HAyU + 竹俣勇壱 「晩餐会」



感性豊かに、そして忠実に立体を捉えてワイヤーを自在に操り、

大人も子どもも愉しむことができる温かなワイヤーオブジェクトを生み出すアーティスト HAyUの小川学氏と

重さや磨きの質感にこだわりぬいた金属の生活道具で

私たちの暮らしの風景に陰影を与えてくれる彫金作家竹俣勇壱氏。

異なる作風ながら硬質な素材を扱うの二人が「晩餐会」をテーマに一つの世界を作り上げました。



1. バスキアと愛らしい動物たち









この晩餐会に参加するのは

バスキアと愛らしい動物たち。

目の前のごちそうにかぶりつきたいシーズーと、ニャーと一声上げている猫さん

そしてそんな様子をお利口に見つめるラブラドールレトリバー。


バスキアのそばにいるのは、食事よりもご主人への愛が溢れてやまない上目遣い猫さん




愛くるしい表情に、思わず首元をわしゃわしゃと撫でてあげたくなります。



2. 晩餐会のテーブルで競演するワイヤーオブジェクトとカトラリー




2020年ものの特別なワインは猫のエチケット



渋さと繊細さを併せ持つ テーブルフォークとスプーン、フォーク



そしてとりわけ用のサーバーフォークとサーバースプーンが放つ鈍い光、存在感を放ちます。







メインディッシュはイチョウカニとアジとメバルのお魚。



甘さのない硬派なケーキサーバーは、竹俣氏のカトラリーの中でもレアなアイテム。




磨きの跡に職人たちの手仕事を感じる、輪花皿



テーブルに一定の凛々しさを与えます。