ショップ

ブランド

アーカイブ

2020.06.19
【H.P.DECO】PARIS出張レポート part.6
こんにちは。H.P.DECOのディスプレイを担当しているキタハマです。

最近は雑誌の部屋取材を受けているDECOスタッフも多く、
人の部屋を見る機会が増えて楽しいです。
キタハマも人生で初めて取材を受けました。『I'm home』さんで、7月に掲載いただく予定です。



エアコンを消したい、、





撮影となると強制的に片付けが捗って良かったですが、
この時はもう一方の部屋にしわ寄せが来て、一時見せられない状態に、、笑
最近はこのローテーブルの上に吊るす小ぶりな照明を探しています。



なのでDECOに出勤するとつい脳内でシュミレーションをしてしまいます。
ギヤマンガラスのこの照明は合いそう。。





玉虫色のガラスが灯りを点けていなくても美しい照明です。
点けていなくてもといえば、こちらの照明もずっと気になっている存在。



空間の色がまとまってくると、次はちょっと違和感を加えたくなります。
この辺りでシノワズリなモノを足すのも良いですね。
ちなみにシェードは完全遮光性のため、照明としての役割はほぼ果たしません。笑
もはや壺を買う感覚ですね。和洋折衷なインテリアも大好きです。

先日入荷したばかりのこちらの照明はDECO初入荷。



デザイナーはパトリック・エベスク。
天然の木の形や反りを生かしたデザインがたまらなくカッコ良い。





照明以外にも、こんなモノまで作れる人です。何だと思いますか?



実はペッパーミルなんです。
手で持つものなので使い込むごとに味わいが増していき、経年変化が楽しめそう。

照明に戻って、こちらはDECOでは定番ですが、本当にいつまでも色褪せないデザイン。



7月下旬頃、再入荷の予定があります。入ったタイミングでまたお知らせしますね。

ちなみに将来大きな家に越したらこれが欲しいです。



ジュエリーの様にリングの連なったデザイン。
アッシュ・ペーが好きな方は、インテリアもアクセサリーも同じ目線で選べる方が多いんじゃないでしょうか。
まさにホームアクセサリー。

7月以降まだまだシャンデリアやテーブルランプの入荷も控えているので、
あー迷う。でもインテリアは迷う時間が一番楽しいですね。
「出張レポート」ではなくなってしまいましたが、、また書きます。
それではまた。

キタハマ