Loading...

ショップ

ブランド

アーカイブ

2021.08.02
【H.P.DECO】青くて古くて愛おしい
こんにちは、H.P.DECOのまえです。

2021夏、皆さまどんな風に日々過ごされていますか?

わたしは連日ワーワー言いながらオリンピックをみたり、やっぱ夏はそうめんだねと決まり文句を言ってみたり、
コリンキーやバターナッツ、青パパイヤなど夏ならではの野菜を買ってみたりと身近な夏を楽しんでいます。

今日のテーマは”青”

好きな色は必ず緑!!な私でも、暑くなると不思議と部屋には青が増えていきます。



今日はマチルダさんが選んだ青いもの。

じっくりお家で愛でたい、古くて青くて愛おしいアイテムをご紹介します。




青いお皿は19世紀から20世紀までの年代様々なお皿が集まっていて、モチーフや釉薬、土の種類もさまざま。

一番左はシュールな世界観とゴシックな装飾が特徴的。

その下のお皿はフランス王家の紋章であるユリの花が描かれています。



ポテっとした厚みのある陶器にブルーのユリの花、堂々としたモチーフが素敵ですよね。
(手前の紳士はこの空間を守る騎士なので販売しておりません。。)




30cmの大皿は、波の音、風の音が聞こえてきそうな、むしろお皿から波しぶきがでてきそうなほどの迫力。
ブルーの濃淡、海や滝の描写が細かくてアートとして二枚セットで、壁にかけたいお皿です。




40cmの大きな陶器は、洗面用に使われていたもの。
朝起きて顔や手を洗ったり、美しいお花の模様は水をいれると浮き出てきてすてきです。
(めだかも飼えそう!)



お皿の中だけでなく周りの装飾にも美しい!
ブルーのようなグレーのような、絶妙な色と細かい模様、棚に置いて側面のデザインを楽しむのもおすすめです。



海好きなcoppeさんが密かに狙っている船のお皿を使って海のコーディネートをしてみました。
立体的な船の絵が躍動感があり壁にかけて船旅の妄想を膨らましたいものです。

海の映画といえば、Le Grand blue がすきです。
眩しいほど鮮やかな海と人間関係の描写が何度見ても感動。観たくなってきました。

まだまだつづきます青いもの。



お酒を入れて使われていた樽型陶器。
短い足と、一発勝負!な模様、じわじわくる...



なぜか3の刻印付き。
この3のタイポもいいなぁ




うっすらブルーがかったヴィンテージガラスの花器には10の刻印。
高さがあるので枝ものやヒマワリを数本挿したいです。


ちょっとした洗面スペースやベッド下、棚の前に敷きたい手軽なサイズのラグは、
マチルダさんのお知り合いの方の手作りだそう。
ヴィンテージの生地を割いて糸にして織っています。





いろんな色が混ざり合い抽象的な色が唯一無二なラグ。
絵画みたいできれいだな~


一言に青といってもいろんな青があることに気づきます。
好きな青色を集めたらもっと落ち着く、心地いい空間にしてくれそうですよね!

自分がいったいどんな青がすきなのか、ぜひH.P.DECOに探しにいらしてくださいね。





まえ






H.P.DECO


東京都渋谷区神宮前5-2-11
TEL 03-3406-0313
MAIL hpdeco_contact@hpgrp.com 
OPEN 12:00-19:30 毎週水曜定休
WEB http://www.hpdeco.com/
ONLINE SHOP https://www.hpfrance.com/shop/deco
 
 

 
【通信販売について】
当ブログに掲載している商品は通信販売を承ります。
商品に関して気になるものが--ございましたら、店舗へのお電話、メールなどでお気軽にお問い合わせください。
※通信販売でのお支払いはヤマトコレクト、またはお振込の2種類ございます。
 
【公式通販サイトへのお問い合わせについて】
店舗では公式通販サイトでのご注文に関するお問い合わせは承れませんので、
公式通販サイトのご利用に関するお問い合わせは下記フォームからお願いいたします。
▼問い合わせフォーム