身に付けるたびに表情を変える、IOSSELLIANIの象徴的リング


イタリアの金細工技法を受け継ぎ,伝統的アイコンと,時代性を汲み取った独自のスタイルを融合させたコンテンポラリージュエリーを作成しているジュエラー、IOSSELLIANI(イオッセリアーニ)。デザイナーはイタリア人のロベルタ・パオルッチとパオロ・ジャコメッリの男女2人組。彼らは公私ともに理想的なパートナーであり、2人の出会いにより1997年IOSSELLIANIはローマでスタートした。パオロは“ローマ最後の工房”と呼ばれた場所で伝統的金細工を学び、その技術を進化させた。ロベルタは時代を五感で感じ、トレンドを生み出す。確かな技術があるからこそ新しい挑戦に取り組み、伝統と革新を共存させることができるのだ。クラフトマンシップとイタリアの伝統的アイコン、時代性を汲み取った独自のスタイルを融合させ、世界中のジュエリーファンを魅了している。

復数のリングを重ねて着ける「スタックリング」はIOSSELLIANIを語る上では欠かせないアイテム。あるデザインは夜の砂漠から、またあるデザインはしたたる雫の水滴から。様々なインスピレーションから創られた異なるリングは、着け方によって表情を変え、新たな一面を見せてくれるだろう。