− ASTIER de VILLATTE −


 
「人の記憶から忘れられてしまった何かを見つけた時、私たちはまるで新しいものを発見したようにわくわくした気持ちになるのです。」そう語るのは、アスティエ・ド・ヴィラットのクリエイターであるブノワ・アスティエ・ド・ヴィラットとイヴァン・ペリコリ。パリで唯一の陶器メーカーとして1996年に創業しました。

白い陶器に用いられているのは、パリ郊外で採掘された土。パリ市内の工房で何度も練り、職人たちの手によりひとつひとつ形作られた後、窯で焼き上げていく。近代的な生産工程とは真逆をいく、それはまるで19世紀の工房のような時間のかけ方が、全ての器に土を捏ねた手のぬくもりを残しているのです。

そして、香りの世界旅行をテーマとしたキャンドルとインセンス、香水などの香料製品からは、陶器の作品群とはまた異なるアスティエ・ド・ヴィラットの世界を垣間見ることができます。彼ら自身が楽しみながら創作することを心掛け、今日もパリのアトリエから世界中へと作品を届けています。

H.P.DECOでは20数年来このアスティエ・ド・ヴィラットの品々をお取扱いしています。「家族や大切な人と囲む食卓や、お茶を手に語らう時間を豊かに過ごす」というメッセージを込めて。




  
 
 
 

CERAMICS



 
純白の釉薬を纏った器は、アスティエ ・ド・ヴィラットの代名詞とも呼べるでしょう。パリ唯一の陶器工房で18世紀パリの手工芸を継承すると同時に、エスタンパージュと呼ばれる技法を現代のテイストで蘇らせ、伝統とモダニズムを融合させています。古い器や忘れ去られたオブジェからインスピレーションを受けて、職人が残す「跡」を大切にした器は、土色が柔らかく透け、丁寧な手仕事でしか生み出すことができない、凛とした存在感を放っています。
 
 


 
 

− シリーズから探す

Adélaïde

アデライド
粒の突起が装飾的に施された、アデライデ。古典的なモチーフを題材としながら、どこか愛らしい印象を与えます。アスティエ・ド・ヴィラットの遊び心が感じられます。
 

Alexandre

アレクサンドル
人の顔がモチーフとしてあしらわれた、アレクサンドル。古いアンティークの様にも、モダンなテーブル・ウェアの様にも感じられ、使い手の趣向に合わせてその印象を大きく変えます。

Claudine

クローディン
ふちに細かい葉の模様が刻まれた、美しいデザインのクローディン。シンプルでありながらどこかモダンな空気を感じるコレクションです。

Crésus

クレジュス
豪奢な金のラインが口縁に施された、クレジュス。フランス語で「大富豪」と名付けられたこのシリーズは、華やかでありながら、華美過ぎるという事なく、とても垢抜けた印象を与えます。
 

Cube

キューブ
フランスの古いタイルから由来している、連なった立方形が立体的に組み合わさったモチーフ。アスティエ・ド・ヴィラットのフィルターを通して生まれたこの形は、都会的でシャープな印象を与えます。

Emilie

エミリー
幻想的なオブジェを思わせるシリーズ、エミリー。柔らかな曲線が蔦のように仕上げられたカップ類。口縁を歪な曲線が囲むディッシュなど。
 
 

Etoile

エトワール
その名の通り、星の形にデザインされたシリーズ。アスティエ・ド・ヴィラットの遊び心が、そのままディッシュ・ウェアになったような、愛らしいシリーズです。
 

Fleurs

フルール
アスティエ・ド・ヴィラットと親交の深い女性アーティスト、ナタリー・レテとのコラボレーションで生まれたシリーズ、フルール。優しい曲線を帯びた白い陶器に、大胆に施された様々な花のモチーフが特徴です。

John Derian

ジョン・デリアン
ニューヨークのアーティスト、ジョン・デリアンとのコラボレーションにより生まれたシリーズ。アスティエ・ド・ヴィラットの白い陶器に、ジョン・デリアンの象徴とも言えるデコパージュのモチーフが施されています。

