ショップ

ブランド

アーカイブ

2019.07.27
8月は凄いです!minä perhonenがLamp harajukuに・・・
written by osanai


minä perhonen

早く早く皆様にお伝えしたかった事が沢山あります

大変、光栄でありハッピーであり楽しみでしかないイベントばかりです

今月発行したばかりのH.P.F THE PAPERはご覧になりましたでしょうか?

まだご覧になっていない方にも、なんとなく読んだけど、なんとなくですと困りますので
ここでもう一度文章を載せます

Lamp harajukuディレクター矢野悦子からの手紙です
毎回言いますが、矢野の綴る言葉が好きです
綺麗な言葉ながらに、柔らかさがあり感情が滲み出ている

minä perhonenのデザイナー皆川さんと矢野の始まりのお話です
いい話です


『1996、友人に招かれた食事会で、初めてminä perhonen(ミナペルホネン/当時minä)のデザイナー皆川明さん、
アシスタントの長江さんと出逢いました。この時すでに雑誌に掲載されたminä perhonenのワンピースに一目惚れしていた私は、
挨拶もほどほどにぜひ店でお取り扱いをしたいと名刺を渡しました。
間も無く、当時私がバイイングを担当していた店へ皆川さんに来ていただき、お取り扱いが決定。
それから1年も経たないうちにminä perhonenは様々な場所や雑誌で見かけるようになり、瞬く間に人気ブランドになっていました。
2000年春、私は原宿の路面店の責任者となり、お店のコンセプトや内装を考えられるチャンスを会社からいただきました。
それが今の「Lamp harajuku(ランプハラジュク)」の場所です。
しかし引き継いだ当時の店はTシャツやジーンズをメインで扱い、内装もカジュアル。
私の理想とかけ離れたこの店に皆川さんに来ていただいた時、
これから創るお店にはminä perhonenがどうしても必要だと自分の想いをただ伝えるだけでしたが、
彼は初めて出逢った時と同じように色々質問することもなく「矢野(当時米山)さんが創る世界観だったらきっと素敵なお店になると思うから」
と言って下さりました。
イメージが湧かないという理由でお断りされたブランドもあった中、皆川さんに承諾いただけなかったら、今のLamp harajukuは
存在しないと断言できます。
そのため今でも当時のことを想い出すと感謝の気持ちが溢れ、胸がいっぱいになります。
彼は私自身を見てくださっていたのです。
まだまだ拙く、本当に頼りない私であったと思うのに…
minä perhonenがこれほどまでに人に愛されるのは、
彼のこうした姿勢に皆憧れや希望を抱くからだと思います。
出逢いは一目惚れしたワンピースでしたが、
minä perhonenの創り出す世界観、哲学、毎シーズン与えてくださる新たな気づきに洋服の奥深さを益々思い知ります。
身につけて可愛く素敵なのはもちろん、
それ以上に高揚感を得られ、気持ちに豊かさを憶えることができます。
洋服やブランドに対してこんなに愛おしいと思える、思わせてくれるブランドに出逢えたことは
非常に尊いことです。
いつも皆川さんや長江さん、田中さん、南部さん、展示会のたびにスタッフ総出でおもてなしをしてくださる
minä perhonenの皆様のお顔が服を通じて想い出されるのです。
ファッションは水のように流れていくものではありますが、
minä perhonenは普遍的な価値を感じさせてくれ、いつも側に寄り添いながら特別な日常を過ごさせてくれます。
2019年秋冬も変わらず、皆様の心に
残るコレクションの数々をぜひお楽しみ頂けますように。』






Lamp harajukuオープン当初から19年ずっとお取り扱いをしているminä perhonenに溢れた8月をもうすぐ迎えます




1・『minä perhonen 1F ウインドウインスタレーション』
 2019年秋冬コレクションをイメージした展示をして頂きます
 ※8月1日~31日迄

2・『minä perhonenアーカイヴ展』
 minä perhonenアーカイヴのお洋服たちがLamp harajukuに並びます。
 買い逃していたお洋服たちに出会えるかもしれません!
 ※プチ情報!矢野がminä perhonenに一目惚れをしたテキスタイルのお洋服も入ります、レア過ぎます


minä perhonen



3・『minä perhonen2019年秋冬コレクションご予約会』
 minä perhonen2019年秋冬コレクションの9月,10月に届くコートやワンピース、冬小物等の
 ご予約会を行います!
 ※8月22日〜8月31日迄 オーダー会はどなたでも参加できます


photograph: Takashi Okano

4・『minä perhonenデザイナー皆川明さんのおはなし会』
  ※minä perhonenと長年親交のある矢野が聞き手となり、皆川さんのおはなしを伺います。
  応募は終了しました!ご予約ありがとうございました。


お伝えしたいことがありすぎで文章が沢山になってしまいました

明日からは8月1日から販売スタートするアーカイヴのお洋服たちをご紹介して行きます!
毎日更新しますのでお見逃しなく!



minä perhonen
1995年、デザイナー皆川 明によりファッションブランド「ミナ(2003年よりミナ ペルホネン)」が設立される。社会への考察や自然への詩情から図案を描き、織りやプリント、刺繍などのテキスタイルをオリジナルにデザインしている。2006年「毎日ファッション大賞」大賞を受賞。近年は家具やうつわなどの生活デザイン、青森県立美術館、東京スカイツリーRのユニフォームのデザインも手がける。2009年10月オランダAudax Textielmuseum Tilburgにてデザイン展、2010年9月東京・青山のスパイラルガーデンにて展覧会「進行中」を開催。