Loading...

ショップ

ブランド

アーカイブ

2021.03.25
【オンラインショップ】select your diamonds『番外編』ネックレス
こんにちは。
H.P.FRANCEのWEBを担当しています、グリコです。

桜の開花もだいぶ進みましたね。今週末あたりが見頃の場所も多そうです。

「満開一歩手前」「夜に見る桜」が一番ワクワクするのは私だけでしょうか?
ブワッと春風に煽られて舞う花吹雪もテンションが上がるのですが・・・「まだまだここから」な感じが元気になれるので、やっぱり私の中では満開一歩手前が一番かな。

昨年に続き、今年も賑々しいお花見はご遠慮せざるを得ませんが、こんなご時世だからこそTHE 桜の名所みたいな有名スポットではなく、自宅から半径3キロ圏内くらいの身近な素敵スポット探しをしてみたいなと思います。
私の家から北上すると細ーーーい川が流れているのですが、普段通行しないエリアなので桜が咲いていそうな予感だけを頼りに、暖かい夜にちょっと徘徊してみようかな。森山直太郎(独唱)でも聴きながら。



そんな春本番、もうすぐ4月。


4月の誕生石と言えばダイヤモンド。



今週掲載しました特集:select your diamonds はご覧くださいましたでしょうか??

↓↓ こちらからご覧いただけます♪ ↓↓



青参道ジュエリー界隈で私が大好きな、「着けこなしを真似したい&可愛くてずっと見ていたい」素敵スタッフお二人をモデルに(本当にありがとうございました!)、dramaも含め屋号関係無しのダイヤモンドジュエリーをあれこれご紹介しております。

H.P.FRANCEに限らず、ひとつの店舗だけに縛られてお買い物する人ってなかなか居ないんだし「折角だから混ぜてみよう」と始めたこの企画。

ミックスの楽しさを再確認しながら、改めてそれぞれのお店がセレクトしているブランドの背景や興味深さを感じながら撮影しました。

是非お二人のお話も楽しいので、お店にも足を運んでいただけると嬉しいです。




そして、編集後記的な感じで「やっぱりダイヤモンドって、いいよね」をひしひしと再認識。



一口に「ダイヤモンド」と言っても、王道のブリリアントカットだけでなく、シャープな印象でオフィスシーンにも取り入れたいバゲットカットなどのカットの違いを楽しむもよし。

石座に留めずルース(裸石)のままを楽しむか、石座のデザインも含めて自分らしさを追及するか悩んでみてもよし。

「今の気分でチョイス」でも「長い目で見てずっと着けられるチョイス」でもよし。



はじめてのジュエリーとして選ばれる方も多いダイヤモンドですが、大事な節目や記念としての一生モノを選ぶときもダイヤモンドを探される方が多いかと思います。



選び方も選ぶ理由も着け方も、これほどまで自由なジュエリーのカテゴリは他に無いな、と思いました。




なので。
今回は『番外編』として特集に載せきれなかったネックレスをご紹介。




まずはこちら。

hirondelle et pépin (イロンデール・エ・ペパン)から。
ルースのイエローダイヤを両サイドから吊っているシンプルなのに見たことないネックレス。


トップの上にチェーンを通す「1点吊り」とは違い、チェーン全体がふわっと丸く首元におさまるのがまた新鮮。



シンプルなカラーダイヤネックレスは密かに沢山あるんですよ。

ふたつめはこちら。

TIME(タイム)のナチュラルダイヤは、肌馴染みの良さと歳を重ねていっても素敵に着けられる程よい装飾感が素敵。
ペアシェイプ状の石を雫のように見せるデザインを見ることが多い中、その逆を利用することでエイジレスな印象になっています。


ちょっと長めの約44.5cm。ホワイトダイヤやゴールドだけを使ったシンプルなショートネックレスを重ねても良さそうです。



3つめはこちら。

4点の爪留めがクラシカルなブラウンダイヤもhirondelle et pépinから。


透明感のあるブラウンダイヤはお肌の色も綺麗に見せてくれます。敢えてホワイトダイヤじゃないチョイスは、贈り物で選ばれても「おッ♡」と思っていただけそう。
安定感のあるデザインはON/OFF問わず着けられます。



続いて4つめ。

hirondelle et pépinからもうひとつだけ。
オーバル型のダイヤモンドを爪留めではなく、覆って留める技法の覆輪(フクリン)留めにしたネックレス。
爪が引っ掛かりそうで気になっちゃう・・・と、小さなお子様がいるママさんでも安心の留め方なので、こちらもやはり贈り物にもおススメです。


