Loading...

DEISME

New Collection

強く反逆的でありながらもブルジョアな女性。そんな現代の魅力的な女性像をバッグへと投影する【DEISME(デイズム)】。

70〜80年台のカウンターカルチャーや犯罪組織、それらを切り取った写真集のあちこちからインスピレーションを得て、製作された今回のコレクション。デザイナーのデルフィン・デラフォンは、フォルムをとっても、その仕様においても様々なアイデンティティーを持つバッグ達をイメージしました。ミリタリー風のバッグやツールケース、ミニバッグ。デルフィンは革を一つのファンタジーのように扱い、アイコン的なモデルに彼女ならでは大胆なタッチを加えます。
粗野でありながらも特別に丁寧に仕上げられたバッグ達は、まるでフェティッシュなオブジェのよう。それは女性の自由や自己表明のシンボルとも言えます。




DEISMEは使用する素材の出所とクオリティーに特別な配慮をしています。現地で調達され、アップサイクリングを経て、リュクスのメゾンが使用している革のストックから生産をしています。大胆なコンビネーションの技に長けたデルフィンは鋲やストラス、小さなチェーン、あるいはアンダーグラウンドなコードから取りいれたDEISMEのシグナチュールでもあるピアッシングのように、メタルパーツをクリエーションに加えています。
彼女のファッションテイストや好みの色合い、またファッション界での15年間にわたるエキスパートとしての経験とがDEISMEのバッグを今日他にはない奇抜なものに仕上げています。




Designer
Delphine Delafon
デルフィン・デラフォン


デルフィン・デラフォンはパリにベースを置くフランス人とアメリカ人のハーフのクリエーターです。彼女と同名のブランドを2010年に立ち上げ、パリの中心地にバッグ生産のアトリエを構えます。2017年に一度ブランドを休止、その後2020年に新ブランドDEISMEを新たに創立。彼女の持つ新しさへのテイストや大胆さは、一人の中にたくさんの顔を持ち合わせる女性を魅了したいという思いと共に、他にはないユニークなクリエーションの中に反映されています。デッサンからイメージ、生産までデルフィン・デラフォンは強い意志と、寛容さ(この場合の寛容さは惜しみなく与えるというような意味での寛容さ)とパッションとをもって表現します。そのエレガンスには彼女が熱望するものが映し出されています。なぜなら、革やビニールあるいはビロードシルク素材を身に纏ったDEISMEの女性は、自分のプロジェクトをパワフルに生み出していく意志の強い女性をインカネーションしているからです。



代表取り扱い店舗
goldie H.P.FRANCE 各店