JAMIN PUECH


MY JAMIN PUECH COLLECTION
-私とバッグの思い出-


1991年から毎シーズン、オリジナリティー溢れる独創的なクリエーションでわたし達の心を魅了するJAMIN PUECH。
お気に入りのバッグとの思い出は、時間が経っても変わらない宝物。
この特集では、H.P.FRANCEスタッフのJAMIN PUECHコレクターをご紹介します。


【MY STORY】




私の秋冬コレクション。
自分の格好に合う、どこか古めかしさもあるデザインや色、素材のものが気づけば集まっていました。どれも毎年秋になると衣替えとともに出して、大活躍しているお気に入りです。春夏のさなかにこれらのバッグに想いを馳せることもあるほどに、時が経っても頼もしいバッグたちです。
はじめてJAMIN PUECHを購入したのは大学生のとき。
当時の私にはJAMIN PUECHのバッグは高価で、精一杯のお買い物がポーチでした。さまざまな風景の葉書のプリントがコラージュされ、お洒落過ぎて衝撃でした。その時に頂いたカタログも大事に取ってあります。
レモンのラフィアバッグは1年中使うので部屋にスタンバイしてあります。どこに飾っても色やデザインが綺麗なので、絵になりますよね。

葡萄のキーホルダーは、ただただ重いので赤いコーナーに飾っています。もはやオブジェです。

黄色い猫のバッグも、オブジェというよりおとなしいペットのような感じで、年に数回ここぞという日にだけ家から連れ出します。

というわけで、ジャマンの作品はインテリアにもなるという事例でした。


ジャマンの小物も大大大好きです。お財布にキーホルダー、バングル、ブレスレット、ネックレス、かんざしに、ベルト。
右下のJAMIN PUECHウッド(木)坊やが初のジャマン・キーホルダーコレクションです。


もしかしたら一番のお気に入り。風車付き・水色にオレンジリボンのレザーバッグ。


春夏コレクションはやはり明るくカラフルに!
ラフィアコレクションは毎年増やしたくなるほどにチャーミングですね♪


今回のコレクター
記憶 H.P.FRANCEスタッフ 古田 絵里



レコメンド アイテム

悪戯好きなキツネのバッグ
バッグの側面に張りつくなんて、それだけでもう悪戯好きが過ぎますよね。秋冬に鮮やかなオレンジ色が素敵だなと狙っています。


【SHOP information】

記憶 H.P.FRANCE
〒100-6501
東京都千代田区丸の内1-5-1 新丸の内ビルディング 1F
TEL:03-3211-3370



JAMIN PUECH 表参道店
〒150-0001 
東京都渋谷区神宮前 5-2-11
TEL:03-5464-2780