Loading...

ショップ

ブランド

アーカイブ

2021.05.28
センセーショナルな傘
近頃、西日本の梅雨の長期化が話題となり、例年より雨天候が増えそうですね。

雨の日のスタイリングは、地面の水はね対策等にダークトーンのボトムスや
ミニマルなシルエットの服、サンダルよりスニーカーetc… 天気優先のお洋服選びになりがちの方も多いのではないでしょうか?

今回は、そんな日だからこそ楽しめる、素敵な傘をご紹介します。



おうとつのあるフォルムが特徴的なこちらの傘は、かぼちゃからインスピレーションを得ています。
テキスタイルが凝った傘はよく見かけるものの、
シルエットに凝った傘はとても珍しく、傘をさすだけで新鮮な雰囲気に。



この傘は、日本の傘文化に魅了されたカナダのブロンズアーティスト ジョンディチェザレにより生みだされました。
彫刻家の観点からデザインされたフォルムは、アーティスティックでうっとりする美しさがあります。
その反面、容易に再現できるものではなく、
一本一本を京都の職人が心を込めて手作りし、芸術と技術を融合させることで完成します。


この傘の素晴らしさは、持ち手から先端までの全てのデザインに妥協が無い点です。

ハンドルは多種多様な素材やカラーから選りすぐりのデザインを、傘生地に合わせてセレクトしています。
傘をさした姿を横から見た時の、色彩のコントラストからも感度の高さが伺えます。



中棒にはウッドが採用され、温かみとラグジュアリーなムードをほのかに漂わせます。



露先や石突き等にはゴールドパーツがあしらわれ、傘全体に品とメリハリのある印象をプラス。
さらに、石突きの形状は傘本体のカラーリングにあわせて、尖った形、丸みのある形と使い分けられており、細部にまで美意識を感じます。

露先には長い親骨をまとめるバンドがついており、傘を素早くまとめることができます。車や電車の乗り降りもスムーズに行う事ができるうえに、手をびしょびしょに濡らさず快適です。
所作も綺麗に魅せる、細やかな機能性もハンドクラフトならではです。



細部に渡りデザインされた傘はバッグや靴同様に、その日のスタイリングを傘から決めたくなるはず。
DiCesare dssignsの傘は、雨をしのぐための単なるツールではなく、雨の日を楽しむためのファッションアイテムという感覚がしっくりときます。

カラーバリエーションも豊富にご用意しておりますので、是非お洋服を選ぶ感覚で傘もコレクションしてみてはいかがでしょうか?