こうして満たされる


マルト・デムラン




アート


アートが無い環境では、私は生きていけません。アートが私の毎日に命を吹き込んでくれ、共存しているのです。アイディアが溢れていて、ポエティックでエネルギッシュな作品達に私は気が付かされ、満たされ自由になる。アートは私の魂にとって食べ物と一緒、食事ができなかったら私は消えてしまうのです。VIVE l’art!!! 好みでも苦手な作品でも、アーティスト達から生まれた作品が私に問いかけてくれて答えも教えてくれるので、彼らにはとても感謝しています。
 
 


私の人生はたくさんの色で彩られていて、人生ずっと色で遊ぶことが大好き。色は自分の生活において欠かせない存在です。子供の頃親に連れられて世界中を旅したことも影響しています。外国に行くと色んな色の組み合わせがあって、それを見るとたくさんのアイディアが浮かび、あらゆる色のアイディアが幼い頃にインプットされたと思います。また、私の母親がよく色で遊んでおり、ブルー、イエロー、オレンジ…それぞれの服にはそれぞれの異なったサングラスを着けるのです。こうしてたくさん色のアイディアを経験してきたからこそ、私は色が怖くないのです。すべての色が好きで、私にとって何色は何を表すとか特に意味は持たないのです。大事なのは色の組み合わせ。そしてこれからも色に挑みます、それが私の選んだ人生!
 
 


時々頭の中を洗い流す為に自然の中を散歩します。庭にいる時は、ガーデニング以外のことは何も考えません。そこにいる時、私はすべてを忘れることができるのです。都会に住んでいると頭をリフレッシュできる場所を探すのは難しかったです。今住むアヴィニヨンへ引っ越してきたのは、またちゃんと息をすることが大きな目的でした。20年パリで生活しましたが、ある日突然人生を変えたいと思い潔く引っ越しました。人間は時々立ち止まることが必要だと感じています。私達が必要なクロロフィル、美味しい空気、エネルギーはすべて植物や花が与えてくれます。
 
 

食卓


祖父と祖母は家族が毎日食べる食材を庭で育てており、二人はこの仕事に対してパッションを持っていました。これは地球にとって必要な考え方で、とても尊敬していますし二人のようになりたいと思っています。私は時々友人を招いて庭でも室内でもディナーをします。テーブルコーディネイトは、まずテーブルクロスから始めます。私がよく使うのは、Leo ATLaNTE(レオ・アトランテ)の特別素敵なクロス。布を敷いたらプレートを置いて、グラスや食器を並べていきます。コーディネイトを完成させる上で大切にしていることは、その日のゲストに合わせてストーリーを考えること。一つのストーリーを完成させるようにテーブルを完成させて、私のレシピや庭で採れた野菜や植物、食器のコレクションでゲストに「わぁ!素敵」と感動して欲しいのです。そしてテーブルに座った時に、ここが間違いなく私と夫のフランクの家だと感じてほしいです。
 
 

季節


私にとって「季節」はとても大事なインスピレーションです。野菜や魚など、旬の食材をベースにレシピを考えて、夏ならプレートに花も添えるようにしています。今は地球が大きなダメージを受けていて季節の変わり目がなくなっているから、ますます季節をリスペクトしなくてはならないと思っています。最近は、冬の間にイチゴを植えても収穫するのがとても難しくなってきました。私は季節を守りたいです。季節を意識的に取り入れると、人生がより愛おしくなり、毎日を大切に過ごすようになると信じています。

マルト・デムラン
Bazar et Garde-Manger バイヤー