Lou Doillon

ルー・ドワイヨン
歌手であり、女優のルー・ドワイヨンのドローイングをアスティエ・ド・ヴィラットの白い陶器をキャンバスにしたシリーズ。流れるような滑らかなタッチで描かれた17種類の手はどこか温もりを感じます。
 

Maruguerite

マーガレット
可憐なマーガレットの花々にインスパイアされて制作したコレクション、マーガレット。小さなお皿から大皿、カップ、花器等多くのデザインがあります。柔らかな曲線が、優しい印象です。

Perles

パール
丸い粒々が連なる様はまるでパールネックレスのような印象のパールシリーズ。柔らかさと儚さ、そしてクラシカルな印象を併せ持つので、食卓に洗練されたスタイルを生み出します。

Peggy

ペギー
流れるような柔らかな曲線が特徴的なペギーシリーズ。クラシックでデザインは食卓に優美な空気を与えます。
 
 
 
 

Régence

レジョンス
クラシカルでエレガントなシリーズ、レジョンス。18世紀初めの美術様式に発想の源泉を見ることが出来るこのシリーズは、まるで過去に存在しなかったアンティークの様です。口縁の縁飾りが華やかな印象を与えます。
 
 

Révolution

レボリューション
直線が形作る美。革命という名を授けられたシリーズ、リボリューション。曲線を中心とするシリーズが多い中で、潔いこの形は故にとても個性的でもあります。日常使いのテーブル・ウェアとしては勿論、フォーマルな席でもご使用頂けます。

Rien

リアン
フランス語で「何もない」を意味する、リアン。釉薬の白色。所々に透ける素地の陶土の黒色。手作りによるいびつさ。一切の装飾を省いた事で浮き彫りになる、素の美しさ。正に至極のコレクションです。

Rome

ローム
17世紀のイタリアンバロック建築からインスピレーションを受けた、階段席のある円形劇場様式を模したデザイン。優美な幾何学曲線を描く形はスタッキングしても美しい佇まいです。

Serena

セレナ
白いカップをゴールドで縁取り、取っ手の代わりにアーティスト、セレナ・キャロンヌが造形した宝石が散りばめられた、大ぶりの指輪をつけたマグカップ。彫刻家であるセレナの不思議な世界観を楽しめるシリーズです。

Setsuko

セツコ
パリのアスティエ・ド・ヴィラットのアトリエにて、節子・クロソフスカ・ド・ローラ伯爵夫人の手により生まれた形。美しいコラボレーションが結実させた作品群。
 

Simple

シンプル
縁に施された一本のラインがモダンな印象を与える、シンプル。数多くあるアスティエ・ド・ヴィラットのコレクションの中で不動の人気を誇ります。普段使いのテーブル・ウェアに最適です。

Colbert

コルベール
様々な形を持つシリーズ、コルベール。シンプルな中に、緩やかな曲線を生かした形が特徴です。花器、ポット、マグ等がございます。
 

Tricolore

トリコロール
アスティエ・ド・ヴィラットと、パリのデザイナー集団、コミューン・ド・パリとのコラボレーション、トリコロール。1871年、蜂起した民衆がパリを占拠し樹立した革命政府、パリ・コミューン。コミューン・ド・パリは、この労働者による革命的な統治政府、また当時の時代の空気にインスパイアされ、多くのプロダクトを生み出しています。白い陶器の上で、フランス国旗の3色がはためきます。

Tuileries

チュイルリー
アスティエ・ド・ヴィラットと、パリのデザイナー集団、コミューン・ド・パリとのコラボレーション。パリ、ルーブル美術館の傍にある古くからの庭園、チュイルリー。シンメトリーなこの庭園は、上空から見ると丁度十字の形をしており、陶器の装飾として用いられている十字のレリーフは、ここに由来します。シャープで洗練された印象を与えるシリーズです。

Villa Médicis

ヴィラ・メディシス
幅広くとられた皿の縁が古代の食器を想起させるシリーズ、ヴィラ・メディシス。肖像や色鮮やかなアラベスク模様に彩られていた古代の皿は、純粋かつシンプルな白で表現されています。在ローマ・フランス・アカデミー<ヴィラ・メディチ>とのパートナー・シップのもと制作しています。
 

