ショップ

ブランド

アーカイブ

2020.09.29
-思想- 私たちが出来ること
こんにちは、Iwasakiです。


本日配信のIGTVはご覧いただけましたでしょうか?


「神戸にいるということ」というIGTVのタイトルは
アッシュペーブチックで配信している
会員制のメ―ルマガジンからつけています。
※どなたでもご登録いただけますので、ぜひ!


メールマガジンの中に5つお話があり
スタッフがそれぞれ思うままに綴っています。
まず今回はKishidaが担当している【思想】のお話です。



アッシュぺーブチックでは
持続可能な暮らしをしていく為の取り組みを始めています。

その中のひとつに環境の問題があります。
アッシュペーブチックでは3つ行っていることがあります。

・捨てるものを出来るだけ減らすために
 ショップバッグを紙袋から繰り返しお使いいただけるコットンバッグに変えました
 お持ちの方はお店にいらっしゃる際、ぜひお持ちください。

・ビニール製の梱包材を約8割廃止し、紙の梱包材で包装しています
 できるだけ紙で梱包させて頂き、梱包材も再生紙ものを使用しています。
 ご了承いただいた方へは再利用紙を使用させていただくこともあります。

・アッシュペーブチックのスタッフは、マイボトル持参をしています
 以前はペットボトルを買うこともありましたが自分たちが出来ることから始めるという事で 
 お気に入りのマイボトルとお茶を持参しています。

その他にも出来ることを見つけて取り組んでいこうとしています。
今行っていることで劇的に何かが変わるという事ではないのかもしれません。
ただ小さなことからでも自分たちで出来ることをするという行動が大切なのではないかと思います。


アッシュペーフランスでお取り扱いをしているクリエイターたちは
持続可能な暮らしをし、またそれを作品で表現しています。

そのなかの一人でもあるLa soufflerie。



職人が手吹きで作っているガラス、
そして石膏のアートを制作しています。
彼らが使うガラスは再生ガラスとクリアガラスを使用しています。

彼らの暮らしの中にはいつも自分たちの作品であるガラスの食器や
花器、そして保存瓶があります。




コルクは天然のものを使用しているので、通気性がよく
より自然の状態に近く保存ができます。蓋を開けるときの
触り心地もいいです。

ガラスの蓋も手吹きで作られており、お気に入りの
食器の蓋にして使いたいですね。
サイズが合うものにかぽっとはめてください。




そして、彼らのお気に入り、友人の家にワインを入れて
持って行く際に使用するという容器は、このまま飲み物を冷やすのにも
いいですね。





人の手が感じられ、長く、そして大切に使えるものを
身の回りに置く暮らしはきっと心地よいものになることと思います。

持続可能な暮らし方とは環境の事だけではなく、様々な取り組みが
今必要だと言われています。
ADGs(エス・ディー・ジーズ)という世界を変えるための17の目標には
環境、教育、ジェンダー平等に関して、または教育やエネルギーの事
などさまざまな目標項目があります。

興味を持つきっかけに、またはなにか取り組みをするきっかけに
なれば嬉しいです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
アッシュペーブチックではご自宅で過ごす時間にもお買い物を楽しんで
いただけるように「アッシュペーブチックカタログ」@boutique_kobe_catalogue
という新しいinstagramのページを開設いたしました。
ぜひご覧ください。
着用しているお洋服やアクセサリーもご覧いただけます。








掲載商品につきましてはinstagram「メッセージ」より、お問合せ頂けます。
メールやお電話でもお気軽にお問合せください。

アッシュペーブチックのメールマガジンでは
「神戸にいるということ」をテーマにスタッフの思いを
不定期で綴ります。(※無料)



メールマガジンはこちらから





ブログに掲載している商品は全て通信販売ができますのでお気軽にご連絡ください。

アッシュペーブチック
〒650-0024
兵庫県神戸市中央区海岸通3-1-5
海岸ビルヂング1F
PHONE: 078-332-2327
E-MAIL: boutique_kaigan@hpgrp.com
instagram: @boutique_kobe