H.P.FRANCE WINDOW GALLERY MARUNOUCHI
篠原有司男展「ニューヨーク絵巻1980th」



会期:10月9日(金)まで




ボクシンググローブに絵の具をつけ、キャンバスに殴りつけるようにドローイングする「ボクシングペインティング」が強烈なインパクトを放つアーティスト篠原有司男氏の個展を開催致しております。

篠原氏と妻の乃り子さんを追った2014年度アカデミー賞ノミネート・ドキュメンタリー映画『キューティー&ボクサー』も記憶に新しいアーティスト。
今回は1970年代や80年代の作品など、NY在住の軌跡とも呼べる作品の数々を展示販売いたします。 


【 INTERVIEW MOVIE 】



vol.1



vol.2







Oiran



シルクスクリーン
1971
¥280,000+TAX(額込み)

Butterfly



シルクスクリーン
1975
¥380,000+TAX(額込み)

Untitled



シルクスクリーン
1980s
¥420,000+TAX(額込み)

80s Drawing 01



紙にマーカー・水彩・コラージュ
1980s
¥2,800,000+TAX(額込み)

80s Drawing 02



紙にマーカー・水彩・コラージュ
1980s
¥2,800,000+TAX(額込み)

80s Drawing 03



紙にマーカー・水彩・コラージュ
1980s
¥2,800,000+TAX(額込み)

80s Drawing 04



紙にマーカー・水彩・コラージュ
1980s
¥2,800,000+TAX(額込み)

80s Drawing 05



紙にマーカー・水彩・コラージュ
1980s
¥2,800,000+TAX(額込み)

70s Drawing 01



紙にマーカー・水彩・コラージュ
1973
¥2,200,000+TAX(額込み)

70s Drawing 02



紙にマーカー・水彩・コラージュ
1973
¥2,200,000+TAX(額込み)

70s Drawing 03



紙にマーカー・水彩・コラージュ
1975
¥2,200,000+TAX(額込み)

70s Drawing 04



紙にマーカー・水彩・コラージュ
1980s
¥2,200,000+TAX(額込み)


篠原 有司男 ―Ushio Shinohara―




<経歴>
1932年、東京都生まれ。通称「ギュウチャン」。
1952年、東京芸術大学入学、1957年の末に終了。
1960年、アメリカで発生した美術運動「ネオダダ」が世界に広まり、日本では篠原有司男、赤瀬川原平、荒川修作、吉村益信らで「ネオダダイズム・オルガナイザーズ」を結成、過激な前衛パフォーマンスやジャンクアートで注目を集める。
1969年、ジョン・D・ロックフェラー3世奨学金を得て渡米、以後ニューヨーク在住。
1982年、ニューヨークのJapan Society Gallery にて個展。
2003年、大塚製薬「ポカリスエット」のCMで福山雅治と代表作「ボクシング・ペインティング」で共演。
2007年、第48回毎日芸術賞を受賞。
2010年、USHIO AND NORIKO SHINOHARA "LOVE IS ROARRR!" , hpgrp GALLERY NEW YORK
2012年、ニューヨーク州立大学ニューパルス校ドースキー美術館で回顧展を開催。
2013年、篠原有司男・乃り子夫妻の日常を綴ったドキュメンタリー映画『キューティー&ボクサー』(監督:ザッカリー・ハインザーリング)がサンダンス映画祭ドキュメンタリー部門監督賞を受賞。
2014年、『キューティー&ボクサー』 アカデミー賞ノミネート。
2014年、USHIO SHINOHARA, NORIKO SHINOHARA, ALEX KUKAI “Love Is A Roar-r-r-r! Plus One”, hpgrp GALLERY NEW YORK
2016年、『キューティー&ボクサー』 ドキュメンタリー・エミー賞受賞
2019年12月、文化庁長官表彰。


通信販売を承っており、アート作品は送料無料にてお送りいたします。
作品についてなどお気軽にお問い合わせくださいませ。

<お問い合わせ>
H.P.FRANCE BIJOUX丸の内店
MAIL: hpf_bijoux@hpgrp.com
TEL:03-3240-5791