BANSHAKU

アスティエ・ド・ヴィラットとアッシュ・ペー・フランスのコラボレーション。日本の晩酌をテーマとした白い陶器は、日本の古くからの風習をアスティエ・ド・ヴィラット独自の解釈を加え、現代のテイストで新たに表現しなおしたものです。酒と共に個別の膳には、季節を映す彩りに溢れる数々の酒肴が並びます。
 
 


 
 
 

− 用途から探す


 

プレート

魚やお肉、それに野菜。どんな食材をよそっても素材やテーブルを引立ててくれる、様々な大きさとデザインが揃っています。ディナープレートの下皿、アクセサリートレイとしてなどあらゆるシーンでご使用いただけます。

ボウル

サラダを入れる容器。ご飯を盛り付ける器。スープを入れるもの。丸い形、四角い形。小さなもの、大きなもの様々なボウルがございます。ハーブの様な植物を育てる鉢としてのご使用もおすすめです。

コンポート

華やかなもの、素朴なもの。プレートと同じくらい、様々な表情を持ったシリーズがございます。果物やスイーツを載せておく容器として、またオブジェとしてのご使用もお勧めです。

カップ

普段使うものだからこそ、お気に入りの品を選びたいもの。カップほど、生活に寄り添う容器はないでしょう。休日に、自宅でほっとくつろぎながら味わう紅茶。忙しい一日が始まる前の、一杯のコーヒー。様々なシリーズから、一番のお気に入りを見つけて下さい。

ポット

素朴なものから、華やかなものまで、まるでアートピースのように飾っておきたいと思わせるポットです。アスティエ・ド・ヴィラットの造形美を楽しみながら、優雅なティータイムをお過ごしください。
 
 

その他テーブルウェア

プレートやカップ以外にも、カッティングボードなど食卓で活躍する様々なアイテムが揃っています。アスティエ・ド・ヴィラットの陶器は食卓で他にはない存在感を放ちます。
 
 

フラワーベース

季節の花々の鮮やかさや、木々や葉緑の美しさを引立ててくれます。生活にアート感を添える花器。大切な方への贈り物にも最適です。

オブジェ

インテリアデコレーションとして楽しむことができるオブジェ。棚などにそっと添えるだけで、美しいアイテムです。

インセンスホルダー

本来の用途としてはもちろん、オブジェとしても楽しめるインセンスホルダー。大きめの彫刻のようなものから、小ぶりのものまで様々な種類がございます。

ランプ

アスティエ・ド・ヴィラットの陶器をシェードにしたペンダントライトです。柔らかい光が穏やかな時間を演出してくれます。光のオブジェとしてお楽しみ下さい。
 
 
 

グラス

フランスにて、手吹きで仕上げられたグラスのコレクション。吹きガラスの歪さと、美しい形が魅力です。クリスタル・グラスの様な華やかさがありながら、実際に持つと驚くほど軽く、組成の材質により、チップを起こし難いのも魅力です。

カトラリー

イタリアの工房で仕上げられるアスティエ・ド・ヴィラットのカトラリー。小さなフォークから大きなレードルまで、多くのサイズと種類を揃えます。クラシックでありながら、モダンでもある仕上がりは、アスティエ・ド・ヴィラットらしさに溢れています。

キャンドル

デザイナーの二人の思い出の町や焦がれ続けている未踏の地の名を冠したパフュームキャンドルです。名だたる調香師とのその香りは世界中の魅惑的な場所へと、私たちを誘います。

インセンス

1000年の歴史を持つ日本の淡路島で熟練の香司による伝統的な技法で作られるインセンス。美しく洗練された佇まいのボックスには125本のインセンスが納められています。
 
 

オー・デ・コロン

オー・デ・コロンはシトラスのノートを基調に、しつこい残り香はなく、ただアロマティックなしるしを残します。中世にドイツケルンの街の名前から生まれた伝統的な製法に従い、水と香料によって著名な調香師の手によって作り出されました。

ステーショナリー

パリで唯一の活版印刷士が刷り上げる美しいノート類。1週間が8日間ある日記帳。毎年更新されるパリとニューヨークのタウン・ガイドが付いています。消しゴムには、キャンドルと同じ香料を練り込んで。ブランドロゴがきらりと光る、シックなシャープ・ペンシル。

