大自然から生まれる詩的で繊細なジュエリー


アレックス・モンローはイギリスの南東部にあるサフォーク州で、草原や川、多くの植物と生き物達に囲まれて育った。美術大学を卒業後、自然を題材とした美しく詩的で繊細なジュエリーを制作し始める。 以来、高いクオリティで日常使いの出来るジュエリー、そして個性的なジュエリーを作るという、彼の理想や理念は変わることがない。 どこへでもスケッチブックを持っていくという彼は、例えばスイスへの旅行中でも、サフォークの川沿いやトスカーナの丘を歩いている時でもデザインを思いつき、どこかに彼が生まれ育ったイギリスのエッセンスを感じさせるアイテムを作り上げる。
基本となるオリジナルピースは必ずアレックス本人の手作業により作り出される。作品はいつも彼らしく、時にユーモアがあり、時にかわいらしいく、そしていつでも女性らしさのあるデザイン。 今もなおロンドンのスタジオで、厳選された職人たちによって一つずつ手作りで制作される。

2008年にはUKジュエリー・アワードで、イギリスで最も活躍しているジュエリーデザイナーに与えられる「デザイナー・オブ・ザ・イヤー」を受賞。クオリティといつまでも変わらぬデザイン力の高さを評価された。

彼は言う。「僕はこれで、30年以上ジュエリーを作り続けていることになります。今までもずっとそうであったように、今でも楽しくて仕方がない。私は、私のジュエリーを好んでくれる人々が好きです。彼らは移り変わるトレンドやファッションの虜になっているのではなく、個性や、職人が生み出す細工に、重点を置いています。クオリティの高さが大切で、独特でちょっと変わったものが好きなのかもしれません。ロンドンブリッジにある僕たちのお店も好調で忙しく、新たなデザインアイデアも次々と頭に浮かんでいるよ。」


現在はロンドンのカンバーウェルに、妻デニスと3人の娘達と暮らし、休日はもっぱら、ガーデニングや庭の隅にある小屋で自転車を修理したりして過ごしているというアレックス。これからも私たちを楽しませてくれる唯一無二なジュエリーを届けてくれるだろう。