ショップ

ブランド

アーカイブ

2019.07.01
何をしても勝てない?


私は10年以上前にニューヨークから田舎に引っ越しました。都会に住んでいた時、自然と共に田舎で暮らすことを夢見ていました。引っ越す前までは、運転免許証も持っておらず、街中を歩いて、必要な時に地下鉄かバスを使っていました。今、森の中に住んでいる私は、仕事のために毎日何時間も車を運転しているし、買い物をするためには車に乗らないと何も買えない。マンハッタンに住んでいた頃は、一ブロック歩けばすぐに何でも買えたのに。そう、私は自然の中にいます。先週、犬と散歩している時にクマに出会ってしまったの。本当!怖かった!
しかし、私はとても自然的に生きているわけではありません。トイレットペーパーを切らしたら、運転して買い足しに行く必要がある。運転中に偶然にも動物を殺してしまう場合もあります。NYに住んでいた時、直接生き物を殺してしまうことなんてなかった。しかし郊外に出てからは、リス、鳥、カメ、カエルなどしょっちゅう車で殺してしまっている。電車やバスを使う都会の暮らしは大規模な共同生活のようなもの。それは農村生活より環境にやさしい住み方なのであろうか? 都会と田舎にそれほど大きな違いはないのかも、と考え始めています。

I moved from NYC to the country more than 10 years ago. Before moving, I did not have a driver’s license. I walked everywhere in the city and took the subway or the bus when necessary. I can’t get over the irony that when I lived in the city, I dreamed of living in the country as being so much closer to nature, so natural but that now that I am here, I am driving hours upon hours every day for work and just to get groceries when I could just use my legs to get everywhere I needed before. Yes, I am in nature. I even encountered a bear (yes really) while on a walk with my dog last week (and it was really scary!). But I am not living very naturally. If I run out of toilet paper, I need to drive to get some. I am even accidentally killing animals while I drive. I am certain that I was never the direct cause of death for bird or mammal while living in the city and yet now, I am accidentally the direct cause of death for a squirrel, chipmunk, frog, bird, turtle way too often for my soul to bear. So is city living with public transportation and in essence, a large communal living situation more environmentally friendly than living very rurally? I’m starting to think that this day in age, there isn’t a lot of difference.

(文章:コンテンツクリエイター/キュレーター/ドッグトレーナー ハンナ・フシハラ・アーロン)