ショップ

ブランド

アーカイブ

2020.09.07
Garcon Dress
大きな台風でした。

ドキドキしながら行く末を見守っておりましたが、皆様ご無事でしょうか?

東京では急に土砂降りとなったり、でも10分後には 真っ青な青空と強い日差しが戻ってきたり忙しい空模様。 

これはもうモンスーン。

本日熱帯諸国の旅マスターのMinakusiさんともお電話でお話ししましたが、もうインドより、バンコクより暑いよね!と



でも40℃近い日々からは脱出できたので、なんとなく、秋のファッションのことも考え始められるようになったからか、

今月に入ってから Tabrikさんの薄手の長袖のワンピースや、TOWAVASEさんの秋の新作など

とても好評いただいております。



こちらは TOWAVASEさんの新作。

パリ、モンパルナスのカフェのギャルソンをイメージしたドレス。



きりりと背筋もピンとしていて、誇りをもってサーブするパリのキャッフェ~のギャルソン、素敵ですよね。

初めてパリに行ったときに、いわゆるカフェの店員さん=ギャルソン は、アルバイトの若い女の子ではなく

ダンディなナイスミドルな男性が多いことに気づき

メニューとにらめっこして注文するまでに もたもたしてたら、

ギャルソンさんがすーっとあっちいっちゃってどぎまぎした覚えがあります。


たまにはああいう緊張感、いいですね。

お店の人と、お客さんと、同等!みたいな。


今年のTOWAVASEさんのコレクションのテーマは、 CAFE SOSIETY (カフェソサイエティ)ということで

社交の場だった1920年代ののキャフェのイメージ。



胸当ての部分は、TOWAVASEさんらしい、シルクのキルティング刺し子になっています。

きりりと、そして華やかです。


丈は後ろのほうが長くとられており



後ろは上から下までずっとボタンで留める




ベースの布地は薄いコットンなので透け感もあって、涼やかですよ。



ボタンの縫い糸は赤。ポイントとなっています。


先日ご紹介したSarasaシリーズは、即完売してしまいましたが

こちらのギャルソンドレスも最後の1点です。

お値段は 68,000円+税


うちのスタッフKodyも気に入って先週からもう着ています。

パンツと重ね着してとてもかっこよかったです。

ぜひ~




パリッと腰に巻き付けたギャルソンエプロンもかっこいいですよね。

こちらはまたパリに行ける日はやってくるのかしら~


こちらピンクの縦結びエプロンの猫村さんに囲まれてお昼寝中 意表を突かれたクインさんです。



猫村さんが添い寝だなんて、羨ましい限り~

おパリの夢でも見てねぇ



◆通信販売のご案内◆
ブログでご紹介している品々は水金のオンラインショップから、
またお店から通信販売でもご購入可能です。
メールやお電話でお問合せ頂ければ、
ご希望をお伺いして素材感やサイズ感、色違いなど
スタッフよりご案内いたします。
またブログに掲載されていないその他の商品もございますので、
お気軽にお問合せくださいませ。
TEL 03-3406-0888
Mail  suikin@hpgrp.com

水金のインスタグラムはこちらから
水金の文庫革のインスタグラムはこちらから
ネコムラのインスタグラムはこちらから

水金のオンラインショップ 全ラインナップはこちらから


>水金の昔のブログはこちらから<