ショップ

ブランド

アーカイブ

2019.07.02
7月1日からはフランスから届いたインテリアのご提案と、夏に合うPOPなお財布も
written by osanai







キラキラしています

7月1日から始まった1Fウインドウは「tse&tse associees(ツェツェ・アソシエ)」です

今年で27年目になるツェツェ・アソシエ
代表作の「四月の花器」はご存知でしょうか
試験管がいくつも連なったデザインの花瓶です

おしゃれなお花屋さんで買って飾らないでも、
庭に生えているたんぽぽだったり、どくだみだったりを入れるだけでも
本当に美しくなります

いや、水を入れているだけでも可愛いです

ツェツェ・アソシエの作品はどれも、私たちの固くなった頭を柔らかくしてくれます

お皿が曲がっていたり、コップの外側がプラチナカラーに塗られていたり
霜の花をイメージした丸い照明だったり

そんなツェツェ・アソシエの作品をLamp harajukuセレクションでみなさまにご提案させて頂きます





そして2階imagination room
展示タイトル
「私は私の好きな色でできている」
金谷裕子
2019年7月1日(月)-7月31日(水)

カラフルにペイントしたボードのインスタレーションを行います。
ドローイング作品なども数点展示予定です。
また、透明ウォレットなど夏らしいビニール素材のアイテムを販売いたします。
虹色の小さなお座敷でお待ちしています。




こんなPOPでハッピーなimagination roomを見たのははじめてです
金谷さん、こんな店内にいたら梅雨のゆううつに打ち勝てます!

販売も行っていて、お財布とバッグが入荷しています!

ビニール素材なので夏というより梅雨の豪雨の時に持ち運べますね
とくに自転車通勤の方におすすめです!

ざっとした説明になりましたが、どちらもぜひ見に来てほしいです
2つの展示は7月31日までLamp harajukuにて行っています


ご来店お待ちしています





tse&tse associees
フランス人のデザイナーカトリーヌ・レヴィとシゴレーヌ・プレボワはパリの国立工芸学院で出会いブランドをスタート。代表作の4月の花器はポンピドゥ・センターの永久定番商品とされ、クリエイティブな新鮮さを失わない普及の名作となっている。独特でハッピーなネーミングがついたコレクションたちは、使いやすく愛着がわいてくるのが魅力。
クリエイションのインスピレーションとなるのは、ヨーロッパ各地やアフリカ、とりわけ日本やインド、トルコなどの旅先や、2人がパリで日常的に出会うさまざまな素材から膨らませた想像。