ショップ

ブランド

アーカイブ

2019.05.17
eb.a.gos の 物語
こんにちは、
Usagi pour toi福岡店よりaiです。



福岡は夏の気配をはっきりと感じる気温になってまいりました。
みなさま、いかがお過ごしですか。

小物から夏支度を始める方も増えるこの時期
eb.a.gosをご覧になるお客様との出会いも度々。


今日はeb.a.gosが初めての方にも
既に虜になっていらっしゃる方にも

思いを馳せて頂きたい、eb.a.gosのストーリーをご紹介します。


最後には福岡店でのイベントのお知らせもございます!
お見逃しなく!



eb.a.gos




BAG (eb.a.gos) 56,000+tax
BOOK 「EB.A.GOS バッグ ヲ ツクル」エバゴス 8,000+tax


1997年にデザイナー、ソガベ・ミカによって始まった「eb.a.gos」。
ファッションの世界で様々な物づくりを経て、バッグにたどり着きました。

SOGABEを逆に読んでEBAGOS。

EBAGOSの中にはBAGが隠れているのですが、
お気づきでしょうか。
それを知ってから私も「eb.a.gos」と書くのが楽しくなってしまいました。




左奥  BAG (eb.a.gos) 68,000+tax
右手前 BAG (eb.a.gos) 62,000+tax


無類のカゴ好きで、バッグを作る上でさらに極めたいと思い始めたソガベさんは
カゴを編む人を探し、知人の紹介で
籐工芸のパイオニア、カゴ作家のオザワさんと出会いました。
そして彼女のアトリエを訪れた際、紅籐と出会います。

少し赤茶色で無骨な太い幹。その耐久性に強く惹かれ、
紅籐でバッグを作りたい、と交渉したのですが、
熱帯雨林のジャングルにしか生息せず、小さな舟で一本ずつ採取する希少さにゆえに
オザワさんは反対。

それでも紅籐が忘れられず、何度も説得を重ね、
ようやく思いが実り、紅籐によるバッグ作りがスタート。


時は流れ、

今では「カゴといえばeb.a.gos」という存在に。


1年に2回テーマを決めて発表する新作コレクションは
日常や旅からインスパイアされながらも、感情に委ね、ユーモアを加えて
毎シーズン特別なものが生まれています。




左手前 BAG (eb.a.gos) 87,000+tax
右奥  BAG (eb.a.gos) 73,000+tax





BAG (eb.a.gos) 55,000+tax


お馴染みのブライドルレザーシリーズから新作コレクションまで、
思わず触れたくなる魅力がたくさん詰まっているところも
eb.a.gosの魅力です。








小さな小さなロゴや、ひとつひとつに付いている鏡も
eb.a.gosならではのこだわりです。

是非、お手にとって隅々までご覧ください。
たくさんの発見がありますよ。





【 福岡店よりお知らせ 】


5月24日(金)25日(土)26日(日)の3日間、

三菱地所グループカードでお支払いのお客様に限り
お引き落とし時に 10%OFF させて頂くイベントを開催します!


まだご入会でないお客様も、その日にご入会であれば
10%OFF相当のショッピングチケットをプレゼント!

これからの季節をもっと楽しくするお洋服や小物が10%OFFでお買い求め頂ける
とてもお買い得なイベントです。



スタッフ一同、お待ちしております。





福岡エリア 中途説明会開催

福岡エリア アッシュ・ペー・フランスのお店でのお仕事にご興味ある方へ
中途採用説明会を開催します!
好きを極める”スペシャリスト”として、ファッション、ジュエリー、インテリア、アートなどに興味ある方、
異業種からの転職、Uターン・Iターン就職も大歓迎です。
詳細は下記URLよりご覧ください。
https://recruit.hpfrance.com/part_time/fukuoka-3/