ショップ

ブランド

アーカイブ

2020.11.08
In Blueの中でも好きだったシーズン
Hola!
In Blueコレクションの懐かしいアイテムが久しぶりにずらっと店頭に並んでいます。
ネイビーとホワイトのみに色を絞って制作されるIn Blueコレクションとはいえ、2色の可能性の高さに驚くほど毎シーズン異なるイメージのお洋服たちが発表されます。
毎シーズン素敵なのですが、シーズン問わず店頭に並んでいる様子を見ると
「あぁ、このシーズンのIn Blueのデザインが好きだったなぁ」なんてえこ贔屓したくなる気持ちもあったり。
私は2019年春夏コレクションが大好きです!




Dress 56,000yen+tax→Special price
Shoes 42,000yen+tax

白地にネイビーのピンストライプ柄のコットン素材で仕立てたアイテムが多く登場しておりました。
別のデザインのワンピースを持っており、お気に入り中のお気に入りなのですが、この機会にこちらも欲しくなっていることをご報告します。




ストンとしたシルエットですが、ブラウスとスカートのセットアップ風のロングワンピースは上下を組み合わせた内側を開くと、
スカート部分の生地に細かくギャザーが手繰り寄せられています。
なので、ブラウス風の部分から下のスカート部分にドレープが生まれ、しっかりスカート風の演出がされているのです。
D-dueのお洋服つくりにぬかりなし。




もちろん、毎度毎度ありがとうと言いたいポケットの存在。
こちらもぬかりなし。

ところで、腕に何をずっと持っているのかと思いますよね。




Coat 59,000yen+tax→Special price

季節的にもワンピース1枚ではなくアウターも欲しいなと考えていたら相性の良い1着を見つけてしまいました。
こちらはドイツの芸術学校「バウハウス」をテーマに制作されたコレクションから"D-dueがバウハウスの学生服を作ったら"というコンセプトのIn Blueアイテムです。




カクカクとした建築的な裾の段差が特徴的なデザインです。
直線のイメージがインテリジェンスな雰囲気を醸し出しています。
ぬかりないポケットはと言うと。




ペンにノートにとたくさんの教材を持ち歩く学生さんを思って大きなポケットが付けられていました。
"D-dueがバウハウスの学生服を作ったら"
学生さんたちの持ち物や行動パターンを考えてデザインされていることで、D-dueも妄想壁だよねと図々しく「私も一緒一緒」と思っていました。




ワンピースとの相性の良さを感じたのは首もと。
コートのVネックからワンピースのリボンがちょうど良く出てくれるのです。
シーズンを越えて組み合わせを楽しんでいただけるのはD-dueのどのお洋服にも共通していますが、
こちらの2枚はセットで考えられたのではないかと疑うほどです。


By Nanae




D-due In Blue Special 10 Days
2020.11.6.fri-11.15.sun




【11月の営業時間・定休日のお知らせ】

営業時間:12:00-19:30
定休日:毎週水曜日

引き続き、新型コロナウィルスの感染拡大防止に充分配慮し、お客様とスタッフの安心安全を守るため、下記の衛生管理体制を徹底した上での営業に尽力して参ります。
ご来店の際はこちらをご確認の上、ご来店いただきますようお願い申し上げます。
お客様とスタッフの安心安全を守るための取り組み

今後もD-due H.P.FRANCEをどうぞよろしくお願いいたします。












Instagram、Facebookも更新中。
是非フォロー下さい。



装苑OnlineにてBlog連載中です。
http://soen.tokyo/blog/imai/


メールマガジン配信ご希望の方はお名前をご記入の上、こちらよりご連絡くださいませ。