ショップ

ブランド

アーカイブ

2019.07.21
PARISから届いた宝物たち
こんにちは。H.P.DECOのべーです。

久しぶりのBLOGとなりました。
先日見に行った高校野球のこと、人生初の断食に挑戦したことなど
書きたいことはいろいろありますが、今日は「宝物」について書こうかと。

お部屋をぐるりと見まわして、
「宝物」と呼べるものはいくつありますか?



私は自分の部屋のこの一角がお気に入りで
JOHN DERIAN(ジョン・デリアン)のデコパージュや
bazarで現在展開中のstory tiles(ストーリータイルズ)、
La soufflerie(ラ・スフルリー)のベースなど
宝物たちを集めて飾っています。

ここに花を飾ったり、キャンドルを焚いたりすると
心がふぅっと落ち着くんですよね。

他にも、家にはDECOとbazarで出会った宝物がいっぱい。
そしてそのうちの多くを占めているのが
Tsé&Tsé associées(ツェツェ・アソシエ)のアイテムです。



↑コレクションのほんの一部。まだまだたくさんあります◎




Tse&Tse associaaes(ツェツェ・アソシエ)
ツェツェ・アソシエのデザイナーのカトリーヌ・レヴィとシゴレーヌ・プレボワは
1992年に「ツェツェ・アソシエ」社を設立。
ブランドの代表作「四月の花器」や和紙を重ねたガーランドのような「キューブランプ」
「のどカラカラのグラス」など、数々のユニークな商品を生み出し、
パリを中心に世界で一躍人気のクリエイターになりました。



彼女たちのクリエイションは、デザイナーの2人がパリで日常的に出会う
さまざまな素材から膨らませたイメージや、旅先で得たインスピレーション、
そして、そこで見つけた「宝物」から発想されたユニークなものばかり。
数々のヒット作を生み出した今も尚、その想像力は留まることなく、
世界中の人々のインテリアへの好奇心を刺激し続けています。




思い返せば。
初めてのパリ旅行で自分へのお土産として選んだのも、ツェツェの雑貨。
そして日頃お店に立っていながら、
自分へのご褒美として買い足すのもツェツェの雑貨…笑

と、私の人生にとってもはやなくてなならないブランドとなっています。

いま狙っているのはこれ。



重たいものを入れてもヘッチャラな頑丈なつくり、
フランスらしい配色、さり気なくパリの地図が描かれている
のもお気に入りポイントです。


■パリジャンショッピングバッグ ¥5,500(+税)

色違いをすでに持っているのですが、あまりにも便利すぎて…!
これ一つで、仕事も旅行もどこでも行けてしまいます。

もう一つはこれ。


■レザーブレスレット ¥¥5,200(+税)

ニコちゃんがチャーミングに笑うレザーのブレスレット!: )
一つひとつ異なるレザーを使っているので、全て一点ものなのです◎

白やピンクの服を着ることが多い私は
肌馴染みのいい柔らかなベージュが好み。



色味が使いやすそうでいいなぁ♡

パンチの効いた服も古着も
なんでも着こなしてしまう金髪オスズサンはブラウンのレザーが似合いますね!







それから夏の食卓を彩るテーブルウェアもお勧めですよ。



ぐにゃりといびつに歪んだグラスやお皿は
「お腹ペコペコのボウル」「のどカラカラのカップ」
なんて、キュートなネーミングがつけられており、ツェツェの代名詞となっています。


■お腹ペコペコのボウル(プラチナ) ¥26,000(+税)


■のどカラカラのカップ(ゴールド) ¥4,000(+税)


生き物のように自由に歪んだ食器たちはとても楽しげで
「美女と野獣」のろうそくのルミエールが歌い、
お皿が自ら踊り出すあのシーンを彷彿とさせますね♪

さてさて、Tse&Tse associaaes(ツェツェ・アソシエ)のデザイナー
カトリーヌ・レヴィが「DORETTE」という
ジュエリーブランドを手がけているのはご存知でしたか?



