Loading...

ショップ

ブランド

アーカイブ

2021.04.16
【オンラインショップ】おすすめストール&スカーフ<後編>
こんにちは。
H.P.FRANCEのWEBを担当しています、グリコです。


今週のMochiブログ「週末銭湯」にハマっていると書いてありましたね~
Mochiインスタで趣きのある銭湯の写真を拝見して「いいね!」を押すのが私の週末ルーティンになっていることに気付きました。

そんな私の週末は、「ぬか床の整備」もルーティンのひとつ。


昨年の今時期、外出自粛で悶々としているときにノリと勢いで始めた新たな趣味。
自宅でより美味しくお酒をいただく為にが発端でしたが、気付けばぬか床をかき混ぜ始めて早一年。

こちらの画像は水茄子なので夏頃の写真なのですが、最初は茄子の色が全然綺麗な色にならず、茶色のシナシナした物体を量産してしまっていました・・・
塩揉みの手順や方法を変えてみたり、南部鉄のぬか床に入れてみたり、試行錯誤していたのもちょっと懐かしい。

昆布やら煮干やら実山椒やら柚子皮やら、色んなものを混ぜて「ぬか床カスタマイズ」が楽しい週末を過ごす渋めの30代。
まだ気軽に帰省が出来ないので、今年のお正月にはぬか漬けを実家と伯母に送りました(むしろ「帰って来なくていいからぬか漬け送って」と言われた)。渋めの親孝行。
親の歳になっても続けていたいなぁ。と思ったりもしますね。発酵食品色々作ってみようかなぁ・・・


旬のときにセロリ、アボカド、ズッキーニ、ミョウガなんかも漬けてみたりしていたので、また夏が来るのが今からちょっと楽しみ。
何か今から楽しめる食材があったら教えてください♪


さて、そんな銭湯好きぬか漬けの人がお送りしておりますオンラインショップブログ。


本日は予告どおり おすすめストール&スカーフ<後編> をお送りしていこうと思います。


本日はストールにまつわる特集が2本掲載されましたが、もうご覧くださったでしょうか?
(ブログの最後にリンク貼っておきますね!)


その中から1つめのおススメがこちら。


ストール、ともスカーフ、とも言い切れない(スカーフです)、細長い素敵なこの子は記憶 H.P.FRANCEでご紹介しておりますMariana Mendez (マリアナ・メンデス)



グリーンの他にもピンクとグレーがございます。
プレーンな巻き方だと、各色こんな感じ



どの色も、端のステッチが効いていて深みのある色味も軽やかに見えますね。
この細さの良いところは、上のようにリボン状に結んでお洋服のポイントとして使えるだけでなく、結び目がゴロゴロしにくかったり、単純に「風が強い日にビラビラして気になる」が激減するところ。

麻のジャケットのような、これから気温が上昇していくにつれ活躍するお洋服とも好相性です。
今年は襟コンシャスなシャツもトレンド入りしていますが、「気にはなるけど、ひらひらし過ぎてて挑戦するにはハードルが高いの・・・来年着るかも分からないし・・・」という方は、このような細長いスカーフもチェックしてみると良いかも知れないですね。



続いてこちら


今週もご紹介、個人的にハマっているmii collection(ミーコレクション)



「学校」がテーマだった昨シーズン。  黒 の3色で手描きされた方眼チェック模様です。
じっくり見ると線がヨレてたり、等間隔に線が引けなかったり、手描きあるあるが愛おしい一枚。この線が無機質に、等間隔で真っ直ぐ描かれていたらこの温かみは出せないはず。



巻いてみるとこんな感じ。
映画「ローマの休日」のアン女王よろしく、少し襟の大きなパリッとしたシャツに颯爽と巻いて、ミントグリーンのべスパを乗り回したくなる可愛らしさです。



どうも今は小判スカーフが気になる最近の私。
本日最後のおすすめも、やはりやや小さめ。


くしゅっと巻いていても伝わる、この優しいカラフルさ。


モデルさんの着用を並べたら、仲良し双子みたいになってしまいました。笑

小さめ、とは言え、こちらは90cm四方なので、ふんわり巻くとデコルテ全体が温かいくらいのサイズです。

何と言っても、描かれているモチーフが可愛いんですよ。



イチジク、ザクロ、が無造作に可愛い絵柄のお皿に並んでいる傍らにある大皿の料理はギリシャ料理。

ナスの上に色々乗っているのは、きっとムサカ(ギリシャ風 ナスとミートソースのグラタン)かな?
持ち手がついているお皿の料理は何だろう??パエリアっぽい何か・・・
イチジクとザクロの間にある小皿はきっとザジキ(ヨーグルトソース)なのかな。

ザジキって、聞き慣れない名前のソースですが、ある旅番組で知ってから気になっている、ヨーグルトとキュウリとニンニクのソースなんですよ。
しばらく忘れていたけど、暖かい日の晩酌に良さそうなので、近々作ってみようと思います。


異国のにぎやかな食卓、っていうだけで心が踊るのはなぜでしょう。。
このスカーフを身に着けて、美味しいものに出逢う為のお散歩をしてみるのも良さそうです。

料理上手なお母さんへの母の日ギフトとしても。



さて、それでは最初から最後まで食べ物の話になってしまいましたが、お腹が空いてきたので今週はこの辺で!



 ↓↓ 本日掲載のストール特集その① ↓↓ 


WE LOVE STOLE 2021 SS COLLECTION H.P.FRANCE
アッシュ・ペー・フランスの色んな店舗でご紹介しているストールを一挙ご紹介!


 ↓↓ 本日掲載のストール特集その② ↓↓ 


JANE CARR 春のストールアレンジ
goldieスタッフのストール巻き方動画がご覧いただけます!




******************************************************************

【オンラインショップ担当】グリコ


メイクアップアドバイザーを養成する学校を卒業したものの紆余曲折ありまして、皆様ご存知夢の国→写真現像会社→通信業界を経てH.P.FRANCEに辿り着いた、異業種からの転職組。
宝石商だった伯母の影響により幼い頃からジュエリー好き。H.P.FRANCE BIJOUXで過ごした7年でヨーロッパのクリエイションにどっぷりハマり、立派なジュエリージャンキーに育つ。昨年より「好きなものを伝える」角度を変えてWEB担当に。
画像は、最近ナッツペーストを作りすぎたゆえに着地した、担々麺。フープロって便利~☆