透明感ある輝きに灯る、温もりの光


Spiridonはナディム・スピリドンによって1989年に創設された、照明や家具のコレクションを展開するベルギーのブランド。エスニックとヨーロッパ、クラシックとコンテンポラリーなど、相反する二つの側面を併せ持つデザインが特徴で、様々なスタイルにマッチする幻想的な空間を創出している。

彼らは自分自身の創造的なアイデアを探し求めるために、数多くの旅に出る。旅先で出会う職人の手仕事の中には、時にユニークな発想を見出すことがある。その発想と鋭い感性が想像力を刺激し、彼らは新たな作品を生み出している。常に創造性と新たな文化に目を光らせ、アーティストや職人との出会いを通じてコレクションを進化させる。伝統的なクラフトマンシップと現代的なデザインを同時に提案する技術を備えているSpiridonは、今後も新たな挑戦をし続けるだろう。

透明感のある輝きが美しいこの照明の名前は、ヒマラヤ山脈の氷河のような透明感を感じたH.P.DECOのバイヤーが、「ヒマラヤランプ」と呼んでいたらそれが定着したとのこと。Spiridonの哲学には、再生素材から生産できる製品を開発するというものがある。この「ヒマラヤランプ」のガラスパーツも、エッジの効いた角度でカットしたリサイクルガラスで出来ている。ガラスの中には様々な傷や気泡などがあり、光を灯すとガラスが複雑に反射して美しい光が部屋中を満たす。更にひとつだけでなく複数並べると、よりドラマティックな美しい空間となる。また、光を灯していない昼間でも凛とした涼しさがあり、リサイクルガラスならではの温かみも感じられる。小ぶりなデザインの照明なので、玄関やウォークイン・クローゼット、階段の踊り場など、限られた空間の光の演出も効果的である。