水金の文庫革は、古くから姫路で親しまれてきた皮革伝統工芸品。文庫革の革小物は、元は室町時代より発祥しています。
真っ白になめした牛革に型押しをし、一筆一筆彩色を施した後、真菰(まこも)という植物の粉をふりかけ古びをつけています。仕上げに漆で艶を出し完成するという、一点一点職人の手作業によって生まれる貴重なアイテムです。

水金地火木土天冥海では、この職人技の光る文庫革の美しさに惹かれ、現代のスタイルに合うようにとオリジナルの配色や水金らしいユニークなオリジナル柄でオーダーをかけたコレクションを取り扱っています。





大きく開いて見渡しやすい、がま口タイプのコインスペースが一番の特徴。小銭は勿論、お札やレシートも収納できるこのがま口部分は、用途に応じて便利にご活用いただけます。
12枚分のカードポケットや、背面に付いた大きなスリットポケットなど、整理しやすい工夫が詰まった収納力ナンバーワンのお財布です。
サイズ:19×10.5×2.5 (cm)
仕様:カード収納12、札入れ収納内ポケット3、がま口小銭入れ、外ポケット1
価格:カラー 27,000円+税 白 26,500円+税



すっきりと手に収まりの良い、スマートなフォルムの長財布。出来る限り金具を省くことで軽さを追求、なおかつファスナー付きのコインスペースに片マチを配し、収納力も確保されています。
かぶせにはスナップボタンが付いていますので、バッグの中で開いてしまう心配もありません。また、背面にはポケットが付いており、チケット類やレシートなどをさっと出し入れしていただけます。
サイズ:19.5×9.5×2.5 (cm)
仕様:カード収納12、札入れ収納内ポケット3、ファスナー付き小銭入れ、外ポケット1
価格:カラー 24,000円+税 白 23,500円+税



小さめのバッグやポケットにも入れられるスクエアな二つ折り財布です。パチンとしっかり留まるがま口タイプのコインスペースは、小銭がこぼれ落ちにくい立体的な「箱マチ」仕様がご好評を得ています。
荷物を減らしつつしっかりと機能も果たしてくれる、そんな日常使いのお財布をお探しの方におすすめです。
サイズ:12.5×10.5×2 (cm)
仕様:カード収納8、札入れポケット、がま口ボックス型小銭入れ(内ポケット付き)
価格:カラー 19,000円+税 白 18,500円+税


小銭入れに、キーケースに、名刺入れに、と人さまざまにご愛用いただいているマルチユースながま口です。すっきり薄手で曲線的なデザインが大人気のこちらは、蛇腹に開く間口と三つに分かれた収納スペースで使い勝手も抜群。
パーティバッグや和装の際には、小銭やクレジットカードを入れてミニマルなお財布代わりにも。
サイズ:13.5×9×1.5 (cm)
仕様:小銭収納ポケット2、カード収納ポケット1
価格:カラー 9,000円+税 白・黒 8,500円+税