ショップ

ブランド

アーカイブ

2020.10.06
キタハマのblog pt.10
こんにちは。H.P.DECOのディスプレイを担当しているキタハマです。


くどいようですが、 『TO KO SIE』 是非ご覧ください。

『 TO KO SIE - Living 』


さて、先日Lamp harajukuの2階にリニューアルオープンしたLe Monde de Nathalieの内装を担当いたしました。
地下のフロアに「瞑想部屋」を作ってから早2年、3日間の改装の様子をお伝えしたいと思います。


初めに本家本元の写真から。
キタハマが2019年にナタリー・レテのアトリエを訪れた時に撮った写真です。











インスタレーションアートのような、圧倒的に雰囲気のある空間。
夢中で何枚も写真を撮りました。













圧倒的なオブジェの数と情報量の多さに、
半ば肉眼で見ることを諦めたとも言えます(笑)













社長が手にしているアートタイルはH.P.DECOでも販売中です。
この機会にぜひご覧ください。



ショールームは夜に訪れたのですが、
照明を抑えたとても落ち着く空間でした。












今回のリニューアルでは、このショールームの凝縮された世界観を参考に、
「ナタリー・レテの家のような空間」という表参道店のコンセプトを引き継ぎました。


ここからがやっと改装の様子です。
改装前のLamp harajuku2階の写真。





1日目に壁紙を貼り替えることにしました。
Lampの象徴とも言えるこの壁紙を
セルフで貼り替えるのは緊張しましたし、実際かなり時間がかかりました。。








2日目
ジャンルが多岐に渡るナタリー・レテのクリエイションを伝えるために、
空間をリビング、ダイニング、ベッドルームなどのテーマに分けて
緩やかに仕切ることにしました。

ベッドを仕切るR壁のアイデアは、ナタリー・レテのショールームを参考にしましたが、
今回のリニューアルは(も)予算が限られているため、骨組みから全て自分で作るという暴挙に出たのでした。





一度DECOで組み立て → 分割して搬入 → 再び組み立て。





いや、大変でした。
こちらが骨の状態。この状態も好きなので、ベニヤを貼るのが少し勿体無くもありましたが、
貼るのは3日目、






遠目には分かりづらいですが、さりげなく木目柄をかけています。
ハレーションを起こしそうな赤みのあるグレーと緑がかったグレーの色合わせは、
ナタリーの壁紙の色味からヒントを得ました。


木目柄はオリジナルで製作をしています。社内では「キタハマの壁」と呼ばれています。


お金を使えば必ず良いものが出来るかと言えば、そうとも限りません。
むしろ制約があるからこそ、面白いアイデアが生まれたりします。
社長は「貧乏理論」と呼んでいます。





このタイルもその一つ。今回のために60枚製作しましたが、陶器ではありません。
でも美しいですよね(自画自賛)





アンティークのテーブルに合わせて、棚を製作。
タイルを貼って、キッチン風のスペースを窓辺に作りました。
ここにキッチン系の商材を並べます。



4日目
ディスプレイ&仕上げ。







この日、本当は撤収しているはずでしたが(苦笑)
ディスプレイの様子を見つつ、壁の仕上げや照明設置など、
結局最後まで見届けました。



5日目(オープン初日)



















結果、光の変化を楽しみながら1日過ごしたくなるような、
心地よい空間に仕上がりました。

是非お立ち寄りください。
それではまた。


キタハマ



H.P.DECO


東京都渋谷区神宮前5-2-11
TEL 03-3406-0313
MAIL hpdeco_contact@hpgrp.com 
OPEN 12:00-19:30 毎週水曜定休
WEB http://www.hpdeco.com/
ONLINE SHOP https://www.hpfrance.com/shop/deco
 
 

 
【通信販売について】
当ブログに掲載している商品は通信販売を承ります。
商品に関して気になるものが--ございましたら、店舗へのお電話、メールなどでお気軽にお問い合わせください。
※通信販売でのお支払いはヤマトコレクト、またはお振込の2種類ございます。
 
【公式通販サイトへのお問い合わせについて】
店舗では公式通販サイトでのご注文に関するお問い合わせは承れませんので、
公式通販サイトのご利用に関するお問い合わせは下記フォームからお願いいたします。
▼問い合わせフォーム