Items for coming season.
from all H.P.FRANCE
Mannish × Feminin

「Boutique」 「goldie」 「Theatre」 「bijoux」 「drama」 「記憶」 etc...。
様々な屋号のついたH.P.FRANCEの個性豊かなショップたち。皆さんはどこまでご存じですか?
普段は各々が独自のセレクトでお客様をお出迎えしていますが、今回はショップの垣根を乗り越えて、アイテムをミックスして秋冬おしゃれのご提案。
オンラインだからこそ楽しめる縦横無尽のコーディネート。あなたならどれをチョイスしますか?
Feminine=女性らしい、やわらかいスタイル
花弁の柔らかな色味と、スノーボールの真っ白な実が優しい印象のSUSANNAH HUNTER(スザンナ・ハンター)のバッグに、グラデーションをつけるようにFALIERO SARTI(ファリエロ・サルティ)のストールをオン。アンニュイな手描きの花柄の上に載せられたメッセージは、SNSから書籍化を果たした女性作家"アントニア・ストーレス"が綴る世界中の女性に向けての共感とエール。
ストールから覗かせるのはGICLAT(ギクラ)の月の満ち欠けをモチーフにしたパールネックレス。パールを連ねたバーネックレスも、マットな輝きのゴールドでシーンを問わずに活躍します。ベビーパールとダイヤモンドをあしらったHIRONDELLE ET PEPIN(イロンデール・エ・ペパン)のフラワーモチーフリングをさり気なくコーディネートして、柔らかさと芯の強さを併せ持った女性のイメージ。リネンのワンピースからキャメル色のコートまで、幅広く合わせられるコーディネートです。
Mannish=男性のような、紳士的なスタイル
秋冬のマニッシュスタイルにあわせたいクールな小物たち。アクセサリーはボリュームのあるWOUTERS&HENDRIX(ウッターズ&ヘンドリックス)をセレクト。攻めたデザインの中にあえてパールや天然石など女性らしいマテリアルをミックスした彼女たちなりの”Rebel(反抗、反逆)”コレクション。カッコいい中に隠れ見える女性らしさの絶妙なバランスが最高。
バッグは潔いブラックカラーのJEROME DREYFUSS(ジェローム・ドレフュス)。長めのシルバーチェーンがアクセントになるおかげで、重たくなりすぎないのもいい。とことんモードに決めたいときはクラッチバッグとして小脇に挟んで。コーディネートをまとめてくれるのはJANE CARR(ジェーン・カー)のシルクスカーフ。これがあるだけでぐっとおしゃれ感がアップする。アクセサリーとお洋服の距離感を上手に埋めてくれるバランサーはコーディネートに欠かせない。