ショップ

ブランド

アーカイブ

2020.07.14
D-dueのタイムトラベル
Hola!
すこしだけ過ごしやすい気温に戻った週のはじまり。
みなさま、いかがお過ごしでしょうか。
猛暑突入前に着ておきたいお洋服を焦って楽しめるチャンスですね!
雨が降ったり止んだり、すこしだけ肌寒く感じる本日のような日にぴったりの幻アイテムのご紹介です。


Hoodie 49,000yen→24,500yen+tax
Dress 53,000yen→26,500yen+tax

この可愛い可愛いタグを見て「あの時の!!」と、ぴんときた方もいらっしゃるでしょうか。
2018年春夏コレクションから登場していたパーカーです。


D-dueが想像した6つの架空の島をテーマにしたコレクションでした。
「無人島に行くなら何を持っていく?」という会話からコレクションが生まれたそうで、
その持って行きたいものもD-dueの2人らしく「エターナルサマー -永遠に終わらない夏-」や「Childhood ice cream-子供時代のアイスクリーム-」・・などなど。
それぞれの島にテーマと夢を詰め込んだ、夏のハッピームード全開のコレクションでした!


はぁ、このコレクションのことを思い出すだけで可愛くて熱くなってきました。笑
D-dueのお洋服は本当にひとつひとつが作品で、流行や時代に流されないなぁとまた実感しています。
年を経ても変わらない、むしろ愛おしさが増していくような魅力!!
(過去のコレクションのブックもお店でご覧いただけるのでタイムトラベルしたい方は是非!)

熱い気持ちにさせてくれたパーカーのご紹介に戻ります。
沈んでいく陽の光をイメージして”サンセットオレンジ”と名づけられた鮮やかなテキスタイルは、島の冒険ということで弱撥水の素材が用いられているので雨の日にもおすすめなのです。
こうやってアーカイブを振り返ってみても弱撥水加工を施したアイテムが数多く登場してきたD-dueのコレクション。
日本の梅雨にもありがたやです。




マウンテンパーカーのようなシャカシャカとしたスポーティーな素材をベースに、首もとの麻紐のリボンや袖口の優しい色合いのリネン素材など、自然に溶け込むような素材の組み合わせがとってもD-dueらしいです。

しっかりと包み込んでくれるようなフードの形もきゅーと!



ワンピースの上からすっぽりと被って雨の日の冒険をお楽しみ下さい!


本日合わせたのは”D-due WHO”のワンピース。
D-due WHOは昨年2019年春夏に生まれたコレクションなので、とっても新鮮で個人的に熱い組み合わせになりました。
当時はD-dueとガリシアが詰め込まれたこんなに愛おしいテキスタイルが生まれることになるなんて想像もしていませんでした!だっていつでもそのときどきのコレクションで大満足ですもの!

きっとD-dueはこれからもわたしたちの想像を超え続けてくれるので、今年(これまで)ゲットした大好きなアイテムに、来年、再来年と出会うアイテムを組み合わせて想像もしていなかったような熱いコーディネートが出来上がっていくのでしょう。
ずっとずっとD-dueについていきます!!!


By Miki



【短縮営業・定休日のお知らせ】

短縮営業:7月1日(水)~7月31日(金)12:00-19:30
定休日:毎週水曜日

引き続き、新型コロナウィルスの感染拡大防止に充分配慮し、お客様とスタッフの安心安全を守るため、下記の衛生管理体制を徹底した上での営業に尽力して参ります。
ご来店の際はこちらをご確認の上、ご来店いただきますようお願い申し上げます。
一部店舗の営業再開のお知らせと、お客様とスタッフの安心安全を守るための取り組み

今後もD-due H.P.FRANCEをどうぞよろしくお願いいたします。











Instagram、Facebookも更新中。
是非フォロー下さい。



装苑OnlineにてBlog連載中です。
http://soen.tokyo/blog/imai/


メールマガジン配信ご希望の方はお名前をご記入の上、こちらよりご連絡くださいませ。