Loading...

ショップ

ブランド

アーカイブ

2021.09.24
【オンラインショップ】本日のおススメ:先取りアウターは早い者勝ち!

気付けば9月も終盤、シルバーウィークですね。
心なしかゆったりした気持ちで過ごされている方も多いのではないでしょうか?

私はと言いますと、先週のブログに書いた、ちびっこ達の運動会本番を横目に駅に向かいまして、ぼんやりと当時の自分と重ねて「運動会・・・毎年嫌だったなぁ・・・」と、ふと思い出したりして。

今でこそ趣味はスポーツ観戦だったり、コロナ太りから脱却しようと夜な夜な有酸素運動を始めて3ヶ月ほど経ったりしておりスポーツに抵抗は無いのですが、もう壊滅的な運動神経の悪さで体育の授業が本当に苦手な子供でした。
まぁ、今でも走るフォームが独特過ぎて家族・友人からは指さして笑われるんですけどね。。

そんな私の残念な運動音痴ネタはこのくらいにしておきまして。



本日も様々なアイテムがオンラインショップに掲載されました!

残暑が厳しい中でも、この時期になると「今年の秋冬、なに着よう?」とショーウィンドーを眺めてみたり、雑誌やWEBであれこれと探してみたり。

しかしながら、H.P.FRANCEの厳選されたセレクトアイテム。早々簡単に見つけられないから好い、と思われることも多いのですが、今日は珍しくお洋服を中心に、ちょっとだけご紹介していきましょう。


まずはこちら

colomba leddi ジャケット ¥99,000 (税込)

密かなファンが多い、colomba leddi(コロンバ・レッディ)。

の、キルトジャケット。


こちらも、先週記憶へ現実逃避新作アイテムチェックをしに伺いました折に、実際に手に取ってみたのですが・・・


まぁ~~、軽い。1着だと思ってたら2着手に取っていました。
そして色味が美しい。

キルトやダウンなどのモコモコジャケット類って、無地のものが多い&柄がスポーツウェアっぽいものが多いので、「アウターだけ、何かちょっと全体の雰囲気と違っちゃうような・・・」とコーディネートが難しくなってしまったり、安心安全を求めて毎度お馴染みコーディネートに落ち着いてしまいがちなんですが、今回登場しましたこのシリーズはそんなモヤモヤもマンネリも無く、寒い季節もお洒落に過ごせる事間違いなし。


木肌のような赤みブラウン×濃淡の綺麗なオリーブグリーンの他、こちらのカラーも素敵で迷ってしまいそう・・・


colomba leddi ジャケット ¥99,000 (税込)

こちらのカラーは、かなり手の込んだプリントになっていますので、是非商品ページもしっかりチェックしてみてくださいね。


さらに。

素敵なことにこちら、リバーシブル。



※どちらのカラーも同じ裏地です。

表のプリントと趣きの異なる、絵本の中にありそうな木がたくさん描かれています。
幹の色と相まって、小さいころによく読んでいた、五味太郎さんの絵本を思い出しました。
(きっとどなたも一度は目にしたことがあるかと思いますよー!)


同じボトムでも、表裏を変えて2度楽しめるのって良いですよね。

どこに行くか、誰と会うかで「今日見せたい自分」をしっかり演出しちゃいましょう。




さらにさらに。

ちょっとしたところにも、驚きが隠れていました。




画像では伝わりにくいかも知れないのですが・・・

なんと、ボタンがシリコン製。

独特のムニっと感がまた、硬いボタンを留めるのとは違って「着ること自体」に楽しさをもたらしてくれます。


イタリアの女性デザイナー、コロンバ・レッディ。
ミラノで生まれた彼女は、音楽教師の母と画家の父のもとで創造性を育んできた・・・という生い立ちだそう。
柔軟かつ新鮮、でもどこか折り目正しいというか・・・カジュアルの度合いが行き過ぎないところがルーツの中からにじみ出ていて、それがきっと世界中の女性に支持される理由のひとつなのでは?と個人的な紐解き方で見ております。

う~ん、可愛い。


ショート丈の他、お尻がすっぽり隠れるミドル丈と、ベンチコート状のロング丈も登場。


colomba leddi コート ¥152,900 (税込)
※ミドル丈はこちらのカラーのみご紹介しています


colomba leddi コート ¥139,700 (税込)


ショート丈はちいさめポッケ、
ミドル丈はボタン付きポッケ、
ロング丈はスッキリ縦ポッケと、それぞれ外ポケットのデザインも作り分けており、襟のデザインも同様にそれぞれの丈で異なります。


この手抜かりのないデザインが更に愛着が湧きそう。
使い捨てのファストファッションを好まないデザイナー自身のこだわりを感じ取れる「永く愛されるお洋服」です。



ちなみに、記憶のEFさんSNAPより画像を拝借しましたロング丈はこのような感じ。



EFさんの身長は162cmです。
バッグの合わせ方、裾にイエローを仕込むところが流石のおしゃれ番長・・・!


もちろん、記憶&Boutiqueのインスタグラムからも参考にしたくなるコーディネートが更新されていますので、是非併せてご覧くださいませ。

>>記憶 H.P.FRANCEのインスタグラムはこちらから
>>H.P.FRANCE Boutiqueのインスタグラムはこちらから




うかうかしていると、アウターの出番が本番よ!ってときには既に誰かを温めているかと思われますので、お早めに。。。

本日はアウターの他にも、冬が待ち遠しくなるグローブも登場していますので、今からビシッと押さえておくと、季節の移ろいも「待ってました!!」って思えるかも知れませんね。



それでは、今週はこの辺で。
素敵な週末をお過ごしください♡

>過去のグリコブログはこちらから<

******************************************************************

【オンラインショップ担当】グリコ



メイクアップアドバイザーを養成する学校を卒業したものの紆余曲折ありまして、皆様ご存知夢の国→写真現像会社→通信業界を経てH.P.FRANCEに辿り着いた、異業種からの転職組。
宝石商だった伯母の影響により幼い頃からジュエリー好き。H.P.FRANCE BIJOUXで過ごした7年でヨーロッパのクリエイションにどっぷりハマり、立派なジュエリージャンキーに育つ。2019年より「好きなものを伝える」角度を変えてWEB担当に。光るものと美味しいものが大好きです。