2019年秋冬コレクションPRESS × BUYERトレンド対談PART2
~自分流スタイルで格上げするネオクラシックに注目!~





今シーズン、大きなトレンドとして取り上げられている「クラシック・エレガンスへの回帰」。それぞれのデザイナーが個性を活かした解釈で70、80、90年代に切り込み提案するスタイルは、まさにクラシックの新化系=ネオ・クラシックの誕生と言える。アッシュ・ぺー・フランスのプレス 江間とバイヤー 斉所が、2019年秋冬のトレンドを取り入れたおすすめのスタイルをご紹介する。
 
 

PROFILE


H.P.FRANCE PR 江間 亮子(えま りょうこ)
90年代の「フレンチスタイル」ムーブメントの洗礼を受け、一歩でもフランスの文化に近づきたく、96年にアッシュ・ペー・フランスの門戸を叩く。以降ファッションの持つ魔力に囚われて、「伝える人=PR」であるべく奮闘中。

H.P.FRANCE BUYER 斉所 素子(さいしょ もとこ)
2005年、アッシュ・ペー・フランス入社。goldie H.P.FRANCE新宿店にて販売、5年間の店長職を経て、H.P.FRANCE SHOWROOMバイヤーに。年間4回パリ、ロンドン、ミラノなどヨーロッパ出張へ出向き、独自の感性と受信力で新しいトレンドとニュークリエイターの発掘を行う。現在は、goldie H.P.FRANCEのバイイングも手掛ける。



KEYWORD 1. エキゾチックレザー


江間 エキゾチックレザーは、クラス感を感じさせるクラシックスタイルに欠かせない素材です。今期は王道エレガントスタイルを演出するアイテムとして、多くのブランドから提案されています。今まではそこにカジュアル感を足していたけれど、RUPERT SANDERSONはエキゾチックレザーに加えてさらにビジューモチーフを足したり、NICO GIANIはワンハンドルのすごくクラシックなスタイルのバッグに仕上げたり、正統派スタイルでの提案が目立ちます。

斉所 NICO GIANIやMEHRY MUのバッグは型押し革なので、少しカジュアルに持てるから取り入れやすい。MEHRY MUは全てワンハンドルのコンパクトでクラシックな形が魅力です。
あと、今まではエキゾチックレザーと言えばヘビ柄が主流でしたが、今シーズンは本格的にクロコダイルが出ていますね。

江間 少しやり過ぎな程の高級感を出すことで、あえてギーク感を感じさせるのも今年流。レオパードのファーコートを着るのはなかなかハードルが高いので、小物でこういったクセのあるアイテムを投入するのはおすすめです。
 
 
 


KEYWORD 2. チェック


江間 バーバリーチェックのような、よりブリティッシュ感のあるチェックが主流。あとは、JAMIN PUECHやcollection PRIVĒE?からは千鳥格子も出ていますね。

斉所 メンズのコートやスーツを借りたような、テキスタイルやテーラリングが目立ちます。

江間 Faliero Sartiのように、チェックをパターンとしてグラフィックに拡大解釈したデザインも多い。メンズライクなアイテムなので、コーディネートのアクセントとして投入すると良いと思います。
 
 
 


KEYWORD 3. ブルー


江間 一言で「青」といっても様々ですが、今シーズンは特に華やかなロイヤルブルーや、高貴な雰囲気のあるサファイアブルー、ナイトブルーまで豊富なバリエーションが揃っています。

斉所 FLORIANは夜の森がテーマ。ブルーグラデーションで夜の静寂を表現しています。冬のブルーは少し新鮮な提案で面白いですね。 

江間 今シーズンはクラシックがトレンドなので、洋服は黒よりもブラウンやベージュなどベーシックな色味が多いですが、実はブラウン系にはブルーの相性が凄く良い。ネイビーを合わせると学生っぽくトラッドに、華やかなサファイアブルーを合わせると、トラッド感により女性らしさがプラスされる。黒に青を合わせるのも素敵だけれど、ブラウン×青の組み合わせは強さを抑えた上品な仕上がりになります。
 
 
 


KEYWORD 4. ホワイト

江間 夏の白が明るく涼しげなイメージなのに対して、冬の白は無機質でケミカル、少し攻めている感じがする。クラシックとは逆にモダンな雰囲気になるから、ここでも「外し」の白として使えそう。

斉所 今年はホワイトのトーンonトーンのコーディネートが気になっていました。白で遊ぶスタイルも定番になり、特に冬はウールやレザーなど素材が様々なので、テクスチャーの違いを楽しめるから嬉しい。多くのメーカーが多様な白を多様に表現しているので、いろいろな白で遊びたいです。

江間 クラシック一辺倒にならず白でモード感を高めると、かなりフレッシュに引き締まったスタイリングが完成しますね。
 
 


KEYWORD 5. メタル


斉所 素材で遊ぶのはアクセサリーも同じDANIELA DE MARCHIは「メタモルフォーゼ」をテーマに、メタルの質感が変貌していく様を表現。彼女は石をよく使うデザイナーですが、今回はあえてメタルワークにフィーチャー。MEDECINE DOUCEもラフなハンマー仕上げのコインパーツがデザインに組み込まれています。

江間 JAMIN PUECHからはゴールドが出ていますが、複数の素材でも同系色でまとめ、発色の違いを魅せています。あえて他の色を混ぜないで、ワントーンで表情の違いを楽しむのが今年流ですね。
ピアス DELPHINE CHARLOTTE PARMENTIER ¥16,000+TAX(9月中旬~末入荷予定)
 
 
 
 

TREND COORDINATE

 
クラシカルなサテンのロングワンピは、シャツカラーにフリンジでカジュアル感をプラスしたデザイン。
レオパードのショートブーツでモードな抜け感をプラス。
シックな素材と色に、トレンド小物でブラッシュアップ。

ピアス DELPHINE CHARLOTTE PARMENTIER ¥16,000+TAX(9月中旬~末入荷予定)
 
 
 
クロコダイルプリントのMEHRY MUのクラシカルなフォルムのバッグに、敢えてオーバーサイズのJANE CARRのマフラー、マスキュリンでボリュームのあるパンツを選びました。
こうすることでよりバッグの上品さが際立つようにしています。
 
 

主要取扱店舗


goldie H.P.FRANCE全店
H.P.FRANCE Boutique全店
theatre H.P.FRANCE全店
※店舗によって取扱のない商品もございます。直接店舗へお問い合わせください。