6月12日(金)~7月18日(土)までhpgrp GALLERY TOKYOにて個展「今はない-part.2-」を好評開催のこんのげんさん作品のコンセプトや制作エピソードまで様々なお話を伺いしました。





ー今回展示しているのは、木のキューブを組み合わせて作り上げた作品が火災に見舞われ、焼けた状態のものとお伺いしました。元々の作品のコンセプトはどのようなものだったのでしょうか?

大袈裟な話になるかもしれませんが、テーマは「宇宙の循環」です。この世に存在しているものは全部同じものはなく、全てが「異質」ですよね。ひとつとして同じものがない。でも、細かくして原子や粒子の段階まで分類すると、ほとんどひとつに近くなっていく。「同質」に近づくんです。それを例え話に木のキューブを作り、組み合わせて異質な人間の形を作ったんです。

ーなぜ人間をモチーフとして選んだのですか?

人間でなくても良かったけれど、私がたまたま人間だったので人間をモチーフにしました。「異質」なものが壊れていって「同質」なものに還っていくこともあります。単純な循環でなく、重層的で、いろいろなものが組み合わさった循環で成り立っているんじゃないかと思うんです。

創るという過程、生成の過程は自分でできたんです。キューブを組み合わせて、モデリングして、削って。でも、この循環の中でも、消滅という過程は自分では創り出せなかった。自分で壊したり、焼いたりしてみようかと思ったこともあったけれど、なかなかする気にならなかったんです。

ーそんなときに火事に見舞われた、ということですね。

はい。火事にあったアトリエを見たら、これらの炭化物が転がっていました。それらをかき集めて見たら、これは自分が考えていた循環の一番上だ、ということに気がついたんです。火事という事実はあまり意識していません。


以前の展示風景


ー「今はない」というタイトルにはどんな想いをお持ちですか?

循環にはいっときも静止した瞬間、「今」がない。だから「今はない」というタイトルを付けました。ただ同質と異質というだけでなく、動き。流動的な動きがある。要するにコスモスからカオスに、形あるものが混沌に戻り、混沌としたものの中から同質なものが生まれ、また異質なものを形作る。全体の循環、単純なものが組み合わせられてできたのではない、重層的な循環で、動いているイメージがあるんです。

ー作品やエピソードのもつ重質感とは裏腹に、流動的なんですね。

今って、ないんです。今と思った瞬間には今ではなくなっている、今がなくなった、と思う瞬間には次の今でもなくなっている。単純に言えばそれだけなんです。




こんのげん-profile-

1986年 東京藝術大学美術学部彫刻科卒業
1988年 東京藝術大学大学院美術学部彫刻科修了
1990年 東京藝術大学大学院美術学部保存修復技術修了

[個展歴]
2017年「UNVERSISM-今はない-」destination TOKYO WINDOW GALLERY
2015年 三越千葉店
2013年 スペースガレリア
三越千葉店
2012年「BU TU ZO U」 hpgrp GALLERY NY
2011年 スペースガレリア
三越千葉店
2010年 ギャラリー銀座一丁目
2009年 Hammond Museum
ギャラリー銀座一丁目
スペースガレリア
三越千葉店
2008年 ポザール ミュー
destination Art Space NY
2007年 COM・POSE
スペースガレリア
destination Tokyo WINDOW GALLERY
2006年 スペースガレリア
2005年 WINDOW GALLERY MARUNOUCHI
2004年 電力館
スペースガレリア
千葉銀アートギャラリー
2002年 田園の美術館
スペースガレリア
三越日本橋店
1999年 彩林堂画廊
NHK千葉マリンプラザ
1998年 松屋銀座
1988年 みゆき画廊


[開催中の展示詳細]
■hpgrp GALLERY TOKYO
こんのげん 個展「今はない -part.2-」
2020年6月12日(金) ~ 2020年7月18日(土)
12:00~19:30(日・月・火定休)


会期終了間近となっておりますのでご注意ください。