Loading...

ショップ

ブランド

アーカイブ

2022.06.15
destination NEWS LETTER Vol.3 / STYLING BOOK

destination Tokyo BLOGをご覧いただきありがとうございます。

2022 SPRING SUMMER
DESTINATION STAFFによるオススメの
EARLY SUMMER STYLEをご紹介いたします。



EARLY SUMMER STYLE


𝙇𝙊𝙊𝙆 𝟭



TOP:EBONY Film Flower Camisole
INNER:TRAMANDO TRAINING トップス
PANTS:Maison MIHARA YASUHIRO シフト サイド コンバイン パンツ
BAG:JACQUE LE CORRE LISBON MEDIUM バッグ

- Model 164cm -




EBONYの特徴でもあるテキスタイルをふんだんに活かし、
ふんわりと立体感のあるシルエットで存在感のあるトップスです。
程よい光沢感が目を惹く一着。

インナーにはTRAMANDOのスリーブレストップスと重ね着。



Maison MIHARA YASUHIROのスウェットパンツには
ヒールと合わせて大人カジュアルスタイルに。



さらにコーディネートと引き上げてくれる
JACQUE LE CORREのバッグはシルバーのMIDIUMサイズをチョイス。




𝙇𝙊𝙊𝙆 𝟮



TOP:TRAMANDO LEY Tシャツ
PANTS:KA WA KEY DECONSTRUCTED MARBLE プリント バギー ジーンズ
SHOES:GROUNDS JEWELRY MAZE
NECKLACE:IOSSELIANI CLASSIC COLLECTION Catena ネックレス

- Model 169cm -





マルチカラーのボーダートップスに
ラバープリントを施したTRAMANDOらしい一着。
カジュアルさもありながら、
ラバープリントによるユニークさがポイントに◎



KA WA KEYのオリジナルグラフィックは存在感抜群。
ベルトループ、ベルト部分が独立したような
新鮮で斬新なデザインに仕上がっています。

レングスが長めのパンツには、
GROUNDSのシューズがおすすめです。





𝙇𝙊𝙊𝙆 𝟯





DRESS:VLADIMIR KARALEEV ADIS ドレス
BAG:JAMIN PUECH TOTEM バッグ 47,300 yen (tax inc.)
SANDAL:CHIE MIHARA WARIサンダル

- Model 169cm -



早く夏を迎えたくなるVLADIMIR KARALEEVのワンピース。
ストライプ柄でシルエットも綺麗に見せてくれます。
ベージュの異素材との切り替えによりメリハリがあり、
前後で印象の変わるデザインに仕上がっています。



バッグにはJAMIN PUECHの細やかな装飾がポイントとなったラフィアバッグ。
コーディネートのポイントになる主役級の小物は
何かと役に立つアイテムです。



CHIE MIHARAのフラットサンダルは
定評のある履き心地で、品のあるデザイン。
これからの季節に活躍するのではないでしょうか。






掲載しております商品は、destination Tokyo店頭
H.P.FRANCE ONLINEにてお取り扱いいたしております。

皆様のご来店を心よりお待ちいたしております。


-取り扱い店舗-

destinationTokyo
住所:東京都新宿区新宿3-38-1 LUMINEEST B2F
OPEN 11:00 CLOSE 21:00
TEL:03-3350-5027
MAIL:destination_tokyo@hpgrp.com

instagram


follow us @destination_tokyo

LINE公式アカウント
destination Tokyo
最新情報やイベント情報などをお届け。
チャットにてお問い合わせにもご対応いたします。
ぜひLINEお友だち登録をお願いいたします。

公式アカウントのQRコードはこちら