Loading...

2021年秋冬 H.P.FRANCE STAFF ファッション談義
「私たちの今の気分」


ファッションをこよなく愛するアッシュ・ペー・フランスのスタッフの中から、東京、大阪、兵庫の4名のショップスタッフによるリモート談義を開催。2021年秋冬シーズンに注目しているスタイルや、気になるアイテムについて語り合いました。



PROFILE

上野 智里(うえの ちさと) 2013年入社。H.P.FRANCE BIJOUX 梅田店 ショップスタッフ。
柴田 真衣(しばた まい) 2017年入社。goldie H.P.FRANCE 梅田店 ショップスタッフ。
鑓田 海緒(やりた みお) 2014年入社。H.P.FRANCE 日本橋店 店長。
横田 佳奈(よこた かな) 2013年入社。H.P.FRANCE 大丸神戸店 商品担当。




気になるファッションアイテムは?


柴田 今シーズン気になるアイテムはロングブーツです。去年もトレンドとして浮上しましたが、今年は特に市場に沢山出ている印象で、カジュアルな太めのロングブーツをコーディネートのポイントにしたいです。洋服ではニットが好きで、毎年かさばるアイテムを集めて収納に苦戦しますが、ニット同士の重ね着にも挑戦したいですね。goldie H.P.FRANCEではCOLLECTION PRIVEE?のミドル丈ブーツを展開中なので、そういったメンズライクなアイテムに、あえてざっくり編まれたニットとスカートを合わせてフェミニンにまとめるのも可愛いと思います。
アクセサリーではDELPHINE CHARLOTTE Parmentierのイヤーカフが大人気なので、イヤーカフの重ね付けも新鮮で良いですね。
横田 私も今、必死にロングブーツを探しているところでした(笑)。以前履いていたのは学生時代ですが、当時とはまた違うコーディネートにアップデートして、超ロング丈もしくは超ショート丈のアウターと合わせて楽しみたいです。
もう一つ、自分の中ではピンクやくすんだ暖色系が一貫して安定のカラーテーマでしたが、今年は寒色系コーデに挑戦したくなり、髪色も変えてみました。気分屋なので日々のコーディネートも様々で、どうすれば周りの人に楽しんでもらえるかを軸にファッションを楽しんでいます。
上野 私もニットに注目しています!昨年はステイホームの流れからリラックスできるものを選びがちでしたが、今年はもう少しモード感あるデザインに惹かれますね。特にフィッシュネット素材が気になっていて、ヘルシーに肌見せしたりインナーやジュエリーで工夫したり、色々なアレンジを楽しみたいです。

ネックレス ¥106,700 (税込) / Sweet Pea
ブレスレット ¥97,900 (税込) / CAROLINA BUCCI

今シーズンはSweet PeaDELPHINE CHARLOTTE ParmentierDANIELA DE MARCHIなど複数のジュエリーブランドが、宇宙や星といった天体にまつわるコレクションを発表していて、個人的にも好きなテーマなので嬉しいですね。秋冬の洋服のボリュームに負けない、大ぶりなジュエリーにも挑戦したいです。
鑓田 私のキーワードはデニムです。2021年秋冬のCELINEのスタイリングがかなり好みで、デニムを主役にフォーマルなジャケットやチェスターコートを羽織りつつ、ヒールやミニバッグを合わせてラグジュアリー感を出すバランスが絶妙でした。もともとデニムスタイルが好きですが、今シーズンはさらに進化したスタイルに挑戦したいです。
気になるアイテムも自然とその路線に寄っていて、MUHLBAUERのシンプルなキャップは大活躍間違いなしと思い、入荷と同時に店頭で即購入しました(笑)。アクセサリーは胸元の開いたトップスにジャラジャラと重ね付けしたいです。

バッグ ¥137,500 (税込) / JACQUES LE CORRE
ハット / MUHLBAUER(スタッフ私物)

バッグは引き続き、アクセサリー感覚で持つミニサイズの気分。ビッグメゾンのコレクションを見ると、また少しずつ大きくなってきている印象ですが、やはりミニサイズのバッグは持っているだけで可愛いと思います。ミニマムなアイテムをメンズライクな格好に合わせたりカジュアルに斜めがけしたり、スタイリングのポイントにしたいですね。

コロナ禍でファッションに変化はありましたか?


