ショップ

ブランド

アーカイブ

2020.12.21
VIDA+ 1年のご褒美に自分好みの時計を。
みなさまこんにちは。

drama日本橋店です。

本日は31日までイベント開催中のVIDA+のご紹介。

腕時計って、日常的に身につけるものだからこそ、こだわりたいものの1つ。
本日は時計の選び方のポイントをご紹介して参ります!

時計を選ぶときのポイントって、人それぞれいろいろあると思うのですが、
VIDA+の時計をご覧頂く際に注目していただきたいポイントの一つが、フェイス。
それぞれのシリーズ、こだわりが詰まっている部分なのです。

そんなこだわりのフェイス部分にフォーカスしながら、VIDA+の時計をご紹介して参ります◎



・202-0030/¥26,400

Inheritシリーズです。

アメリカンクラシックモデルのこちら、
通称「角金」と呼ばれるモデルをベースに構築されています。



Inheritで注目したいのはなんといってもアラビア数字。
一からデザインされたアラビア数字に、こだわりが詰まった1点です。

フェイスのカーブに合わせて数字もセッティングされているので、インデックスがポロリと取れる心配も無いです◎





アメリカンクラシックなこちらのデザインは、敢えてゴールドのジュエリーと合わせて
ラグジュアリーでクラシカルな雰囲気を楽しんでいただきたいです!

ブラックの革ベルトとゴールドのジュエリーがしっかりとマッチするコーディネートです。





・202-0032/¥26,400

続いてはCasketシリーズ。

Casketとは小箱や宝石箱という意味。
その名のとおり、ジュエリーボックスをイメージしています。




こちらは幅10mmの小さなフェイスが特徴です。

小さなフェイスでも時間をしっかりと確認出来るよう、
長さの違うインデックスが施されていたり、青焼き針になっていたり。
機能性もしっかりと兼ね揃えた、人気のシリーズです。





そしてジュエリーボックスのイメージとあって、
12の位置にダイヤモンドがきらりと輝きます。

時間を確認するたび、きらりと輝くダイヤモンドに心も躍ります。




Casketの華奢なシリーズは、hirondelleのリングと合わせてとことんフェミニンに。
華やかな手元に目を奪われます。



・202-0019/¥17,600


続いてはRectangularのシリーズです。




こちらはインデックスがドットとピラミット型になっているクラシカルな雰囲気のシリーズ。

ブラックのフェイスにゴールドの針がきらりと輝きます。




ジュエリーはstudioSOILの重厚感のあるリングを合わせています。

しなやかなメタルプレスはアクセサリーのような感覚で着用できます◎


VIDA+の時計はいかがでしたか。
フェイスに注目してみると、ひとつひとつのこだわりがより引き立っておもしろいですよ。

ぜひ店頭でもご覧になってみてくださいね。

drama日本橋店では店頭より通信販売も承っております。
詳細はリンクよりどうぞ。

《通信販売についてはこちらから》


《drama日本橋店のインスタグラムはこちら》