Loading...
Print&Transparent ストールアレンジ
-2021SS Fil d'araignee-

日差しも強くなってくる春夏シーズン、紫外線対策やファッションの一部としてももちろん活躍するストール。
軽やかで涼しげな Print(印刷されている)とTransparent(透けて見える)、印象の異なるストールを使って使いこなしアレンジを紹介します。


Print


brush』という名のカラフルな色使いのプリントストールを使ってアレンジ!

アレンジ01 首回りにボリュームを



首に一周させ、首元の輪の部分をねじる。ねじった輪の部分に片方ずつ通すと首下から胸元あたりにボリュームのでるシルエットが完成。

アレンジ02 首回りはキュートに、縦のラインですっきりと



バイアス(ななめ)にストールを首にかけ、そのままリボン結びに。リボンを真正面ではなく、首横に置き整えることで抜け感もうまれスッキリ縦ラインに。
アレンジ03 空気感のあるふんわり感



バイアス(ななめ)にストールをとり、首回りに一周。裾の左右を結ぶ。裾の結び目の位置を変えるだけでもだいぶ印象が変わる巻き方で今回はふんわりとすることで、薄手のストールを活かしたスタイルに。お洋服が薄手になってもボリュームを演出することが可能です。 
Transparent


oat jacqard』という名の透け感のある生地にカットジャガードでボヘミアン風に表現されたストールを使ってアレンジ!

アレンジ01 張り感のある素材を活かして首まわりに



バイアス(ななめ)に持ち、半分にして首にかけます。
片側に輪ができるので、もう片方の2つの分かれている裾の部分の1つを輪に通して、もう1つの裾の部分と結ぶことで、立体感の生まれるアレンジになります。
アレンジ02 片結びリボンでバランスを演出



肩からストールをかけて片側の胸元下に輪を作ります。もう片側は中央あたりで折りたたんで輪をつくり、最初につくった輪に通します。サイドに片結びリボンを持ってきたり、今回のように抜ける部分を作り胸元下にポイントを持ってくることで、洋服とのバランスを楽しむことができます。
アレンジ03 動き・表情の出るスタイリング 



バイアス(ななめ)に持ち、首回りを1周。輪になっている部分に隙間をつくり、片方を折りたたで輪を作り下から上に出します。出した輪の中にもう片方の先端を通すことで表情がでるスタイリングに。




コーディネート使用アイテム




Other Print&Transparent


-プロフィール-
Fil D’araignee


Fil D'araignee(フィル・ダレニエ)はフランス語で“くもの糸”。
フランスで長く活躍したデザイナー・宮島さよ子を軸にチームでデザインを行っている。nonshalant・courage・beaute・simpleをテーマに、潔い女らしさや繊細な男らしさ、
アバンギャルドと様式美といった相反する要素を入れるデザインが特徴。
未完成の部分を残し、着こなしていくことで完成される。





Fil D’araignee 取扱い店舗

H.P.FRANCE Boutique 京都店
H.P.FRANCE Boutique 西宮店
H.P.FRANCE Boutique 梅田店
H.P.FRANCE 大丸神戸店
ANATOMY OF HEARING 梅田店
ANATOMY OF HEARING なんば店
ライチ 新宿店
ライチ 横浜店
H.P.FRANCE ONLINE SHOP


※商品の取扱い・入荷状況に関しては各店舗へお問い合わせください。




▶︎ Fil D'araignee のFEATUREページ一覧はこちら