DORETTE

パリの女性アーティスト、カトリーヌ・レヴィが手がけるジュエリー・ブランド、「DORETTE(ドレット)」
「ドレット」の物語はカトリーヌの幼少期まで遡ります。

靴デザイナーの父親とジュエリー好きの母親のもと、カトリーヌは身近なもので(さやいんげん、小石、
時にはウサギの糞を使って)自分だけのジュエリーを作ることを楽しんでいました。
パリの国立工芸学院で出会ったシゴレーヌ・プレボワと共に「ツェツェ・アソシエ」を立ち上げ、暮らしの
中にあるアイテムをデザインするようになっても、ジュエリーへの情熱はずっとカトリーヌの中であたため
られていました。

インドを旅行した際、道行く人が身に着けている、ありとあらゆるジュエリーの美しさに魅了され、インド
の技術とフランスの伝統を融合させたジュエリーのデザインを夢見るようになりました。
インドに出向き、自分の感覚で石を探して制作した初めてのジュエリーは、幼少のときのように自分自
身を楽しませるものであるだけでなく、すぐに周りの人々を惹きつけました。
幼少の頃からの情熱は、この時、「ドレット」というブランドとして結実したのです。
色と形に重きをおき、カトリーヌがセレクトした色とりどりの貴石は、ゴールドのリングの上に不規則に並
べられ、ひとつのハーモニーを醸し出します。
1 つとして同じものがない、「ドレット」のジュエリーは全てが 1 点だけのもの。
日常的に身に着けていても重くなく、首を引っ掻いたり、耳を引っ張ったりすることのないようデザイン
されており、「ツェツェ・アソシエ」のアイテムのデザインにも通ずる美意識が感じられます。
カトリーヌの遊び心と実用性を兼ね備えた、大人の為のジュエリーです。


H.P.DECOでは現在、DORETTEのジュエリーを販売中。
個性豊かな7点のジュエリーがお店に並んでいますよ。




石がくるくると回ったり、陶器の目が付いていたり
ツェツェの作品と同様、身につける人を楽しませてくれるところも
カトリーヌらしいこだわりを感じます。




そして!!!
8/1~8/18の期間中、「DORETTE」のトランクショーを開催いたします!

DORETTE TRUNK SHOW



ツェツェ・アソシエのデザイナー、カトリーヌ・レヴィによるジュエリーブランド、
DORETTE(ドレット)のトランクショーが5月31日(金)よりスタートします。
今回はリング以外にもピアスやブレスレットなどのバリエーションを増やし、
極彩色の石たちが自由に並ぶウィットに富んだ1点ものジュエリーが多数並びます。





カトリーヌの感性によって紡ぎだされるジュエリーたち…
今年はどんなデザインのものが届くのでしょうか?



世界にひとつしかない、とっておきのジュエリーはきっと宝物になりますね。

8/1(木)~8/18(日)の期間限定の特別なイベントです。
みなさま、スケジュール帳に書きこみましょう!笑
自分だけの、ちいさな宝物を見つけにぜひいらしてくださいね。


べー



【H.P.DECO 定休日のお知らせ】
この度、青参道エリアの一部店舗は、誠に勝手ながら2019年6月5日(水)より
毎週水曜日を定休日とさせていただく運びとなりました。

お客様にはご不便をおかけしますが、
何卒ご理解の程よろしくお願いいたします。

【店舗一覧】
H.P.DECO
Bazar et Garde-Manger
水金地火木土天冥海
JAMIN PUECH

・変更前:11:00-19:30 不定休
・変更後:11:00-19:30 水曜定休



H.P.DECO
〒150-0001
東京都渋谷区神宮前5-2-11
TEL:03-3406-0313
MAIL:hpdeco_contact@hpgrp.com 
OPEN:11:00-19:30 不定休(2019年6月5日より毎週水曜定休)


 


【通信販売について】
※当ブログに掲載している商品は通信販売を承ります。
お電話、メールにてお気軽にお問い合わせください。

【公式オンラインストア】




H.P.DECO ーアート感のある暮らし vol.001