Loading...

ショップ

ブランド

アーカイブ

2021.05.30
【H.P.DECO】アートをたのしむ
こんにちは。


H.P.DECOのmaeです。

緊急事態宣言が延長されましたね。

都内の美術館、映画館もほとんどクローズしていて、外でアートに触れる機会が減りました。

なんとかして日常の小さなアートを探してはひとりで楽しむ日々を送っています笑

皆さんはいかにしてお家での時間を楽しんでいますか?

今、H.P.DECOにはたくさんのアートが壁に飾られています。

今日はお店にあるロシアのアーティストによるアートをご紹介します!

ロシアのアートは見られる機会が少ないかと思います。
さまざまな情勢の中で縁がつながり当店にはるばるやってきたアートたちです。



■¥181,500(+税)

■OLEG DOU(オレグ・ドゥ)

男性アーティスト、オレグが生み出すのは、
ハッとさせられるほど、官能的で艶めかしい作品。

精巧で完璧なオレグの作品。
フレキシーガラス盤に転写された写真は、ガラス特有のつるっとした質感が美しいです。

絵ではなく、写真だからできる、生の質感、温度が伝わってきます。



Astier de Villatteの手のオブジェやTsé&Tsé associéesののどからからのグラス、
ブルーの装飾が効いたアンティークのスープボウルを合わせてコーディネート。

ガラスや陶器、メタリックなどの冷たい空気感がよく似合います。

お次は詩的なアート。


■アート各¥130,000(+税)


■Alexander Chernogrivo

ダゲレオタイプとも呼ばれる銀板写真はもっとも古い写真術を用いて、
ネガとネガを組み合わせ、ポエティックな世界観を表現します

大学時代、写真部だったのですが現像はしても銀板はする機会がありませんでした。
化学反応を利用して銀板に写真を投影するという、簡単に写真が撮れてしまう現代にこの手法を用いる彼の作品。

ノスタルジックで静かで、どこか寂しさも感じます。




親子の象が歩いている、後ろにはロシアの教会のような建物。

消え入りそうな象たちのシルエットが素敵です。




橋の上では人々が同じ方向に向かっている、その下の水面に牛のような動物が人間とは逆方向を歩いていきます。

モノクロの写真ならではのコントラストが、ストーリーを想起させますね。
少しもの悲しく、一瞬の儚さを感じます。

他にも、想像力をかき立てる作品ばかり。









風景のロシアの町並みも素敵ですよね。
まだ見ぬ異国の地を想像して自分の頭のなかでストーリーをつくっていくおもしろさがあります。




一枚一枚、作品のうしろにはサインとタイトル、日付がありました。
ロシア語なので難しいですが、手に入れられた方は解読するのもおすすめです。


他にもH.P.DECO、Bazar et Garde-Mangerにはたくさんのアーティストのアートやオブジェがあります。



展覧会に行けない今、ぜひお店にアートを見にいらしてください。

それでは。

mae


H.P.DECO


東京都渋谷区神宮前5-2-11
TEL 03-3406-0313
MAIL hpdeco_contact@hpgrp.com 
OPEN 12:00-19:30 毎週水曜定休
WEB http://www.hpdeco.com/
ONLINE SHOP https://www.hpfrance.com/shop/deco
 
 

 
【通信販売について】
当ブログに掲載している商品は通信販売を承ります。
商品に関して気になるものが--ございましたら、店舗へのお電話、メールなどでお気軽にお問い合わせください。
※通信販売でのお支払いはヤマトコレクト、またはお振込の2種類ございます。
 
【公式通販サイトへのお問い合わせについて】
店舗では公式通販サイトでのご注文に関するお問い合わせは承れませんので、
公式通販サイトのご利用に関するお問い合わせは下記フォームからお願いいたします。
▼問い合わせフォーム