ショップ

ブランド

アーカイブ

2019.06.16
Minakusiさんのオーダーパーツ
トロントラプターズが優勝しました。

え、なんだって?NBAですよ。

なんばのラーマンが34歳だっていうもんで、

レブロンジェームスと同い年だね、って言いました。

だれですか?って言われまして驚きましたが、NBAのキングですよ。



おはようございます。たこ焼き好きで、NBA観戦大好きな小さいおじさんバイヤーです。



心はおじさんでも、やっぱり

魂のこもったものだけを身に付けたいんです。



Minakusi展 いよいよ水金本店で、今週末からです。

6月22日(土)ー7月7日(日)



1日数時間ほどのみ現れる神々しい光に満ちた雪高峰。

荒涼とした大地に点在するオアシスの村々に生きる

穏やかな人々との戯れ。

ネパール・ムスタン地方の旅から持ち帰ったインスピレーションから、

ごく自然に溢れ出る感性で仕上げたアクセサリーの新作とコレクションが並びます。




お好きなパーツを選び、作家と合わせるビーズやデザインをご相談くだされば

その場で作家がデザインのスケッチを仕上げます。

ネックレスやブレスレットなどあなただけのアクセサリーをお作りします。

オーダー会
6月22日(土)23日(日)6月29日(土)7月6日(土)7日(日)
13:00ー18:00 (17:00最終受付)

ご予約はこちらまで
03ー3406ー0888
suikin@hpgrp.com


オーダー会に出品されるオーダーパーツのご紹介です。

ネパールの旅より戻られたMinakusiさんが今回出逢ったもの。



Minakusiさんより


「今回ご紹介するうちのいくつかは、20年来のアフガン人の友人が

祖父の代に仕入れて温存していたパーツを譲り受けました。」




「美しい銀のボックス、無骨と繊細さが融合したもの、

イラン・バローチ族の素晴らしいパティナを纏うプリミティブな大きいビーズや、

かつて中国との交易により入手した「え?これが中国のもの?」と驚いたパーツなど、

興奮しながらセレクトさせてもらいました。

ネパールでは、

魔除け実ボクシカダを名工が美しく仕立てたものを入手。

古くから御守りとしてネパールの人々に根付くボクシカダの

最大の魅力を引き出す装飾に仕立て上げるのは、

現代の名工ならではだと思います。」





「それだけで絵になる、というような丁度いい大きさのアンティーク装身具ほど、

年々入手困難になっている中国民族のアンティーク装身具ですが、

今回は主役に相応しい格別なパーツを入手する事が出来ました!

「長命鎖」や「龍の御守り入れ」「鳳凰のバックル」「蝶とケシの花の三位一体(トリムルティ)」



着けるだけで楽しくなりそうな、お茶目なラッキーチャームの花文字「福」や聖獣プレート、

民族オリジナルネックレスは美しい金赤のホワイトハーツに独特なポイント使いがぐっときます。

ネパールでは、現代の名工による美しい手彫り細工・彫金に見惚れ...

両面に八吉祥紋様や龍が彫られたトップとチベット密教仏具の御守り入れ(gau)

長年絶大な信頼をおく主人の扱う手仕事だからこそ、見惚れたんだと思います。

ルビー、エメラルド、サファイアが埋め込まれた金鍍金のプレシャスビーズ、

山珊瑚ビーズなどのワンポイント・アイテムも未掲載のものを含め、充実しています。」


チベット色も感じるビビッドな色使いの装飾品が初登場ですね!

いただいたお便りからも、Minakusiの健さん英里さんの買い付けの旅での感動が伝わります〜




ここに水金のまゆころことスタッフHGSがいれば、

「なるほどなるほど」

「たしかにたしかに」


と、無駄に相槌重ねてきますね。完全に。



さて、上記のお写真以外にも、以前見たあのパーツ、とか

あの石、あのビーズでやっぱり作りたい!と思われるものがございましたら

お気軽にお問い合わせください。

ご用意いたします〜


>Minakusiさんのコレクションはこちらから<




◆通信販売のご案内◆
ブログでご紹介している品々は水金のオンラインショップから、
またお店から通信販売でもご購入可能です。
メールやお電話でお問合せ頂ければ、
ご希望をお伺いして素材感やサイズ感、色違いなど
スタッフよりご案内いたします。
またブログに掲載されていないその他の商品もございますので、
お気軽にお問合せくださいませ。
TEL 03-3406-0888
Mail  suikin@hpgrp.com

水金のインスタグラムはこちらから
水金の文庫革のインスタグラムはこちらから
ネコムラのインスタグラムはこちらから

水金のオンラインショップ 全ラインナップはこちらから


>水金の昔のブログはこちらから<