Loading...

ショップ

ブランド

アーカイブ

2021.03.06
自分を高めるもの by SR
自分高めるもの 順番にスタッフみんなでブログを書いてきましたが

とうとう私の番がきました。

高めるもの・・
あれもでしょ、これもでしょ と意外とたくさんあるなぁと思ったら
なんか幸せな気持ちになりました。

幸せな気持ちになる といえば
最近は少し暖かくなって庭の植物たちも少し元気になってきました。









右側の植物は御近所のおばさま(当店の隠れ庭師)がプレゼントしてくれたもの。
白いお花が咲くそうです。

急なギフトというのは嬉しいですね。
みんなで白いお花がきちんと咲くように育てていきたいと思います。


さて、私の自分を高めるもの 

色々ある中で、 ひとつは陶器です。

お気に入りの陶器で食事をすると美味しさ満足感も倍増です。





陶器は、小さな頃から好きだったような気もするし、

何故か将来おばあさんになったら陶芸をしようと決めていました。

なぜおばあさんになってからなのかは自分でもよくわからないですが

土を練って形にして焼き上げてお皿などの作品になって・・という工程を何かで見て

憧れたのだと思います。余生を陶芸と共に・・と小学生の頃の夢を思い出しました。




食器はもちろん陶器オブジェも大好物なのですが、

Bazar et Garde-Mangerでは、入荷した時から私をときめかす

フランス人作家 ジュリーの作品。

7年ほど前、最初に手に入れたのは陶器ではないけれど、珊瑚をモチーフにした立体作品も
今でも大事にいつも見える場所に飾っています。




彼女の代表的な作品はヴィンテージのお皿を大事にそして丁寧に手でカットしたもの。

ブローチやネックレスに再構築されたヴィンテージのお皿たちは

陶器ならではのツヤ感と柄が
お皿の時と違って見せる表情がたまらん・・・

毎回ドキドキさせられ、気に入ったものが手に入る時があれば逃さず集めています。





さて、そんな私を高めてくれるもの ジュリーの作品が届きました。

うなりました。

えぇ、、それはもう私だけではなくスタッフみんなで素敵~、欲しい~の黄色(?)い声。







壁一面の彼女のコレクションが並びました。










古い道具を使って真摯に作り続ける技術はもちろん、ユニークさも持ち合わせているところが

遊びがあって楽しいジュリーの作品。



少し経ったら、マイコレクションにまた加わることになるでしょう。

それも楽しみでなりません。

ジュリー作品、ぜひぜひ皆様にもご覧いただきたいです。

手にしたらデザインもそうですが、細部までの美しい手仕事をご覧ください。

唸りたくなるかもしれません!


SR*

≪追伸≫

H.P.DECOと当店Bazar et Garde-Manger PRESS朝野のが担当する連載でマルトのことを書いております。
楽しい記事となっておりますのでぜひご覧いただけたら嬉しいです。

「H.P.DECOプレスの‟私のすきなもの」