ショップ

ブランド

アーカイブ

2019.07.04
D-due Who Coming soon !
Hola!
明日"D-due WHO"コレクションの新作が店頭に揃います!

D-due WHOはこの春夏コレクションから新たに登場したカプセルコレクション。
”WHO”という名前の通り、D-dueのブランドを物語るさまざまなイラストが詰まった一目でD-dueの洋服だ!と分かっていただけるようなシリーズです。

毎度おなじみ、フライングでご紹介します!
このオリジナルプリントを1着で楽しめるドレスをどうぞ。

D-due Who

Dress 66,000yen+tax
Shoes 56,000yen+tax


ご紹介したいこだわりが詰まっていてどこからお伝えしようか迷います!

まずは今回のプリントをズーム!
ベースのプリントは変わらず、デザイナーの2人やガリシアにまつわるモチーフや食べ物などD-dueにとって欠かせないイラストがたっぷり。


今回の新作では、秋冬コレクション”Rain soul”を込めてベースのプリントの上に雨粒をイメージしたドットを、さらにその中に小さなドットで”D-DUE”のアルファベットが描かれています。
プリントにさらにプリントを重ねる。
D-dueのオリジナルプリント好きの方にはたまらない贅沢プリントの登場です。

とろっとした落ち感と光沢のある秋冬らしいエレガントな印象のレーヨン素材がベース。
フロントはウエストにリボンが通ったブラウジング出来るデザインになっています。


D-dueといえば相反する要素を組み合わせた2面性のあるデザインが得意。
まず素材の2面性です。
首元と袖口のモヘアのニットは重ね着しているのではなく、切り替えられていてこれでひとつのドレスなのです。
光沢のあるエレガントな要素のある素材に、ざっくりと編まれたモヘアニットの組み合わせ。

そして、前後で印象の変わるデザインの2面性。
フロントからそのままウエストにリボンが通っているのかと思いきや、バックスタイルはまったく違ったデザインに。
タックとギャザーの切り替えが2段入れられて、フロントのエレガントなイメージにフェミニンな印象も残します。




そしてさらに、バックスタイルはコットンのガーゼのような優しい素材で前後でベースの素材にも変化をつけているのです。
伝わりますでしょうか。




最後に肩に縫いこまれた細やかなグリーンのラインです。



オリジナルプリントに2面性を感じられるデザインやこだわりのディテール、これ1着でD-dueとはどんなブランドか?そんな自己紹介が完成する贅沢が詰まったドレスをトップバッターでご紹介いたしました!
明日からたくさんの方にお楽しみいただけたらうれしいです!!

By Miki



D-due WHO
7.5 fri. Start


D-due WHO










2019年7月13日(土)~14日(日) 11:00~19:30


東京・青山通りと表参道をつなぐ‘青参道’の11店舗にて、古きよきディープなインドから、ネクストジェネレーションやインターナショナルな‘今のインド’カルチャーを発信するお祭りイベント「70%INDIA!」を開催します。インドのファッション、食、カルチャーを、見て触って体験して学べる熱い2日間。お誘い合わせの上、是非お越しください。



D-due H.P.FRANCEではインドでお祈りやお供えに欠かせない花輪をモチーフに、マリーゴールドを使用したフラワーリースのワークショップを開催。
D-due H.P.FRANCEでのフラワーワークショップが恒例となっているfleuriste PETITaPETIT(https://petit-fleuriste.com/)の新井順子先生を講師に迎え、スペイン・ガリシアの空間でフレンチテイストを織り交ぜた、まさに70%INDIA!リース作りを実施。
7月13日(土) ①13:00~14:00 ②15:00~16:00
■参加費: 5,500円
■定員: 各回6名
※ご予約はddue_hpf@hpgrp.comまたは03-3409-0627までご連絡をお願いいたします。





Instagram、Facebookも更新中。
是非フォロー下さい。


装苑OnlineにてBlog連載中です。
http://soen.tokyo/blog/imai/


メールマガジン配信ご希望の方はお名前をご記入の上、こちらよりご連絡くださいませ。