縦のラインが少しだけハッキリするので、ひとつでも存在感がありますね。



5つめは記憶H.P.FRANCEから。

もうひとつ、覆輪留めダイヤネックレスのおススメはこちらです。
WOUTERS & HENDRIX (ウッターズ・アンド・ヘンドリックス)のネックレスは、小振りなブリリアントカットを先程も登場の2点吊りで。
ミニマルなお洋服との相性も抜群で、甘さを抑えたいけど輝きは添えて居たいのよ・・・なんてちょっとワガママな気分のときにも役に立ってくれる心強いアイテムです。


WOUTERS & HENDRIX (ウッターズ・アンド・ヘンドリックス)はシルバー925にゴールドコーティングをしているジュエリーがメインなので、K18イエローゴールドを使用してのコレクションは本当に貴重。コレクターズアイテムとしてもおススメしたい、ベルギーからのおしゃれっ子です。



続いては、BIJOUXからの変化球3本立て。

まずは最新のSWEET PEA (スイート ピー)がこちら。

特徴的な長方形のダイヤモンドは、イタリア語の「bacchetta(杖・棒)」から名前を取ったバゲットカット。
カット面はおおよそ20面で、落ち着いた輝きがシャープで知的な印象。
万人が「ダイヤモンドと言えばこの形」を連想するラウンドブリリアントカットは、58面で光を分散させてキラキラ輝いているので、およそ1/3のカット面でキラキラ具合は控えめ。
ひとつの面の面積が大きいので、同じカラット数でもブリリアントカットより大きく見えるのも特徴です。


カジュアルなお洋服にも取り入れやすいボリュームのY字状なところも、なかなか他には無いデザイン。
下がる部分が長めのY字はセクシーな印象が強くなりますが、こちらはさらっとTシャツに合わせることもできそうです。



続いてもうひとつSWEET PEA。

特集ではブレスレットをご紹介しているシリーズのネックレスです。テーマ名となっている「Maze」は「迷路・迷宮」という意味。
実はヴェルサイユ宮殿をはじめとした、軸線を中心にしたシンメトリーで幾何学的な構成のフランス式庭園から着想を得て生まれたデザインで、あの何とも難解なところからこのスッキリしたネックレスに辿り着いた・・・と、知ると更に愛着も湧きそうな気がします。


SWEET PEAのジュエリー全般に言えることですが、チェーン自体の細さと美しさだけでなく、丸カンなどの「つなぎ目」がほとんど気にならない様に、モチーフとチェーンが接している部分が限りなくミニマルな仕上げとなっているのが堪りません。無駄な部分の無さがとにかく凄い。(SWEET PEAをお持ちの方は是非じっくり見てみてください!)



最後の変化球はこちら。

お花が連なっているようなデザインのLIA DI GREGORIO (リア・ディ・グレゴリオ)には、ブラックダイヤとグレーダイヤが使われています。
小さなビーズ状のダイヤモンドを細い金線に通しながら編むようにして作られたモチーフは圧巻。ブラック×グレー×ゴールドの配置も完璧。


非常に軽量かつ立体感を感じないので、着け心地も良いんですよ。
印象的なネックレスなのに、毎日着けていられる洗練されたデザインはLIA DI GREGORIOだからこそ。





やっぱり、ジュエリーは語ると止まりません。。

このままリングやピアス・・・と続けてたらネバーエンディングストーリーになってしまいそうなので、今回はこの辺で。


【5日間限定】オンラインショップで何度でも使える5000円・3000円・1000円クーポンキャンペーン開催中!


期間:2021年3月24日(水)正午 ~ 3月29日(月)正午
詳しくはこちらからご確認ください。

☆☆セールになることがほぼ無いジュエリーも勿論対象ですよ☆☆

******************************************************************

【オンラインショップ担当】グリコ



メイクアップアドバイザーを養成する学校を卒業したものの紆余曲折ありまして、皆様ご存知夢の国→写真現像会社→通信業界を経てH.P.FRANCEに辿り着いた、異業種からの転職組。
宝石商だった伯母の影響により幼い頃からジュエリー好き。H.P.FRANCE BIJOUXで過ごした7年でヨーロッパのクリエイションにどっぷりハマり、立派なジュエリージャンキーに育つ。昨年より「好きなものを伝える」角度を変えてWEB担当に。
(春っぽい写真シリーズ その2)2年前の新宿御苑にて。青空と桜って日本的な美しさで素晴らしいですよね。遠山の金さんをちょっと思い出しました。

>【オンラインショップ】過去のブログはこちらから<