつある現在のファッションに対するアンチテーゼとして、日本独自のカルチャーである(ギャル)というワードをミックスして新しいスタイルを発信するセレクトショップ

店長:MIYABI
今年のLamp harajukuのアウターはこれ!
今回ご紹介するアウターのおすすめポイント!
高品質のウールとアルパカで織られた、とても軽いのに暖かい羽織型のコート。

あえてのオールホワイト!
あえてトップスパンツもオールホワイトのコーディネートで、冬ならではの包みこまれる質感をお楽しみください。
Lamp harajukuのコンセプトは、"FEMININ FEMINIST"
フェミニストのアーティストやデザイナーと共に、 ファッションやライフスタイルのアイデアを提供し、 様々なインスピレーションをお届けします。

店長:轟木典子

今年のD-dueのアウターはこれ!
今回ご紹介するアウターのおすすめポイント!
上品なシルエットのノーカラーのコート
片袖がジャガード織でアクセントになっています。
前身ごろのクロスステッチは、栗売りの少年少女を表現しており、
ブランドらしい遊び心に溢れています。

D-dueらしさを感じるシルエット!
丸みのある優しいシルエットのデザインが際立つよう立ち襟のブラウスを合わせました。
職人さんの手によるクロスステッチが施されたコートにあえて、同じクロスステッチの柄がプリントされたストライプのスカートをコーディネート、
ネイビーのニットと共にブルートーンで統一しました。

スモーキーグリーンの壁が印象的なD-due H.P.FRANCE。デザイナーの一人であるアルフレドが手掛けたアート作品やD-dueの拠点であるスペイン・ガリシア地方の工芸品が並び、ブランドの世界観が肌で感じらる店内です。
老舗ドレスメーカーならではのハンドメイドで仕立てられたD-dueのお洋服の巧みなデザイン、美しいシルエットをゆっくりとご堪能ください。


店長:H目


今年のJUANA DE ARCOのアウターはこれ!
秋冬も色で遊びたい!
通年を通してリラックスウェアやヨガウェアとして大活躍のモダール生地での入荷がほとんどですのでJUANA DE ARCOの温かいアウターというのは毎年ほとんどないのです。
秋冬コレクションで数点入荷するかしないかの貴重なアイテム!
今年は裏地が白ボアのもこもこコートが入荷しました。JUANA DE ARCOのカラフルなウェアともコーディネートしやすいベーシックなベースカラー。
しかしそこはホォアナ!ならんだハート柄がパステルのグラデーションカラーでプリントされていて華やかです。

着心地の良さは活躍の場面も多いブランド
秋冬はしっとりとした色味をつい選びがちですが色とりどりのパッチワークのマキシスカートを履いておでかけや旅行に出かけたい!とコーディネートしました。
着心地の良いホォアナは長旅やちょっとしたアウトドアにもぴったりです!
JUANA DE ARCOは青参道の路面店です。アルゼンチンで1点1点ハンドメイドで作られるカラフルなお洋服に囲まれております。1点もののホォアナのお洋服の愛らしさと着心地にとても豊かな気持ちになります。
青参道は他にも個性的で楽しいお店がたくさんあるのでぜひお散歩がてら遊びにいらしてくださいね。

店長:airi
今年の水金のアウターはこれ!
今回ご紹介するアウターのおすすめポイント!

水金でもロングセラーのMIMAの通称『女優コート』その中でもいつまでも美しい憧れのかの女優を思わせるマキシ丈の’DENUEVE’。シルエットもさることながら、裾の翻りまで女優の気品を漂わせる永遠の逸品です。
首周りに沿わせたのはインドのカシミール地方の職人の手刺繍が素晴らしいストールnukuiroと、TOWAVASEの花モチーフを散りばめたAnneのパンツで遊び心を加えてみました。
水金地火木土天冥海は日本と太古から繋がる東洋の手仕事の細工。忘れかけている私たちの民族性を映し出すような品々を季節ごとに取り揃えております。

店長:川上智子

今回モデルをしてくれたのは、H.P.DECOのしんさん!(身長:164cm)

H.P.DECOは、スタイルや流行りにとらわれず、ヨーロッパやアメリカなどから集められたアイテムが並びます。
ひとつひとつ手作業で作られた陶器やガラス、誰かが使っていたヴィンテージの鏡やお皿など
使うことで日々のさりげない時間が潤い、想像力を刺激してくれるものばかりです。
11月5日(金)からはASTIER de VILLATTEのデザイナーがセレクトする
よりすぐりのクリスマスオーナメントが店頭に並びます。
私自身もわくわくしながら皆様のご来店をお待ちしております!




PICK UP OUTER




今年のニットのおすすめ!



少しずつ肌寒くなってきた秋冬シーズン。
個性溢れるH.P.FRANCEスタッフのニットのリアルコーディネートと
それぞれのニットに対する想いやお店のことをQ&A形式でご紹介いたします。
>>ニット特集も見る