ブック

出版社を設立したアスティエ・ド・ヴィラットのデザイナーのイヴァン・ペリコリとブノワ・アスティエ・ド・ヴィラットが執筆したパリガイドや、女優で歌手のルー・ドワイヨンとのアートブックなど、好奇心を刺激するような本を出版しています。
 
  
 
 
 
 

COLLECTION BANSHAKU
ASTIER de VILLATTE & H.P.FRANCE


 

 
アスティエ・ド・ヴィラットと、アッシュ・ペー・フランスの現代探検家 村松孝尚との共作「コレクション バンシャク」が誕生。“晩酌”をテーマとした18種類の白い陶器は、日本の古き良き時代の習慣を彼らのテイストで新たに表現しました。醤油皿に魚皿など、個別の膳の上には酒とともに、季節を映す彩りに溢れる数々の酒肴が並ぶその様は、小津安二郎の作品を彷彿させます。このコレクションには、日本社会の変遷につれて進化してきた“晩酌”という素晴らしい文化をこれからも尊び、「コレクション バンシャク」が歓びを分かち合う大切なひとときの食卓に在るように。というささやかな願いが込められています。
 
 

※こちらの動画は2018年11月に撮影したものです
 
 
  
 
 
 
 

SCENTED CANDLES



 
香りは記憶と結びつきやすいものです。イヴァンとブノワは、彼らの思い出の町や焦がれ続けている未踏の地の名を冠したパフュームキャンドルを2008年より展開しています。キャンドルは植物性ワックスを使用し、トスカーナ地方のガラス職人による気泡入りの手吹きガラス容器へと収められています。火を灯した時に幻想的な光がガラスに反射します。ASTIER de VILLATTEのパフュームキャンドルは記憶と想像力を刺激しながら暮らしを鮮やかに彩り、香りの旅路へと誘い出してくれるでしょう。

ANCHORAGE

アンカレッジ - カナダ
大海と雪を頂く山脈に囲まれた、密かな空港の凍ったアスファルトに着陸。すると、周囲の冷たい大地は瞬く間に氷解し、グリーンでウッディーな野生植物と樹脂の息吹が一気に香り立つ。
 
 

ATELIER DE BALTHUS

アトリエ・ドゥ・バルテュス - スイス
総木張りの画家のアトリエは、まるで時が止まったかのよう。青々とした夏のアルプス山岳牧場風景が広がる北向きの大きな窓からは、ふんだんに射し込む光がまるで粉のように、筆、パレット、絵の具のチューブや缶、下書きしたキャンバス、リンシードオイルが滲みこんだままの布に降り注いでいる。空気を満たすのは陶酔を誘う香り。

DELHI

デリー - インド
そこは、古い街中の窮屈な路地。人力車への潜入。暑過ぎる車内。幾千もの香辛料の香りが鼻孔まで立ち昇ります。キンマ、安息香、麝香、没薬、そして燻した木、バニラ、ビディ煙草…。うっとりとするような一吹きの風を感じさせる。
 

GRAND CHALET

グラン・シャレ - スイス
アルプスの山肌を渡る清々しい風が、菩提樹の花の甘く優しい香りを運ぶ。小さく平和な村の中、壮大で豪奢なグラン・シャレが聳え立つ。美しい自然と,清新な気候の土地。画家バルテュスが終の住まいとした場所。ミルクと蜂蜜の香り、彼のアトリエを囲む菩提樹の老木から漏れるわずかなシトラスの香りが、彼を魅了する。

JERUSALEM

エルサレム - イスラエル
城壁に囲まれた神の都市。キリストが眠る聖墳墓教会、嘆きの壁、オリーブ山、熱烈な芳香に満ちた巡礼の旅。ウードの木、ヒマラヤスギ、ナツメグ、鮮やかなガルバナム、イトスギのミステリアスな香りで調和する。
 
 

MANTES-LA-JOLI

マント=ラ=ジョリー - フランス
すっきりとしたレモンの香りを湛えたベルガモット、ミント、ユーカリの瞬時に広がる新鮮な香り。まるで町の市場のハーブがびっしり並んだショーケースの中にいるような、新鮮な香りに包まれる。
 
