私たちは皆ホォアナ この世に生まれたすべての女性へ
Mariana Cortes


Juana de Arco(ホォアナ・デ・アルコ)とはスペイン語でジャンヌダルクのこと。年齢という枠を超え、この世に生まれたすべての女性に捧げるブランドを作りたいと考えていたデザイナーのマリアナ・コルテス。敬愛する祖母と母の名、Juana(ホォアナ)をブランド名に思い描いていた矢先に、偶然にも舞台「ジャンヌダルク」を鑑賞。「todos somos Juana(私たちは皆ホォアナ)」 というコーラスと共に、ジャンヌが民衆を導く一幕を見て、運命のようにこのブランド名は決まる。女性を自らの解放や新しい発見、喜びに導くブランドになるようにという願いのもと、Juana de Arcoという姓を受け、マリアナの活動は始まった。

ヨガのある生活
マリアナは15年ほど前から、精神の緩和と体を整えるためにヨガを始めた。自己認識の手段であり生活を豊かにしてくれるヨガを通じて取り入れたライフスタイルをコンセプトにし、Juana de Arcoで表現している。
仕事の合間にヨガをして、そのまま一日を過ごせるような、実用的で可愛いタウンウエアが欲しいとデザインしたのがヨガライン誕生のきっかけ。Juana de Arcoのヨガウエアはそれだけのためのものではないが、使い勝手のよいディティールや一着ずつ異なった個性、選ぶ楽しみがあり、今ではたくさんのヨギーニ達に愛されている。

ランジェリーに込めたメッセージ
ランジェリーは素肌にのせる、ハートに一番近い「心のお洋服」。カラフルな装いの日もシックな日も、その日の気持ちを色にのせ、楽しく自由に自己表現ができる。女性には心豊かにチャーミングであってほしい。ランジェリーについているサブタイトル「VISTE TU INTERIOR−あなたの内面をドレスアップしましょう」には、そんな思いがこもっている。

Juana de Arcoのコレクションは いつも旅とともに始まる
16SSコレクションの「Juana Florida」では、アルゼンチンのビーチで写真を撮るため、フォトグラファーのGeo(ヘオ)と旅に出た。
また、マリアナにとって大切なヨガからインスピレーションを受けた「SALUDO AL SOL」(17SSコレクション)では、来日した際に日本の街並みを背景にビジュアルシューティングも行っている。コレクションの物語は、ウマワカ渓谷の七色に輝く山7色に輝く山からやって来た、明るく強い先住民の女性像を落とし込んだ「PONCH PUNCH」(17AWコレクション)へと続いている。