Loading...

ショップ

ブランド

アーカイブ

2021.10.15
【オンラインショップ】いくつになっても好きなもの、いくつあっても欲しいもの

10月も半ばですが、まだまだ半袖が欠かせない天候が続いていますね。

朝晩の冷えが気持ち好いと感じられる今くらいが一番好きだなぁと思いつつ、冷え性&極度の寒がりなので肌寒い夜に引っ張り出した厚手の布団で寝ていたら、寝汗が酷くて風邪をひきそうになる、という本末転倒な日を過ごしております。

季節の変わり目が一番体調を崩しやすいですからね、油断をしないように気を付けようと思います。皆様もご留意くださいね。



さて、タイトルに挙げました「いくつになっても好きなもの、いくつあっても欲しいもの」、皆様は何を思い浮かべますか??


お洋服、スニーカー、腕時計、食器、本、コスメ、アート作品・・・そしてジュエリー。


人それぞれの答えが沢山あるかと思いますが、「似たの前持ってなかったっけ?」とか、誰に何を言われても好きなものがあるのってすごく素敵なことだと思って生きております。

歳を重ねていくにつれ、その対象に注ぐ情熱が他のコトやモノに替わったり、気付けば薄れていくことも多々あるかと思いますが、何となく、本当に何となくの体感値として「H.P.FRANCEが好きなひと」って、その情熱が絶えない人が多い様な気がしています。
(よく考えたらH.P.FRANCEでご紹介している商品やブランドって、つい集めたくなるものばかりですしね・・・)


今日掲載しました特集は、まさにジュエリーにそんな想いを持っているスタッフに焦点を当てて、これから何度かご紹介していこうと思っています。


↓↓ こちらからご覧いただけます ↓↓

特集:“彼女” のJewelry Box #1|CAROLINA BUCCI



今回ご紹介したのは、H.P.FRANCE BIJOUXでご紹介しているブランドの中でも、お取扱い当初から変わらない人気を誇る、ミサンガブレスレット等を擁するCAROLINA BUCCI(キャロリーナ・ブッチ)。


自分が20代後半でH.P.FRANCEに転職し、小さなころから「石が好き」というところからジュエリーが好きだった私が、初めて魅了された「地金の美しさを味わう」ジュエリー。

そこから早10年弱。
お陰様で私もどっぷりハマり込んで、毎日何かしら身に着けているし、まだまだ欲しいものが尽きず・・・。沼ハマり歴・10年。(あっという間に15年20年になるんだろうなぁ・・・)


既にジュエリーが好きな方は勿論、これまでジュエリーに縁が無くて「折角買うなら永く愛用できるものが欲しくて」と辿り着かれる方、「いくつになっても着け続けて欲しいから」とギフトに選ばれる男性の方、色んな方と店頭に居た頃お話をさせていただいたのですが、共通して言えるのは


「甘い、可愛らしいものはちょっと苦手かも・・・」

「でも、ハードな感じのテイストともイメージは違っていて・・・」

「シンプル過ぎるものはちょっと子供っぽくて好みじゃないの・・・」

「そして、「知る人ぞ知る」くらいの感じが良いんです」



といったニーズを密かにお持ちの方に、しっかり刺さっておりました。



特に、シンプルイズベスト派の皆様に支持されているのはこちら。


リング ¥28,600 (税込)


リング ¥28,600 (税込)

幅 約2mmのシンプルなリングは、重ね着けもシンプルにひとつだけでも使えるので、一番「2色とも欲しい!」と仰る方が多いアイテム。

SWEET PEAのシンプルなバンドリングや、GICLATの木漏れ日月の道シリーズと重ねてみたりしても、また違った表情が楽しめて良さそうです。



リング ¥64,900 (税込)


リング ¥64,900 (税込)

上の細いほうのリングとコンビネーションで着けるスタッフも多い、幅が約4mmのタイプ。

こちらは正面から見たときの輝きや存在感と対照的な、ぴったりと指を揃えても気にならないほど厚みを控えめにしているところが、初めてのジュエリーとして選ばれる方からも「着けやすい!」と喜ばれるポイント。

存在感があるもの=着けていて気になってしまいそう、というイメージを払拭してくれるので、何だかんだリングを増やしていく方が多かった様に記憶しています・・・(笑)


よく、「このツブツブキラキラって、取れちゃうんですか?」と質問をいただくのですが、このフロレンティーヌ仕上げは、地金を細かく細かく毛羽立たせるように叩いて加工されており、上からツブツブをくっつけているものでは無い為、砂みたいなキラキラがポロポロ取れることはありません。リングは特に経年変化が楽しめる仕上がりとなっており、手を動かした際の摩擦を何年も何年も受けることで、荒れた大地が踏み均されていくように、しっとりと落ち着いた質感・輝きに変化していきます。一種の貫禄とでも言いましょうか、すごく素敵に「育った」リングを拝見したときはちょっと感動しました。




リングだとお仕事やライフスタイル上、毎日着けることが出来ない方に重宝されているピアスがこちら。


ピアス ¥41,800 (税込)


ピアス ¥41,800 (税込)

直径約7mm、半球状で前に飛び出すぎないシンプルなピアスは、私もホワイトゴールドのほうを長らく愛用しているのですが、これ本当に便利です。

目立ちすぎないサイズ感と輝きが、ネックレスやリングなど、他の部分にインパクトのあるジュエリーを着けているときにいい仕事をしてくれるんですよ・・・。
あと、CAROLINA BUCCIのピアスはキャッチがしっっっかりカチッと留まってくれるので、無くしそうだ・・・と不安にならないところも、ズボラな私には有難いポイントでした。


