ショップ

ブランド

アーカイブ

2019.10.29
【BIJOUXディレクターコラム】長く続けると繋がること


10月、台風19号の被害に遭われた皆様にお見舞い申し上げます。
早く日常に戻り、穏やかな環境になられますことをお祈りしております。



パリから戻ったのは10月2日。夏のように暑くて、湿気のある10月スタートでした。
帰国直後に近くのバーに行くとオーナーが「この静けさ・・。誰も来ないんだけど、これって増税の影響?」と。翌日頭があまりに疲れていてヘッドスパに行ったところ「だいぶ静かです。もしかして・・」と。なんだか、急激な変化にお店をやっている人たちが「これってもしや・・」という感覚でスタートした、そんなで出しの10月でした・・。皆様いかがでしょうか。BIJOUXはアート月間とメンテナンス。



画家の田中麻記子さん。私が10年以上前に丸の内の店長だったとき、田中さんの展示をしたことがありました。すごくかわいい方だったというのと、そのときから作品のファンが多くて作品もインパクトがあり印象に残っています。
2013年に文化庁の研修員として渡仏され、今ではパリ郊外でご自身の創作活動に加えピエール・エルメ・ジャポンとのお仕事や、資生堂花椿とのコラボなどでもご活躍。表参道と日比谷でご紹介する機会をいただきました。




作品全体に漂うノスタルジー、女性の描く魅力的な女性像、大胆さとユーモア。そんなところがとても好きです。私はこの絵を買いました。自分の心の中に眠っていたフェミニンな部分が香りとともに漂いそうな、そんな気持ちがしたので。Odeur Rose、「ピンクの香り」という絵。BIJOUXの展示のために描いてくださった新作。10月末まで表参道で展示中です。



そして、メンテナンスはREDLINE糸のメンテナンスを丸の内店で承りしています。
お直し期間は長くかかりますが、せっかくお気に入りのジュエリーを選んでくださっているので、お手入れしながら大切に使っていただけたらと思います。新しい年、春を新しくなったREDLINEと一緒に迎えていただけたらなと思います。



ジュエリーは、手のひらに収まるくらいの小さなものたちばかり。だからこそ、多様な変化や環境に適応できる。
それってとても女性的な柔軟性なように思います。
10年前に出会った田中さんが、アーティスト活動をされ年々活躍されていること、その間私もずっとBIJOUXをやっていたことで、また40代に再会してお仕事が一緒にできたことがうれしく、そして続けることの尊さを田中さんから感じさせていただきました。
災害や変化する社会環境の中で、自分がどうあるべきか、考えることは多いけれど、変わらずに続けること。



クリエイターたちもこの会社と20年以上の縁の方も多いので、終わりのない活動の中で自分を探して、なにかを創り出す。そんな繰り返しに自分の身を置くことの強さに共感しています。これからも皆様と一緒に宝物を探していきたいと思います。



私のBIJOUX!BIJOUX! COCOがジュエリーへ望んだこと。





先日CHANELのMadomoiselle Prive展に行きました。
ココにとって重要としていた、白・黒・ベージュ・赤・ゴールドの部屋にわかれていて、クチュール・ハイジュエリー・香水などが美しくプレゼンテーションされていて素敵でした。
“ジュエリーが女性の指に、柔らかなリボンのように結ばれる。これが私の望み。”
1932年にこの言葉を残して、リボンのジュエリーがつくられたと言います。富の象徴や、ダイヤモンドの大きさ、誇示や契約的な宝石の役割ではなく、本当に女性が楽しむためのジュエリーを提案し、それを望んだココ。今でもシャネルはジュエリーをつくるときにこの言葉を大切にしているといわれます。ココの女性たちへのやさしいメッセージ。ジュエリーをやっていてよかった・・。と共感しました。そしてリボンのリングがほしくなり、思わずCHANELのホームページで見てしまったのでした。おいそれとは買えないけど、いつか買える女性になりたいと思います。その時似合えるのかどうかわかりませんが・・。



■H.P.FRANCE BIJOUX 各店BLOGを見る
■makiko tanaka-ARTMATTERS BIJOUX表参道店- 展示詳細を見る