上野 自粛生活を耐えた自分へのご褒美にいつもより良いものを選びたいという気分が、お客様にもスタッフの間にも芽生えている気がしますね。H.P.FRANCE BIJOUXでは1年を通して“NEW LUXURY”というテーマを掲げ、多様化する時代に自分の基準で自分を豊かにするジュエリーをご提案していますが、今まさに自分自身を幸せにするアイテムが求められているのではないでしょうか。私も、入社当時からずっと憧れていたBROOKE GREGSONの星座コレクションを思い切って購入しました。
ファッション小物のお店では、今皆さんがどのような気持ちでお買い物をされているのか気になります。
柴田 働き方が変化したというお声が多いですね。リモートワークになり大きいバッグを使わなくなった方もいれば、逆に、たまの出社時には荷物が多くなるから華奢なデザインより大きなサイズ感を好む方もいて、需要が二極化していると感じます。以前よりスーツを着る機会も減っているようで、モノトーンカラーが不動の人気ではあるものの、気分が上がる色物や柄物を選ばれるお客様も増えました。私自身は、最近髪を黒く染めてからは逆にシャープに見せたくて、黒やベージュでまとめたい気分。常に新しい自分でありたいです。
  
鑓田 お洒落をする時、実用性なのかファッション性なのか、その人のライフスタイルによって価値を見出すポイントや選ぶアイテムも様々。本当に、ファッションに対する感覚が多様化しているのだと日々感じます。
私自身はコロナ禍でも変わらず常にお買い物が大好きですが、日々の気分にはすごく左右されますね。最近は、昨年購入したFOUNDRAEの別デザインのリングを一緒に重ね付けしたくて、すごく気になって悩んでいるところです。アッシュ・ペー・フランスの他店舗のブログもよくチェックしていて、スタッフ同士で「これも可愛い、これも」と、妄想しながら楽しんでいますよ。

今シーズン、実際に手に入れたアイテムは?


横田 Jack Gomme、ISABELLE DU RIVAU、Mariana Mendezのバッグを購入ました。以前より外出の機会が減った割に、「ちょっとそこまで」出掛ける時に必需品を入れて持ち歩くバッグが意外と必要で。早速3つとも一生手放せないお気に入りとなり、良いシーズンが始まったなと満足しています。
ジュエリーでは、上野さんも紹介されていたDANIELA DE MARCHIの星モチーフやドーナッツ形のコレクションが気になります。お買い物中は、パッと目が合う商品を買うようにしているのですが、最近はその辺りとよく目が合って仲良くなっています(笑)。鑓田さんもお買い物ルールが色々ありそうですよね!
  
鑓田 そうですね、3コーディネート以上思い浮かんだら買うようにしています。絶対に自分らしく身に付けられると確信を持てたものは、値段に関係なく購入することが多いですね。出会った時の「これ良いな」いう感覚を一番大事にしているので、買わない後悔よりも、買って後悔する方を選びます。
柴田 私もあまり悩まないですね。大好きな古着屋を巡っている時も巡も、ハマらないと数分でお店を出ることがあり、逆に可愛い!と思うものを見つけてサイズと金額がクリアすれば即購入。天邪鬼なので、少し着回しが難しそうなクセのあるアイテムの方が燃えます(笑)。どうやって料理しようか考えるのも楽しいし、着心地が良い気がします。今シーズンはこのJACQUES LE CORREのファー帽子を何となく選びました。
惹かれる気持ちの反面、「絶対これ難しいやん!」と突っ込む自分もいましたが、形はシンプルだし気分も上がると思って。実際に被っていると、お客様や近隣店舗のスタッフさんからも反応が良く、触られることもありますよ(笑)。そうやってファッションをきっかけに会話が生まれることが大事だと思いますし、毎日楽しいです。

ハット / JACQUES LE CORRE(スタッフ私物)
スカーフ / JANE CARR(スタッフ私物)