お仕事上、派手なピアスは禁止!とされている方からも喜んでいただくことが多かったので、就職のお祝いに・・・など、贈り物としてもおススメです。


ピアス ¥74,800 (税込)


ピアス ¥74,800 (税込)

こちらは直径1cmと、存在感しっかりめタイプ。

特集でも、ジュエリーボックスを見つめる“彼女”が着けているのもこのサイズです。

ヘアスタイル次第で雰囲気が変わって見えるこのサイズは、パールを選ぶことの多いお祝いの席にも着けられる存在感&品の良さが他には無いポイント。

特別なときも、何気ないときも着けられるので、私も「いつ買おうか・・・」とタイミングを見計らい中です。



ピアス ¥83,600 (税込)


ピアス ¥83,600 (税込)

目下、ここ最近で一番人気が高いように感じているのはこちらのフープピアス。

カチッと留めるとひとつながりなので、マスクにキャッチが引っ掛かってしまう等のストレスがありません。

コマの大き目なチェーンを用いたジュエリーが流行していますが、喜平チェーンのような格好良さ・ゴツさは無いので、カジュアルになり過ぎないところもエイジレスに楽しめる秘訣。





CAROLINA BUCCIのジュエリーが男性の方からの支持も高い理由の一つとして考えられるのが、デザイナーのキャロリーナ自身の好みが割と男性的だからでは?と、個人的な見解。


スイスのラグジュアリーウォッチブランド「AUDEMARS PIGUET(オーデマ・ピゲ)」と、2016年よりコラボレーションアイテムを発表しているCAROLINA BUCCI。

イタリア人のキャロリーナ自身がNY滞在中に街で素敵な腕時計をしている女性を見かけ、それがAUDEMARS PIGUETの「ロイヤルオーク」だったことがきっかけのひとつだったそう。

元々女性的なデザインではなく、男性的なデザインを好んで着けていたキャロリーナが「見た瞬間に恋に落ちる強い第一印象を持ちながら、身につけているうちに、時計そのものの良さがわかるようにしたかった」と、彼女の代名詞とも言えるフロレンティーヌ仕上げをロイヤルオークに取り入れて生まれたのがこちら。


もはや芸術品レベルの存在感(と価格)

3年ほど前でしょうか(もっと前だったかも)、六本木でAUDEMARS PIGUET展が開催されたときに、こちらも展示されていたそうですね。一目見てみたかった・・・!!


フロレンティーヌ仕上げがふんだんに。これは何年もかけて味わい深くなっていくと「家宝」と呼べるでしょう。間違いなく。


このスペシャルなロイヤルオークから見ても分かるように、絶妙な直線と曲線のバランスに加え、細かな「いい仕事」が垣間見えるところが男性ウケの良さに繋がっている理由のひとつでは?と勝手に分析。
LIA DI GREGORIOも然り、ですね。この2ブランドは確実に「センス良いな」と女性に思わせることが出来る、と確信しております。




最後に、ひとつだけちょっと気を付けていただきたい点をお伝えしますね。

CAROLINA BUCCIのピアスはどの形状であっても、ほんの少しポスト部分(耳に通す部分)が太めです。
(フープピアスについては構造上、少し縦長で、気持ち板状です)

普段からフックピアスや重さのあるピアスなど、様々なデザインのピアスを着用されている方は何ら気にならない程度なのですが、私ピアスホールが小さめかも、という自覚のある方や、これまで「ポストが太くて入らないものがあった」という方は、普段お着けになっているピアスと店頭で比較してみても良いかもしれません。(衛生上、ご試着は致しかねますのでご了承ください・・・)

ギフトでお考え中の方や、ちょっと気になる方は、BIJOUX各店舗へお気軽にご相談されると安心してご検討いただけるかと思います。

イタリアのジュエリーは割とポストがしっかりめかな、と記憶しているので、すぐ曲がってしまったり折れてしまう様なことが少ないというメリットはあるのですが、お怪我をされない事が一番大事なのでちょっとだけご注意喚起してみました。


あ、でも本当に普段色んなピアスを着けて楽しめている方はナーバスになり過ぎなくても大丈夫だと思いますので、沢山の方のジュエリーボックスにCAROLINA BUCCIのジュエリーが仲間入りしたらいいなぁ。と思っている次第です。



次回の「 “彼女” のJewelry Box 」は10/29(金)掲載予定です💛

こちらも是非お楽しみに・・・!

それでは、今週はこの辺で。
素敵な週末をお過ごしください♡

>過去のグリコブログはこちらから<
↑↑ まとめリンク先が変わりました! ↑↑

******************************************************************

【オンラインショップ担当】グリコ



メイクアップアドバイザーを養成する学校を卒業したものの紆余曲折ありまして、皆様ご存知夢の国→写真現像会社→通信業界を経てH.P.FRANCEに辿り着いた、異業種からの転職組。
宝石商だった伯母の影響により幼い頃からジュエリー好き。H.P.FRANCE BIJOUXで過ごした7年でヨーロッパのクリエイションにどっぷりハマり、立派なジュエリージャンキーに育つ。2019年より「好きなものを伝える」角度を変えてWEB担当に。光るものと美味しいものが大好きです。実は、節目ジュエリーを先日購入。来週ご紹介する・・・かもです。