ショップ

ブランド

アーカイブ

2019.09.19
Lamp harajuku selection 秋冬支度-mina perhonen-
written by aya

昨日よりLamp harajukuがおくる、普遍的で皆様の生活に寄り添えるシリーズでおおくりしています

私たちのLampharajukuにはすばらしいアーティストの方がおり、日々伝えていくお仕事をさせていただいています

このブログから、少しでも皆様に伝わったらうれしいです



chocolat
price : 160.000yen+tax


fortune
price : 150.000yen+tax


moon dog
price : 180.000yen+tax

minä perhonen(ミナペルホネン)コート



丁寧な刺繍、光沢感のあるフロッキープリント
minä perhonenの服を着ると不思議と高揚感が湧き
外へ出掛けていきたくなるのでしょうか

デザイナー皆川明さんは言う
「服が日々の景色となるように。
その景色が着る人の記憶となるように。
そのことが服をつくる人の喜びになるように。
その喜びがものづくりへの情熱となり特別な日常の服となるように」
この言葉は、作り手の気持ちと、着る人の気持ちを表現しています

お店に並ぶ服は新品として並んでいますが、その新品は糸から生地を作る人がいて、布から縫う人がいて・・沢山の人たちの喜びが服という新しい形となっています
その喜びを着る人にも喜びと感じ特別な服と感じる

その服をみた作り手はまた喜びを得る

どちらも気持ちがいい「感情の循環」が大切と言っています

これから、冬支度が始まります
ぜひとも、minä perhonenの服を身にまとってみて下さい










price
one-piece : 48000yen+tax
pants : 27000+tax
bag : 48000yen+tax
shose : 23000yen+tax










price
blouse : 32000yen+tax
pants : 80000yen +tax
shose : 13800yen+tax














price
one-piece : 45000yen+tax
pants : 27000+tax
bag : 49000yen+tax
shose : 23000yen+tax



minä perhonen

1995年にデザイナー皆川 明により設立されたブランド。自然の情景や社会への眼差しからデザインを進め、
日本各地の生地産地との連携により生み出されるテキスタイルを特徴とする。
衣服に始まり、インテリアへとゆるやかにデザインの幅を広げながら、
時の経過と共に愛着の増すもの、日々に寄り添うものづくりを目指す。金沢21世紀美術館や東京スカイツリーなどのユニフォームデザインも手がける。





皆川さんとLampのでディレクターの秘話は先月のお話会でもご紹介されています

是非そちらも読んでみてください、きっと伝わります