鑓田 私はFaliero Sartiの三角形のツイードスカーフを購入しました。最近は暖かいアウターが豊富なので、防寒具というよりネックレスのようにアクセサリー感覚で着けられるサイズを選びました。
そこから小さいスカーフ熱に火がつき、JANE CARRの65cm四方や90cm四方も購入しました。二枚を結んで遊んでみるスタイルや、ミニスカーフをネックレス代わりに巻いた上に、大判ストールをアウターのように羽織るレイヤードコーデも良いかもしれませんね。スカーフは以前よりファッションアイテムとして世の中に浸透しているので、お客様にも身近に感じていただけるようご提案していきたいです。
柴田 いつも同じ巻き方だとマンネリ化するし、逆に難しい巻き方に挑戦しても結局諦めてしまうなど、ストールやスカーフのアレンジは悩まれている方が多いと感じますね。私はヘッドアクセリーの感覚で着用したり、ロングスカートのように腰に巻くこともあります。すごく汎用性が高いアイテムなので、簡単且つこなれて見えるような巻き方を研究して、もっと可能性を広げていきたいです。
  
上野 なんだかストールが凄く欲しくなってきますね(笑)。
私は特にSweet Peaの新作がお気に入りです。いつもフェミニンな印象の色石が多いですが、今回は深みのあるオレンジ色と黒に近いダークなトルマリンが効いていて新鮮でした。元々Sweet Peaの片耳ピアスを愛用中ですが、今シーズンはデザインに惹かれて両耳で購入。デザイナーのシボーンが水瓶座で、実際にプライベートでもBROOKE GREGSONのネックレスを着用しているそうで、この2ブランドは相性が良く、どちらも一生物のジュエリーだと思っています。自分の星座モチーフを選ぶという、今の気分に少しパーソナルな要素を加えて、先の未来も見据えたお買い物を楽しんでいます。
横田 一生物ジュエリーだと、ROSA MARIAのリングも特にお気に入りです。近年人気が急上昇しているブランドなのですが、歳を取ったシワシワの手に合わせても格好良く付けられて、一緒に成長することができるジュエリーだと思います。11月下旬に新作入荷も予定しているので、ぜひ注目していただきたいです。
   
   
   

ブランドミックスでおすすめのコーディネートは?


柴田 ジュエリーは一つのブランドの重ね付けも可愛いですが、MEDECINE DOUCEの華奢なゴールドのロングネックレスとFLORIANのボリュームあるアイテムを重ねてみるとバランスが良いと思います。またゴールドとシルバーは相性が良いので、GEM KINGDOMSERGE THORAVALIOSSELLIANIなどの組み合わせもおすすめです。
ロングネックレス / MEDECINE DOUCE(スタッフ私物)
ネックレス / FLORIAN(スタッフ私物)
  
横田 H.P.FRANCE 大丸神戸店では、一見するとそれがアクセサリーなのかさえ分からないようなクラフト感の強いものや、不思議な素材感のアイテムを沢山ご紹介しています。クリエイターごとにテーマや色味の違いがあるので何でも組み合わせられる訳ではありませんが、コーディネートもアイディア次第だと思っています。
ネックレス ¥20,900 (税込)リング ¥12,100 (税込)イヤリング ¥24,200 (税込) / CLAUDINE VITRY
ハット / GILLES FRANCOIS(スタッフ私物)

例えば「自然」をテーマに花のモチーフで揃えてみたり、「今日は雨が降っているから水色で合わせてみよう」とその日の気分に合わせてストーリーを考えたり、気持ちに寄り添ってコーディネートするのも楽しいと思いますよ。
上野 ジュエリーに限らず、ブランドミックスで楽しめるところがセレクトショップの醍醐味。クリエイター同士の繋がりでコーディネートしたり、素材や長さの違い、色の足し方で工夫したり、ワントーンのお洋服ならあえて小物で色を足してみたり。手元や首元の重ね付けで自分の個性も印象づけられるので、ぜひ今シーズンはまた新しいファッションに挑戦していきたいですね!
  
文章:米田沙良(H.P.FRANCE THE MAGAZINE編集部)

   
   
   

SHOP INFORMATION


goldie H.P.FRANCE 梅田店

住所:〒1530-8350 大阪府大阪市北区角田町 8-7 阪急うめだ本店 3F
電話番号:06-6313-7535


H.P.FRANCE 大丸神戸店

住所:〒650-0037 兵庫県神戸市中央区明石町40 神戸大丸本館 1F
電話番号:078-599-5188


H.P.FRANCE 日本橋店

住所:〒103-8001 東京都中央区日本橋室町 1-4-1 日本橋三越本店 本館 1F婦人雑貨
電話番号:03-6262-6366


H.P.FRANCE BIJOUX 梅田店

住所:〒1530-8350 大阪府大阪市北区角田町 8-7 阪急うめだ本店 1F
電話番号:06-6313-1296