 

MARSEILLE

マルセイユ - フランス
街の隅々まで散策する。旧港を始点に、狭い横丁や曲がりくねった小径を辿り、浮かれ賑わう下町を抜け、街で一番高い丘を目指して、カランクを見下ろす急な坂道を登る。すると突然静けさが訪れ、太陽の熱を帯びた植物の芳しい香りが周囲に立ち込める。
 
 

OPERA

オペラ - フランス
オペラ・ガルニエの栄華:贅を尽くした蜜蝋で磨かれた、大ホールの木板張りの舞台上で繰り広げられるバレエのアントルシャ、バ・ド・ドゥ、ロンドジャンプ。多量の蜜蝋が採れる蜜蜂の巣箱が存在するオペラ座の屋根裏、その屋根まで続く豪華な木板張り仕上げの壁に包まれたホワイエには、流れ出す蜜蝋と蜂蜜のニュアンス,微量の白檀と安息香の気高さと陶然とした調和が広がる。

RUE SAINT-HONORE

ル・サントノーレ - フランス
今はサントノーレ通りの午後の終わり。ブティックの扉は古いパリのマカダム舗装の道に面している。そこには心を乱す香りが漂う。化粧をした女性たちのパウダーが、雲のように広がる繊細なグリーンノート、ジャスミン・ローズの調和。ブティックの龍涎な香りと高級な雰囲気の中で、美味しい香りを放ちながら融合する。
 

STROMBOLI

ストロンボリ - イタリア
伝説的な島「ストロンボリ」への上陸。溶岩と炎の河。立ち昇る白い煙と黒い浜。まばゆい白い家々が立ち並ぶ小さな漁師町「ジノセトラ」の良く晴れた小道から、レモン、オレンジ、オリーブに木立を抜けて、火山へと峰を登っていく。木々の魅惑的な芳香。様々なシトラスの力強い香りが、温かなタイム、コリアンダー、バジル、そしてジャスミンと混ざり合い、焼けつくような日差しの中、互いを引立てあう。

TUCSON

ツーソン - アメリカ
奇怪千万な形をした巨大サボテンの海に囲まれて、アリゾナ砂漠に根を下ろす街、「ツーソン」。炎天下にさらされた、色とりどりの住宅が軒を連ねるダウンタウンを散策する。恵みの小休止には、メスキートの木陰で軽く一杯。空気中に漂うファーウェストの香りが陶酔を呼ぶ:ワイルドハーブ、香木、インモルテル、太陽に焼かれた赤土の僅かにスモーキーで甘い香り。
 

VILLA MEDICIS

ヴィラ・メディシス - イタリア
ローマの屋根を見晴らす大窓に連なる芸術家のアトリエ、その足下に広がる荘厳な庭園。出会いと思索に満ちたこの高尚な場所で,滞在者たちはレモンの葉やラベンダー、オレガノの花の香りを満喫する。空気を揺らすのは、周囲を囲むヒマラヤ杉の木香、太陽熱に温められられた古代の岩石の形容し難い香り。
 
 
  
 
 
 
 

INCENSE



 
世界の都市や場所の名を冠したASTIER de VILLATTEのインセンスは、「香りの世界旅行」をテーマに作られたオリジナリティ溢れる贅沢なコレクション。美しく洗練された佇まいのボックスには125本のインセンスが納められています。インセンスは、1000年の歴史を持つ日本の淡路島で生地を長時間に渡り圧縮・加工し、その中に香りを浸透させるために2週間寝かせるといった大変手間のかかった方法によって作られています。世界旅行へと誘うASTIER de VILLATTEの美しい香りのコレクションをどうぞお楽しみください。
  
 
 
 
 

ASTIER de VILLATTE


 

Photo:Julie Ansiau

 
1996年創業。デザイナーは、イヴァン・ペリコリ(左)とブノワ・アスティエ・ヴィラッド(右)。19世紀の器や忘れ去られたオブジェからインスピレーションを受けて生み出される数々のコレクションは、職人が残す「跡」を大切にしています。パリにショップとアトリエを構え、ハンドメイドで作られる白い陶器を中心に、香料製品やステーショナリー、本などを生み出しているブランドです。