ショップ

ブランド

アーカイブ

2019.03.07
D-due SPRING SUMMER 2019「Festival Day-Romeria-」
Hola!
早起きをして教会へお祈り(MISA-ミサ-)へ行って、聖母カルメンの像を船に乗せて進行(PROCESION-プロセシオン-)をして...
丁度お腹が空いてきたころです。
レジャーシートを広げて次から次へと料理が運ばれてきました。
「いただきます!」と響く村中の声...
(D-due2019年春夏コレクション「Festival Day」の世界の中を妄想中)

さて、いきなり始まりましたが、皆様もうご存知の通り明日からコレクション第3弾、お食事のシーンを表現した "ROMERIA-ロメリア-" が店頭に並びます!!!






店頭に並ぶのは明日からですが、私を含め待ちきれない方のためにフライングをお楽しみください!
ロメリアのご紹介1着目はこの子だと勝手に思っていました。
今年の春夏コレクションのメインキャラクター、ピメント君。

D-due Pimiento

Top 44,000yen+tax
Pants 38,000yen+tax

スペイン語では、名前やモノを可愛く響かせるために〇〇ito(ティート)、〇〇ita(ティータ)と最後につけます。
日本語で言う〇〇くん、〇〇ちゃんです。
なのでD-due H.P.FRANCEの中ではこのキャラクターのことをピメンティートと呼んでおります。
お魚と海老を握り締めて...アイロニー満載です。


ベースに使われているこのブルーグリーンの色。
アルフレドさんによるとこちらはガリシアの海の色をイメージして選ばれた色らしいです。
使われているのはMISA のピンクでお馴染みのベロア素材。
コットンに麻を一緒に織られた今までになかった新感覚のベロアだとチャロさんも興奮気味に話してくれたことを思い出します。
でも、着ると分かります。
このサラッとした着心地のよさとあっさりした肌触り。
一度着ると癖になりそうです。


ベロアの正装のイメージを覆すかのように入れたスポーティーな印象の肩の三本線。
皮肉の意味も込められていますが、実はこの三本船ガリシアの旗をイメージして入れたそうです。
自然と「へ~」っと相槌を挟んでしまいました。


ですがこのキャラクター、もっと前から店頭にいるような気がします。
今コレクションのメインキャラクターを飾るだけあって前コレクションのタグに載っていました!


食材が食材を握り締めて歩くこのシュールさ、D-dueならではで笑みがこぼれます。
是非ピメンティートに会いにいらしてください!

Hasta Pronto!
By Saya

D-due SPRING SUMMER 2019
"Festival Day -Romeria-"
3.8 fri. Start








D-due LAB SPRING SUMMER 2019







Instagram、Facebookも更新中。
是非フォロー下さい。


装苑OnlineにてBlog連載中です。
http://soen.tokyo/blog/imai/


メールマガジン配信ご希望の方はお名前をご記入の上、こちらよりご連絡くださいませ。